コーディネイター


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コーディネイター


受精卵の段階で遺伝子に手を加え、先天的に能力を高めたり、遺伝病を取り除いたりして生まれたヒト。
生物学的にはナチュラルと同じくホモサピエンスであり、特定の人種を指すものではない。

高い能力を持つ者が多いため、妬みや恨みを買いナチュラルに迫害を受ける者が多く
逆に、能力を持たぬ者はコーディネイター社会であるプラントでも苦労をするハメにあっている。
この状況はDESTINYでは改善する兆しを見せた。


  • コーディネイターの発生
C.E.元年を遡る事16年、世界で初めて誕生したコーディネイターが「ジョージ・グレン」である。
彼はオリンピックで活躍したり、科学ではノーベル賞を受けたり、空軍のパイロットを務めたり
宇宙飛行士として木星へ旅立つなど、およそ一人の人間が一生のうちに達せられる限界に近い活動をした。

彼は木星へ旅立つ時、自身の出生の秘密と遺伝子操作のデータを公開
これが後の世に大量のコーディネイターを誕生させるきっかけとなった。

また、コーディネイター同士の間の子供は親の能力を受け継ぐため
自然受胎でもナチュラルではなく、コーディネイターとなる。
これもコーディネイター増加の一因である。

  • 種としての不完全さ
コーディネイターは確かに能力に優れているのだが、代を重ねるごとに純血児の出生率が低下する欠陥を抱えている。
これは、不完全な技術で遺伝子を弄った事への代償だと言われているが
原因は良く分かっておらず、今のところナチュラルへ回帰するのが唯一の解決策だとされている。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|