決戦型超々ド級ドラゴン サマエル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名 サマエル 二つ名 決戦型超々ド級ドラゴン
ログコスト 3 クラスタ 【黒】 構築条件 【黒黄】
BP 190 サイズ L SP A
アビリティ1 「Ac」 Φ神の毒【130+】 <コスト:②このユニットにエンチャント中の
「強化」3~4枚捨札>
敵軍ユニット1体に130アビリティダメージ。
コストで「強化」を4枚捨札にした場合、この効果のダメージを30追加する。
アビリティ2 《Trigger》 神の悪意【1-2】 -
[敵軍ユニットがアタックダメージまたはコードダメージによって
ブレイクして捨札になったときにプレイしてもよい]
このユニットに「強化」を1~2枚エンチャントする。
TYPE ドラゴン
魔王
Sub Effect Re覚醒[BP:+10] 対象 FREE
レアリティ SR 収録 Chapter4 パラダイス・ロスト
フレーバー 原罪の報いを受けよ。

SP:Aを持つ、LサイズBP190のドラゴンで、自身の「強化」を取り除くとアビリティダメージを飛ばせる上に、
必要な「強化」を自身の能力でエンチャント出来る、自己完結型ユニット。
先攻が取りづらかったL軸デッキだったが、今回の環境からSP:AのLユニットが出るため先攻が取りやすい。
2回ブレイクしやすくなった。
つまり、4枚「強化」が乗りやすくなっているということである。
先のM+Sアタックによってサマエルのアタック時はBP230になり、アタック終了時にはBP270となる。壁として十分だろう。
そして、
アタック後に『Φ神の毒』を発動し160ダメージを、相手のノーマル状態のユニットにぶつければ、合計攻撃手数は3回になる。
これは、MSMSと並べたバトルエリアと変わらない手数である。

「強化」を剥がされてしまうとどうしようも無くなるため、その対抗策も必要だろう。

関連キャスター
  • 魂の波長