ベリアルの炎の口づけ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名 ベリアルの炎の口づけ バージョン
ログコスト 2 SP C+
クラスタ 【黒】 構築条件 【黒赤】
コード効果1 「Ac」【連続】 -
「衰弱」をエンチャントされていない敵軍ユニット1体に「衰弱」を1枚エンチャントし、自軍は手札を1枚ドローする。
効果適用後、自軍は続けてアクション行動してもよい。
Sub Effect Cost奔流[①軽減] 対象 コスト③以上のコード
TYPE 上級コード
ソロモンの魔術
レアリティ U
収録 chapter4 パラダイス・ロスト
フレーバー 「目的を果たすために必要であれば……安いものだ」

Ac連続で「衰弱」を1枚付ける上にキャントリップもついたコード。
ファストフェイズなどで「衰弱」を付けられなかった敵軍ユニットを②コストで狙い撃てる。
「衰弱」はつけた後に手番を渡してしまうコードやアビリティがほとんどだったが、これで優勢に戦えるだろう。
【赤黒】の決戦型超々ド級ナハトファルター ベリアルのTriggerアビリティ『サディスト』とも相性が良い。
手札を補充できるのもありがたい。

  • 余談
フレーバーの『必要であれば』が指すものは、リリー自身の腕である。
自身が身につけている違法デバイスは、リミッターが無い代わりに長く行使し続けると術者自身を蝕む。
その製作者ケイゴが「最悪、腕一本焼き切れるかも知れない」と脅した時に返した台詞
(ストーリーより)