遊撃型ケーファー ゲショス II


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名 ゲショス II 二つ名 遊撃型ケーファー
ログコスト 0 クラスタ 【黒】 構築条件 【黒】
BP 100 サイズ M SP A
アビリティ1 「Ac」 ↷鋼蟲弾【110+】 <コスト:↷自軍ユニットにエンチャント中の
「強化」を1~2枚捨札>
敵軍ユニット1体に110アビリティダメージ。
コストで「強化」を2枚捨札にした場合、この効果のダメージを20追加する。
TYPE ケーファー
Sub Effect Re覚醒[BP:+30] 対象 同名ユニット
レアリティ C 収録 chapter4 パラダイス・ロスト
フレーバー 死ねば解放される? いや、まだまだ働いてもらう。

自軍の「強化」エンチャントをコストとして捨札にすることで、110or130アビダメを飛ばすユニット。
ケーファーデッキは後攻主体にあえて構築することが多いため、アビダメは重要になる。
BPを参照しない130アビダメは少々ダメージが低くく、『波紋』があまり無い【黒】単での運用はやや難しい。
混色構築で他色からの『波紋』の恩恵を受けてから叩き込むなどで、Mユニットを狙い撃てるようになる。
重装型超ド級ケーファー ゴモリーより優位になるのは、
相手が衰弱デッキであり『↷鋼蟲弾』は「衰弱」の影響を受けることなく飛ばせる時になるだろう。
こちら側から「衰弱」を相手に付けて、固定ダメージを飛ばすという運用も考えられる。
ゲショスを活躍させるには、工夫が必要だろう。