理論武装のパラディオン マルコ・ベイカー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名 マルコ・ベイカー 二つ名 理論武装のパラディオン
クラスタ 【青】 HP 3 HP価値 50
アビリティ1 《Trigger》 魂の絆【アレス】
[自軍が「アレス」のカードをキャストしたときにプレイしてもよい]
自軍がキャストした「アレス」に「強化」を1枚エンチャントする。
TYPE
I2CO
収録 スターターデッキ 蒼穹ノ盾 レアリティ ST
フレーバー 「争いは好かない。しかし、不得意とは言っていない」

アレスへの『魂の絆』を持つ【青】のキャスター。
アレスのBPは110で、『魂の絆』により130となる。
アレスは『奮起【+30】』を持つため、『魂の絆』を含めた最大BPは160。
更に『追撃【+30】』もあり、元々高い打点が更に高くなる。
『奮起』しなくてもポセイドンの怒涛の120ダメージに耐えられるようになり、『追撃』一回だけでLサイズ以外は大抵ブレイクできるようになるため、その点では『魂の絆』の恩恵は大きい。
ただし『奮起』を前提とした運用を行う場合、アレスのいるバトルエリアへのアタックは大抵Sサイズユニットかキャスターでブロックすることになるので、防御面では大して影響がない。
また『奮起』と『魂の絆』が合わさっても、神通力 烈風などの160火力には「覚醒」なしに耐えられない事に変わりがない。
打点はログコストを支払えば簡単に得られることも考えれば、無理に『魂の絆』のためにこのキャスターを採用する必要はない。
【黒】のシルト IIザルク IIなど、BP120に届くコストなしユニットへの対策を意識するかどうかが、このキャスターの採用の目安となるだろう。


  • キャラクターファイル「マルコ・ベイカー」
彼はI2COに所属していながら八幡学園都市で教鞭をとっている。
端的に言えば、教師兼スパイというわけだが、これは双方が友好関係のために同意していることだ。
でもマルコの本当の顔は神醒術研究家である。
研究のためなら世界が、そして自分の身の立場さえもどうでもいいのだ。
天動説が地動説に変わったようなイノベーションが神醒術には秘められていると確信している。
その証明が早まるなら、むしろ大事件が起きて欲しいくらいだ。
そんな彼が呼び寄せたかのような大事件が起きた。
神醒術犯罪対策課の指揮官が何者かによって重症を負わされたという。
(ストーリーより)