拒絶の黒き盾 エイリッヒ・ダルマイヤ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カード名 エイリッヒ・ダルマイヤ 二つ名 拒絶の黒き盾
クラスタ 【黒】 HP 3 HP価値 50
アビリティ1 「Ac」 ↷暗黒の呪縛【1】 〈コスト:↷〉
敵軍ユニット1体に「衰弱」を1枚エンチャントする。
TYPE
salomo
収録 Chapter1 神をも恐れぬものたち レアリティ CA
フレーバー 「我は拒絶する。貴様の希望すべてを」

チェックコストつきアビリティを持つ【黒】のキャスター。
『↷暗黒の呪縛』により、手札を消費することなく敵軍ユニットに「衰弱」をエンチャントすることができる。
手札こそ使わないが、実質的にログコスト①を支払っているのでコストパフォーマンスに優れているわけではない。
「Ac」アビリティなので手番を消費することもあり、「衰弱」をエンチャントする能力を持ったユニットに比べると使いどころは限定される。
アクションフェイズの終わり際、最後のアタックの前にお互い「増強」でBPを上げ始めるような状況が、最も有効に働く局面のひとつ。
相手が手札を「増強」に費やしても、1回分は『↷暗黒の呪縛』で帳消しにできる。それを嫌って相手が「増強」を諦めれば、最後のアタックを巡る攻防で優位に立つことができる。
あるいは、ザルク系統やベリトの闇の鎧のために手番を消費してでも「衰弱」をエンチャントしたい、という場合は役に立つ。
その場合はバーレー系統と合わせて採用すると、より安定して「衰弱」を確保できるだろう。
  • 余談