【マスター】


伊織順平@ペルソナ3

【マスターとしての願い】


元の世界に帰る。

【weapon】


召喚銃:
内部に黄昏の羽と呼ばれる、ニュクスから剥離した物質を内蔵された銃。殺生能力はゼロで、あくまでも、ペルソナを召喚する為の補助ツールである。

【能力・技能】


ペルソナ能力:
心の中にいるもう1人の自分、或いは、困難に立ち向かう心の鎧、とも言われる特殊な能力。
この能力の入手経路は様々で、特殊な儀式を行う、ペルソナを扱える素養が必要、自分自身の心の影を受け入れる、と言ったものがあるが、超常存在ないし上位存在から意図的に与えられる、と言う経緯でペルソナを手に入れた人物も、少ないながらに存在する。順平の場合は生まれ持った特殊な資質により覚醒した。
体力や精神力を消費して魔術に似た現象を引き起こす事が出来、更に、身体能力も通常より向上させる事が可能。
保有するペルソナは「トリスメギストス」

【人物背景】


ペルソナ3のお手上げ侍。
月光館学園高等部2年2組の男子生徒。風呂でも脱がない帽子と、あごひげがトレードマーク。女好きのお調子者と、絵に描いたような三枚目。ゲーム好き、ジャンクフード好き、部屋を片づけられないタイプと、割とダメな男子高校生。
基本的に気さくな性格。勉強はできない。周りのメンバーが贖罪や復讐といった重い事情で戦っていたのとは違い、彼自身は特別な事情もなく、ただヒーローっぽいから・退屈な日常に飽き飽きしていたからという理由で戦っていた。
ある意味では最も一般人に近く、夢想と現実の差を認められず周囲に八つ当たりすることもあったが、それ故に作中において最終的に最も成長したキャラクターであると言える。
FES終了後からの参戦

【方針】


元の世界に帰る。