EMEについて


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

PC課(フェノメノン・クリーチャー)
妖怪、怪物、化け物などを保護もしくは殲滅。

WP課(レイス・パーソン)
幽霊、心霊、神霊、荒御魂などを鎮め、祓う。

DH課(デミ・ヒューマン)
獣人、亜人種の捕獲、登録、管理、殲滅。

OP課(アウト・オブ・プレイス・アートファクツ)
オーパーツを回収、保管、破壊する。

PP課(フェノメノン・パーソン)
特殊能力保有者の対応、EMEへの勧誘、捕縛。

SD課(ストレンジ・ディジーズ)
奇病、変死などの対策、解決を目的とする。
長らく凍結解体されていたが最近少人数で復活した。

RD課(リサーチ・デベロップメント)
妙な開発と発明などをしている。
片手間に武器なども製造、保管している。

UL課(Urban Legend/アーバン・レジェンド)
人面犬や七不思議などの都市伝説を調査する部署。現在は無くなっている。
活動の多くはWP課に引き継がれた。

EMEによるクラス分け(3スレ目1262-1265)
  S>A>B>C>D>Eの順番で危険性・貴重性などを簡易で表したもの。
  Sが最も危険であり、Eはワンチャン一般に流れても問題ないもの。
  基本的にGA(エリオたちガーディアン・エージェント)もこのクラスに対応して動く。
  なお、変動的でもある。
  GAも基本的にクラスに対応したGAが<メイン>として主導し、1~2人の<サポート>と共に対応する。
  なお『まだよくわかんないから』っという理由で高めに【救世主導きの書】は設定してある。
  PC・DH・WPなどもこの格付けに従っている。
  貴重性で高ランクになったりするので、=危険度ではない。
  ただ、目安として。
  S(天災級:ムリゲー)> 越えられない壁 > A(戦略級:とてもハード)>
  B(戦術級:ハード)> C(戦闘級:一般軍人でも対応できる限界)>
  D(タリスマンなど貸与品のほとんどが該当) > E(EME食品は実はここが該当)
  になっている、わからないね!!
  分かりやすい例として【とあるシリーズ】の超能力強度分類レベル5~レベル0のランク差をみるといいかもしれない。