デスティニープラン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

デスティニープラン


ロゴスを討ち滅ぼし、人心を掌握したデュランダルによって実行された計画、又はその制度。
人々から血液を採取し、取り出した遺伝子をデータベースに照らし合わせ、その人にあった職種を見つけ出して
その方面への就職を斡旋する仕組であり、全世界規模で雇用機会の均等化を狙うものであった。

周知の通り、コーディネイターは遺伝子を人為的に操作されて生まれた人類である。
特に、デュランダル自身がかつて職場としていたコロニー・メンデルは最大手の企業が入っていた。
遺伝子操作のためには当然どこをどう弄ったらどうなるのか、という情報が必要であり
デスティニープランで用いられた「多元ゲノムデータベース」の元々の用途がこれに当たると思われる。

導入当初、各国は困惑したものの、民衆の認識は「まぁ、血液検査だけならいいか」という程度であった。
実行宣言演説の前振りが「人類存亡をかけた唯一の手段」という大仰なものであったことも
各地の混乱を助長したものと考えられる。

大半の国が賛成でもなく、反対でもない態度で受け入れたが
スカンジナビア王国とオーブ首長国連合の二国だけは断固反対の意志を表明していた。
その矢先に大西洋連合のアルザッヘル基地が撃たれた事が、オーブとプラントの溝を決定的なものとしたようだ。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|