スピードズンダ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

スピードズンダ

【概要】
スピード覚醒でもBR、BZ、MGなど連射することができるようにする技。

【理屈】
通常スピード覚醒中は動作制限のある射撃(BIメイン、各種CSなど)は、
ステップやブーストを挟むことで弾が続く限り連射ができる。
だが動作制限の無い射撃(BR、MG、BZなど)は、動作はキャンセルできるが
射撃硬直そのものはキャンセルすることは出来ず、連射することは不可である。
スピードズンダは後者でも前者のような状況を擬似的に作り出して
射撃硬直もキャンセルできるようにし、BRなどの射撃の連射を可能にすることができる。

【やり方】
1、スピード覚醒中に振り向き撃ちをする。→その硬直をJCやステップCでなくす→もう一度射撃。
振り向き撃ちならなんでもいいので、もちろん滑り撃ちでも可能。
レバーを手前に傾けながらJC→振り向き射撃を繰り返すことにより三連射以上もできる。

2、着地硬直をキャンセルすると射撃硬直もなくなるので「射撃→着地→ステップ→射撃」
という風に基本二連射までしかできないが、このようなやり方でもできる。

3、変形可能な機体は変形することでも射撃硬直のキャンセルができるのでビーム→変形ビームや、
振り向き撃ち→JC・SC→ビーム→変形ビームの3連射も可能。

【狙い所】
滑り撃ち→ヒット確認で即覚醒→スピードズンダで2発目を当てる→そのまま覚醒で格闘を狙いに行く
スピード覚醒でBR2連射できるので、ラッシュや昔の覚醒のようにBR2発→補正切れたらまた攻撃と繋ぐことも可能。
スピードなのに擬似ラッシュが出来ると思えばいい。

無論ダメージはたいして高くないので格闘を狙っていける場合ではそちらを狙っていったほうがいい。
乱戦でスピードコンボをカットされてしまいそうな場合や、相手の着地にBRを合わせた追い討ちなどに使うと効果的だろう。


これをマスターすることにより、ラッシュのように相手のダウンを取り片追いをするなど戦略の幅が広がる。
だがラッシュのようにリロードが高速化しているわけではないので注意が必要である。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|