重装型ド級ケーファー ペイモン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名 ペイモン 二つ名 重装型ド級ケーファー
ログコスト 1 クラスタ 【黒】 構築条件 【黒】
BP 100 サイズ M SP B+
アビリティ1 《Auto》 猛攻【+20】
このユニットから発生するアタックダメージを20追加する。
アビリティ2 《Fast》 甲殻【1】
自軍が後攻の場合、このユニットに「強化」を1枚エンチャントする。
TYPE ケーファー
Sub Effect 覚醒[BP:+10] 対象 FREE
レアリティ PR
R
収録 PRカード(カードゲーマーvol.22、2015年5月30日)/
Chapter2 トワイライト・ハウリング(先行収録)
フレーバー 彼女は人間を、心地よい音色で鳴く楽器としか捉えていない。/
兜の内に、朱い闘志を秘める。

『甲殻』を持つ【黒】のMサイズネームド。
『猛攻』は【赤】の飛騨系統と同じく、アタックダメージの増加。
『甲殻』は【黒】のシルト系統と同じく、後攻限定の「強化」エンチャント。
ログコスト①でBP100だが、『甲殻』があるため実質的にBP120として扱うことになる。
後攻なら打点140と、単独でSサイズユニット2体分の打点を叩き出すことができるのが最大の強み。
アタックダメージを上昇させるのがやや苦手な【黒】にとっては、ログコストの安さもあって攻防にわたり非常に有用なユニット。
構築条件が【黒】なので、多色デッキでも活躍が期待できる。
その場合は同じく後攻でボーナスを得るマルクス系統や、優秀な戦闘補助コードを多数擁する【青】と組み合わせるのが一般的。
Chapter1のトップメタである【青黒甲殻】では、初期から採用され猛威を振るった。


  • 関連カード
  • コストなし版