Version2 アグニの浄火


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名 アグニの浄火 バージョン Version2
ログコスト 3 SP C++
クラスタ 【黄】 構築条件 【黄】
コード効果1 「Ac」 -
敵軍ユニット1体に130コードダメージ。
Sub Effect Cost奔流[①軽減] 対象 コスト③以上のコード
TYPE 下級コード
チャクラの秘術
レアリティ C
収録 Chapter3 ネザーワールド,スターターデッキ 雷鳴ノ帝
フレーバー 「火力を上げるぞ」

アグニの浄火の改良版。ダメージが10上がり、サブエフェクトが奔流になっている。
旧版はMユニットBP110を狙うには厳しい火力だった。その理由が「魂の絆」などによる強化エンチャントで130になってしまうため。
それが130ダメージになることで、MユニットBP110に強化エンチャントが付いた時であってもコンバットトリックの応酬で優位に立てるようになった。

クラスタやサブエフェクトこそ違うがアルテミスの月光の矢と同じログコストで相手の状態を問わずに同じダメージを与えることができ、効果だけを見れば上位互換となっている。

奔流が付いているので、それでも手札に腐ってしまう状況が来た時でもコードコスト軽減に使える。
もう1枚の同じカードでもいいが、ヴィシュヌの天眼コスト軽減に使うのがいいかもしれない。