蒼穹のクレイドル

ルナソフト4作目。
なんだかんだでここのは一通りやってる。

結論から言うと調整がちょっと酷い。
シナジーを無視したシステムで同人特有のUIの悪さなど。
前作がシステム面のシナジーや戦闘テンポに優れていたため、より際立って見えてしまう。


まず戦闘。
基本PTが5人(控えを入れると10人)と多く、
敵も序盤やボスを除いて5~8体とばかみたいに数を出してくる。
一部の武器で取得出来る全体攻撃を覚えてないとまともにプレイすることすら悔やまれるレベル。
そこに拍車をかけるように「バランス」というスタン概念。
ただでさえ悪い戦闘テンポをより悪くするというある意味神がかった最悪のシナジーを醸し出す。
後、ゲーム開始直後の戦闘が糞運ゲー。部の良い運ゲーにしろ開幕あれはプレイヤーが唖然とするレベル。


次システム。
育成ゲームと歌っているが、
実際のところは装備を分解してクリスタルを貯め、装備を強化する装備強化ゲーである。
恐らくまともにゲームをするためにもこの強化を前提のバランスにしてあって
装備の分解と強化はかなりの回数反復することになる。

そしてこの強化する作業が、くっそ面倒くさいのである。
具体的には序盤は最もコスパに優れたグレード1の低級クリスタルを獲得していくわけだが、
これが1つにつき1ずつ能力を割り振っていくというもので
これをクリスタルの個数分やらなければならないのである・・・。

装備を分解したらアイテムじゃなくて強化ポイントにして一纏めにするとかさぁ・・・
もっと他にやりようがあったでしょと言いたくなる酷い設計である。
序に言うと精錬値が100%になったか確認するには
戦闘毎に全キャラ装備欄を確認しないといけないのもかなりふざけてらっしゃる部分。


それと学級会と呼ばれる簡易クエスト的なシステムもあるのだが、
色々細かい説明をしているが、結局のところ最終的に「ただの運ゲー」である。
時間内にゲージを高めるほど賛成する確率が高くなる、というシステムではあるが
例えどれだけゲージを上げたところで反対する時は反対するし、
どれだけゲージが低くても賛成する時は賛成する。
必死こいてやったところで精々数%かそこらの精度しか上がらないので
だったら即決して回数を回すだけでいいという結論になる。・・・これ本当に必要だったんでしょうか。


ここでこのゲームの歌っている育成面に目を戻すとする。
キャラクターの育成は主に武器LVを上げることによるアーツの取得にあるが、
前述した通り敵がわんさか出てくるゲームなのでこのゲームでは有用なアーツが殆ど限られている。
というか、全体攻撃スキルを取得しないと本当にやってられないのである。

更に細かいことだが、このゲーム、チュートリアルは幾つかあるが
アーツの種類に関する解説は「一切無い」のである。
例えば盾などには付けるだけで効果のある所謂パッシブ系のアーツがあるがそれに関する説明は一切無い。

ていうか、更に言ってしまえばステータスに関する解説すら無い。
RPGをある程度やったことのある人間だったらニュアンスで大体分かるけど、
それこの手のゲームとして一番必要な部分なんじゃないのと言いたくなる。
レコンキスタの時もそうだったけど必要なところで必要なシステムについての説明が相変わらず甘いと感じた。


まぁかなり叩き上げていますが、
ゲームとしては確かにちゃんと作ってあります。
バランスとかバランスとか除けばそれっぽい作りになっているので
絵柄やキャラが気に入ったのであればそれなりには遊べる出来。
要点さえ掴めば戦闘テンポもある程度無視できるので(育成方針は固定されるが)
後はほんとキャラってところですね。この手のゲームではやっぱり一番大事な部分ですから。

ボイス有り、キャラもそこそこ立っているので
お話としてはそこそこ面白いとは思います。
簡素と言えば簡素ですが、前作も含めシンプルにまとまってて自分は程よい感じでした。

と、相変わらずのこれただのレビューじゃねーか!って感じなので以下攻略。

このゲームの攻略法を簡単に書いてしまうと
  • (装備を強化して)火力を上げて全体攻撃で殴れ!である。
全体攻撃を行う武器は主に弓、槍、剣で
各戦闘キャラにそれぞれ最低1つずつこれらの武器LVを上げていくとゲーム進行がよりスムーズに行く。

アローレイン取得まではBPの高い盾や槍が使いやすい感じ。
敵はこっちより早かったりするし、結構避けるし、序盤はほんと運ゲーです。糞ゲ。

序盤攻略


ゲーム開始直後

まず学級会の「アイオーンエッグが欲しい(グレード1)」を有り金が無くなるまで回す。
終わったら手に入ったエッグを店に売る。
これを何度か繰り返すと……なんということでしょう、お金が増えました!(相当運が悪くない限りは)
費用40、売価200なので5回に1回成功すればチャラ、体感5割以上は成功するので
本当に恐ろしく運が悪く無い限りは金が増えていくはず。

これを元手にアイテム所持数や倉庫拡張など、済ませられる議題は全部消化しておこう。

初期PTについて

戦闘に参加してない控えメンバーも戦闘メンバーと同じように成長するので
PTは最初からフルメンバーにするのが無難。
これには合成要員の育成と共に装備の精錬値を溜める意図があるので
キャラ全員の装備欄を埋めるように装備品も店で買い足しておきたい。
クラスは基本フリーニートで問題無いが、
コモンエッグで製造するフリーニートに限りベース能力が上がらないため(恐らくバグ)
戦闘メンバーで使う2人はスナイパーやアタッカーあたりにするのが無難。
スナイパーは弓と銃と槍、アタッカーは剣と斧と槍がそれぞれ使える。

合成要員となる控えメンバーは
戦闘メンバーの使っていない武器LVを補強する形で武器を割り振ると良い。
具体的な割り振り例については後述する。

装備について

基本的にグレード1以外の装備は「特に買わなくても問題ない」
仮に上位装備を買うにしても戦闘メンバーのメインウェポンとなるであろう
弓や槍あたりで、買い換える場合は奇数グレード毎にするのが無難。
これは分解時のクリスタル等級が奇数グレード毎に上がるため。
例え等級が上がってもコスパ的にはグレード1が最高なので
戦闘に苦戦していない限りは無理に上位装備を買い揃える必要はない。(能力補強は強化で簡単に出来るため)
装備の買い替えを検討するとしたら敵が面倒になってくる6章以降か。

尚、道中の進行をよりスムーズに考える場合は装備品は手持ちにある程度ストックしておくと良い。
★が付く度に一々町に戻っていると何時までたっても進めないため。


強化について

主に全体攻撃を行う火力キャラ1体を集中して強化する。
強化するのは適当な防具で良い。拘るならHP,MP補正のあるマント系か髪飾り系。
髪飾り系は付け外しすると病院での治療量の微調整が行えるので個人的にはオススメ。
序盤の主力は恐らく弓のアローレインになるはずなので
敵に先手を取れる程度のSPDと残りをTECにつぎ込んでいく形となる。

回避された場合を想定して強化しているキャラ以外、
欲を言えば全員に全体攻撃があるのが望ましい。
攻撃アーツを全体攻撃のみにすればオートでも勝手に掃除してくれるはず。
この体制が完成されれば、本作における戦闘テンポの問題は大分解消される。



具体的な育成方針について

メインキャラの育成武器としては
セレス 盾 弓 短剣
リューネ拳 剣 槍
アリス 弓 銃 魔
モブ1 弓 銃 槍(スナイパー)
モブ2 剣 斧 槍(アタッカー)
とかでいいんじゃない。
合成は上から
アタッカー
ディフェンダー
ヒーラー
アサシン
アサシン とか。ステイト以降は全部フリーニートで補完してけばいい感じ。
盾は一応パッシプがあるので早めにとっておくと少しだけ有利になる。
8章あたりまでに適当な面子にエリアヒールを覚えさせとくとボスも比較的安定して突破出来ると思う


まぁそんなこんな。
つまってきたなーって思ったら楽に一掃できるエリアに戻って
グレード1装備を分解祭りで装備補強すれば割りとどうにでもなります。これそういうゲーム