決戦型超ド級ヴァルキュリア ブリュンヒルド


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名 ブリュンヒルド 二つ名 決戦型超ド級ヴァルキュリア
ログコスト 2 クラスタ 【緑】 構築条件 【緑】
BP 110 サイズ M SP B+
アビリティ1 《Fast》 団結【ヴァルキュリア】 <コスト:->
同じバトルエリアの隣のユニットが「ヴァルキュリア」の場合、
このユニットに「強化」を1枚エンチャントする。
アビリティ2 「Re」 Φルーンフォース【+20】 <コスト:Φ✥>
[このアビリティは1つのリアクション中に1度しかプレイできない]
リアクション連鎖終了までこのユニットを「BP:+20」する。
効果適用後、このユニットに「衰弱」がエンチャント中の場合、それを1枚捨札にする。
TYPE ヴァルキュリア
Sub Effect Re覚醒[BP:+10] 対象 FREE
レアリティ SR 収録 chapter5 グリンウィンド・サガ
フレーバー 恋に、焦がれる。

Typeヴァルキュリア配置時の『団結』と、リアクション連鎖中一度だけBP+20する『Φルーンフォース』のアビリティを持つユニット。
デッキ構築をTypeヴァルキュリアに寄せれば、毎ターンBP130となるので、主力ユニットのひとつとして運用できる。
『Φルーンフォース』は打点でも軽減でもなくBPそのものをパンプするので、直接焼き耐性も上がる。
さらに「衰弱」をはがす。

例として、ブリュンヒルドに1枚づつ「衰弱」と「強化」が乗った状態(BP110)にVersion2 アグニの浄火をプレイしたとする。
このままでは焼かれるため、『Φルーンフォース』をプレイ。
BPが130に上がる。これでは焼かれてしまうと思われるだろうが、ブリュンヒルドのアビリティプレイのプロセスウィンドが別に開いて処理されるので、
この時『Φルーンフォース』をキャンセルすることが相手にできなければ、効果適用後が即座に解決されるため、BP150になり、
アグニの浄火を耐えてしまうことが出来る。
よって、
「衰弱」1枚くらいなら、ブリュンヒルドにとってはあってないようなものである。
もう一つの例としては、
ベルゼブブの冥風をAcで打たれた時、Reで『ルーンフォース』を起動し1枚はがす。
その後、何らかのAc行動がブリュンヒルドに向けられたなら、また同じく起動して「衰弱」を完全にはがすと言ったプレイも可能である。

このような「衰弱」剥がしは刻印配置分しかできないが、「衰弱」デッキにとってはかなり厄介なユニットなるだろう。