覚醒型超ド級レジェンド ヘラクレス


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名 ヘラクレス 二つ名 覚醒型超ド級レジェンド
ログコスト 2 クラスタ 【青】 構築条件 【青】
BP 120 サイズ M SP B
アビリティ1 《Auto》 無敵【-10】
このユニットへのアタックダメージを10軽減する。
TYPE レジェンド
Sub Effect 覚醒[BP:+50] 対象 同名ユニット
レアリティ SR 収録 Chapter2 トワイライト・ハウリング
フレーバー 強さとは。

Chapter2環境のトップメタのひとつとして君臨したユニット。
二つ名の通り覚醒するととにかく強い。
ネームドでありながら同名覚醒をもち、しかも+50。
「無敵」により、実質手札に1枚いるだけでBP60パンプする。平均的な同名覚醒の2枚分である。
BP180となったヘラクレスをアタックで落とすには、M&SかM&Mで行くしかない。
となると、キャスターへのトドメの一撃を担うユニットがいなくなる可能性が高い。
アタッカーとして行けば、覚醒したヘラクレスを受けきるのは強化エンチャントの乗ったMユニットであっても覚醒やコードに頼らざるをえないだろう。
言わずもがな、コード焼きにも強い。
「無敵」は発動出来ないが神通力 烈風を覚醒1枚であっさり防いでしまう。

構築でヘラクレスを採用するときは、覚醒用ヘラクレスを手札に引き寄せやすくするためにも、相棒のキャスターを入れておきたいところ。
だが、ヒカルがいるのでそれでも採用となるかどうか(詳しくはテオの項目で)
支援型ド級ミネルヴァ ニケとの相乗効果で容易になるだろう。

弱点はやはり「衰弱」
いくら覚醒が強力だとしても、リアンション連鎖終了時には衰弱されたBPに戻ってしまう。
また、最大でも同名覚醒できるのは3回まで。
Type覚醒「レジェンド」のケイローンも入れておくとお守りにはなるが、守りすぎて防御コードやサブエフェクトを使いきってしまうと息切れしてしまう。
如何にヘラクレスと言えど、狙われ続ければいつかは陥落する。



関連カード
  • キャスター