孤高の青い鳥 鷹城 ユキ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名 鷹城 ユキ 二つ名 孤高の青い鳥
クラスタ 【青】 HP 3 HP価値 50
アビリティ1 《Speed》 ↷空を見上げて <コスト:↷スピードカード1枚捨札>
自軍は山札1枚をスピードカードとしてクローズ状態で配置する。
TYPE I2CO
収録 chapter2 トワイライト・ハウリング レアリティ CA
フレーバー 「いい天気だ。雲が出る前に終わらせよう」
(よみかた 鷹城→たかき)

スピードカードを張り替えることができる『空を見上げて』を持つ【青】のキャスター。
ドレッドノートで初めて登場した《Speed》タイミングのアビリティを持つカード。

スピードフェイズのルール解説になるが、このアビリティはギアチェンジ後も使用出来るし、その逆の順番も可能。
ただし伏せられたスピードカードを確認できるのは
スピードフェイズ最終段階の「お互いのプレイヤーがスピードカードを確定させた後、伏せられたスピードカードをめくりスピード比較する」時だけ。
後はそのまま(スピードパーンが発生したならその処理後)先後決定の後ドローフェイズに移行するので
何度もスピードカードを変更して確実に狙った手番を取るという使い方はできない。

以上のことから、序盤で使えば完全に運によるスピード変更となる。
ある程度山札が減ってきた状況であれば、推測で確率の高いスピードを引き当てる事は出来るだろう。
ギアチェンジとこのアビリティを併用することは可能ではあるが、タダ同然で手札(順序が逆なら山札)を捨ててしまうことになるのでオススメしない。

純粋な「①コスト:1ドローして1捨札」アビリティとして使うという見方もある。
めくれたスピードカードを見て、このターンでは使用できそうにない場合、有効なカードに入れ替えられる可能性がある。
甘噛みの暗殺者 瀬古 ツナデとは、一応は先後の逆転を狙える点、アクションを消費せず手札交換を行える点が異なる。
スピード変更として使うと運要素が非常に高いが、ドローとして割り切って使うとそれなりに使い勝手は良い。
chapter3 ネザーワールドから捨札を除外コストにするアビリティが登場した。
捨札の肥やしとしてユキを採用するのも一考だろう。


  • 裁定
この効果はスピード行動のひとつとしてプレイするので、この効果で配置したスピードカードの内容を「公開したあと」にさらなるスピード行動(たとえばギアチェンジ)はできません(ルールブックp15あたり参照)。