決戦型超々ド級牛頭 スサノヲ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名 スサノヲ 二つ名 決戦型超々ド級牛頭
ログコスト 3 クラスタ 【赤】 構築条件 【赤赤】
BP 120 サイズ M SP B
アビリティ1 【Fast】 神威【1】 〈コスト:手札のユニットカード1枚捨札〉
このユニットに「強化」を1枚エンチャントする。
アビリティ2 【Trigger】 鬼武者【1-2】
[敵軍ユニットがアタックダメージによってブレイクして捨札になったときにプレイしてもよい]
このユニットに「強化」1~2枚をエンチャントする。
TYPE 牛頭
破壊神
Sub Effect Re覚醒[BP:+10] 対象 FREE
レアリティ ST,PR 収録 スターターデッキ 紅蓮ノ剱
フレーバー 破壊により生みだされるものもある。たとえば、さらなる破壊。

【赤赤】のMサイズ。旭 レイジの相棒神格。
ログコスト③でBP120、『魂の絆』があればBP140と、コストもBPも高めの値。
後述のアビリティもあり、【赤赤】の切り札と呼ぶにふさわしいユニット。
『神威』は、手札のユニットカードと引き換えに、このユニットに「強化」をエンチャントする《Fast》アビリティ。
手札さえあれば、手番を消費せずにただでさえ高いBPをさらに上げることができる。
『鬼武者』は、敵軍ユニットをアタックダメージでブレイクするたびに、自身に「強化」を2枚までエンチャントするアビリティ。
スサノヲ自身がアタックする必要はなく、他のユニットのアタックで敵軍ユニットをブレイクできれば誘発する。
1回プレイするごとにBP+40、その上1ターンの間に複数回誘発させることも難しくない誘発条件の手軽さもあり、スサノヲのBPを急上昇させていく。
すべてが高いBPを叩き出すためにシナジーを持っており、MサイズながらBP200超えも珍しくない。
自身が攻撃すれば、ほぼ確実にキャスター1体のHPを0にするか、敵軍ユニットをブレイクし、後者なら『鬼武者』でさらなるBPを得られる。
一度動き出したら止めることは困難で、インドラの矢かユニット3体以上のアタックでもなければブレイクできないという驚異の制圧力を武器とする。
しかし、ログコスト③に加え、『神威』のコストまでも重いのがネック。
追加コストに手札を要求するため、毎ターン確実に『神威』をプレイできるかは怪しいところ。
アクションフェイズ開始時には最大でもBP160と、神通力 烈風などでなんとか倒せないこともない値であるため、敵軍に先攻を取られて何もできないままブレイクされることもある。
「構築条件:【赤赤】」のために、他クラスタの優秀な防御用コードを使用することもできず、【全】コードと併用するにはログコストが重い。
できることなら万全の状態で、勝敗を決するべくキャストしたいユニットである。

カード名 スサノヲ 二つ名 決戦型超々ド級牛頭
ログコスト 3 クラスタ 【赤】 構築条件 【赤赤】
BP 120 サイズ M SP B+++
アビリティ1 【Fast】 神威【1】 〈コスト:捨札の「牛頭」3枚除外〉
このユニットに「強化」を1枚エンチャントする。
アビリティ2 【Trigger】 鬼武者【1-2】
[敵軍ユニットがアタックダメージによってブレイクして捨札になったときにプレイしてもよい]
このユニットに「強化」1~2枚をエンチャントする。
TYPE 牛頭
破壊神
Sub Effect Re覚醒[BP:+30] 対象 同名ユニット
レアリティ PR 収録 chapter5 グリンウィンド・サガ
初回生産分ブースターBOXランダム封入
フレーバー 高天原の果てまで届け、この刃。

使い勝手は以前のスサノヲとほぼ変わらないが、『神威』が捨札「牛頭」3枚除外にかわり、コストが安くなった。
序盤キャストするならば、予めマリガンでType牛頭を捨てておくことも選択肢に入る。
また、SPもB+++と早くなり、SP:Aが切れてきた終盤などに有利になるだろう。
覚醒が同名ユニットになった。FREEと違い対象が限定されてしまう点に注意しよう。

以前のスサノヲと同名カード扱いなので、構築は合わせて4枚になる。

  • 関連カード
  • 下位種