支援型ケーファー ランツェ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名 ランツェ 二つ名 支援型ケーファー
ログコスト 0 クラスタ 【黒】 構築条件 【黒】
BP 60 サイズ S SP A++
アビリティ1 《Fast》 共闘【ドラゴン】 -
同じバトルエリアの隣の「ドラゴン」のユニットに「強化」を1枚エンチャントする。
TYPE ケーファー
Sub Effect Re覚醒[BP:+30] 対象 同名ユニット
レアリティ U 収録 Chapter3 ネザーワールド
フレーバー 「竜と結託した甲冑兵か」「ふふ。より一層、硬くなっちゃうわね」

後に理由を記すが、chapter4GSC環境にて猛威を振るったユニットである。
ノーコストで隣のTypeドラゴンに「強化エンチャント」を1枚つけるユニット。
その代償なのか、BPが60ととても低い。
これは、仮にバトルエリアに2体ランツェがいた場合、打点は120止まりになり敵軍Mユニット1体にブロックされてしまいかねない。
もう1枚がBP70の打点130だとしても同様だろう。
このデメリットを覆せるMドラゴンを隣にキャストし、そのアタックで敵軍に損害を与えよう。
逆に、相手にMユニットでブロックさせて同名覚醒でパンプアップしてブレイク、という戦術も取れないことはないが、元のBPが低いので十分考えよう。
スピードはA++なので、ドラゴン軸の先攻デッキ要員して考えてもいいかもしれない。

GSCにてランツェの真価が発揮された。
強襲型超ド級ナーガ サーガラと組み合わせることで、ほぼ安定してサーガラをBP140に維持でき、対戦中数ターンはBP160になる。
また、ランツェを狙い撃ったとしても結局は60しか戦力を減らしていない。
サーガラをトップメタに押し上げた立役者である。