【クラス】


ライダー

【真名】


大杉栄光@相州戦神館學園八命陣

【ステータス】


筋力D 耐久D 敏捷C 魔力A 幸運A 宝具EX

【属性】


中立・善

【クラススキル】


対魔力:C
第二節以下の詠唱による魔術を無効化する。
大魔術、儀礼呪法など大掛かりな魔術は防げない。

騎乗:C
騎乗の才能。大抵の乗り物、動物なら人並み以上に乗りこなせるが野獣ランクの獣は乗りこなせない。

【保有スキル】


邯鄲の夢:A
夢界に於いて超常現象を発現させる力の総称。Aランクならば五常楽・急ノ段に到達している。
身体能力を強化する戟法、体力やスタミナを強化する楯法、イメージを飛ばす咒法、他者の力や状況を解体・解析する解法、そしてイメージを具現化させる創法の五つに分かれている。
ライダーは総じて平均以下の適正しか持たないものの、解法に限定して最上の適正を叩きだしている。

解法:A++
上記の邯鄲法の一つに分類される能力だが、ライダーの場合は解法に対する資質のみ抜きんでて高いため個別のスキルとして計上されている。
他者の力や感覚、場の状況等を解析・解体する夢。すり抜ける【透】と破壊する【崩】の二つに分かれる。
戦闘において透は肉体透過による攻撃回避に優れ、崩は相手の肉体や技・魔術を直接崩壊させることに優れる。また解析による敵の力量や技の正体の看破、自らの戦力の偽装・隠蔽、重力や空間をキャンセルしての超次元的な移動など応用範囲は多岐に渡る。

勇猛:C
威圧・混乱・幻惑といった精神干渉を無効化する能力。
また、格闘ダメージを向上させる効果もある。

対神性:EX
神性スキルを持つ相手と相対する際、あらゆる判定で大幅に有利となる。地球意思たる金色の龍と相対した逸話が昇華したもの。
しかし本来このスキルは戦闘ではなく浄化、ひいては鎮静のためのものであるため、神性スキルを持つ相手を殺害しようとした場合には極高確率でファンブルが発生する。
なお、ライダー本人はこのスキルを得ることになった逸話のことを完全に忘却している。

仕切り直し:A++
戦闘から離脱する能力。また、不利になった戦闘を戦闘開始ターン(1ターン目)に戻し、技の条件を初期値に戻す。
解法は離脱能力も兼ねるため、必然的にランクが高くなっている。解法が使用できない状況ではランクはEまで低下する。

【宝具】


『風火輪』
ランク:C 種別:対人宝具 レンジ:0 最大捕捉:1
炎のような光を纏ったローラーブレード。解法に特化したライダーの移動・戦闘を補助する器具であり、敏捷を2ランク上昇させ更に+の補正を与える。
機動力の上昇の他、解法による重力キャンセルを用いることで三次元的な空中移動を可能とする。崩と合わせた風火輪の蹴撃は一撃必殺級の剣呑な威力を発揮するだろう。

『戦の真は千の信に顕現する(トラスト&トゥルース)』
ランク:EX 種別:概念宝具 レンジ:1~10 最大補足:1000
ライダーの使用する二つの解法を組み合わせた五常・破ノ段及び急ノ段。急段の中でも特異な存在であるためランクはEX(評価外)となっている。
その効果は「自身にとって大切だと思うものを差し出す代わりに、それに見合ったものをこの世から消滅させる」という相殺の業。等価交換を基本とした絶対的な完全消滅の強制執行である。
当然ながら一度この宝具が発動してしまえば防御や回避は絶対不可能。しかしこの宝具の最も恐ろしい点は「相殺の基準点がライダー個人の価値観に依存しきっている」ことだろう。
富や名声よりも愛を選ぶ者がいるように、千の見知らぬ他人より身内の一人を選ぶ者がいるように、そしてそれらの逆を選ぶものが必ず一定数はいるように。あくまでライダーの見た世界という贔屓まみれの天秤で機能するため、ライダーの中で相殺の判断基準が通った場合は他人にとっては信じられないような小さな対価で小国一つを消し去ることすら可能である。
差し出せる対価には己の体の一部や内臓器官はもちろん、触覚や記憶、思いといった概念的な所有物や自身の仲間達すらも含まれているが、一度対価として差し出したものはそれこそ対価を捧げる以前まで時を戻しでもしない限り如何なる手段を用いても取り戻すことは出来ない。
事実、ライダーが生前に差し出したとある想いはサーヴァントとなった現在でもなお失われたままである。

【weapon】


風火輪

【人物背景】

容姿平凡、頭脳壊滅、威勢はいいが度胸はなく、女好きだがまったくモテず、腕っ節もからっきしという、もはやネタにしかならない男。
しかし、彼の持ち味である底抜けの明るさと前向きさが、仲間たちの心を救うときもある。かもしれない。
名前の読みは「はるみつ」だが、自分の事を「エイコー」と呼ぶよう常日頃から仲間たちに言っているが、誰もそう呼んではくれない。だがめげない。とても幸せな性分と言える。
性格は女好きでノリの良いお調子者であり、軽率な発言、思いつき、行動をしては即座にツッコミを受ける。決して嫌われてはいないがこのような性なのでモテるわけでもない。
表面的にはお調子者でバカなムードメーカーという面が目立つが、「自分はビビリで臆病」だということを自覚しており、戦場で非情な行動ができなかったことがそれに拍車をかけてコンプレックスとなっている、ネガティブな一面を持つ。
自身が臆病者であり敵や暴力を怖がることを認める反面、だからといって仲間を置いて逃げるような「卑怯者では断じて無い」という矜持を強く持ち、誰かを守るという場面で自分の身を厭わない。また、自身に与えられた解法の才能については、「自分に任された重要な役割」という理由で好いているなど、非情に仲間想いである。
実は大正時代の人間であり、原作終了後は主人公らと共に満州へと渡り第二次世界大戦を未然に食い止めることに成功する。未来の日本では教科書に名前が載る程度には偉人となっている模様。
大切な誰かとの記憶を失い、生涯取り戻すことが許されなかった男。

【サーヴァントとしての願い】


特になし/?????

【基本戦術、方針、運用法】

解法の汎用性は高いが、ライダー自身は遠距離の攻撃を持つわけでも、戦闘技術を極めているわけでもないので直接的な戦闘には不向き。
仕切り直しで逃げ回りつつ、地道に立ち回る必要があるだろう。