記憶スキル「La malédiction」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

カーティス・シザーフィールドの記憶スキル。
「自身の「故人」に関する記憶」から取得。

固有スキル「リモートコントロール」装備時に、
①フィールド、ダンジョン内の天候が雷雨である(雷が鳴っている)。
②カーティスの前で何者か(敵、味方は問わない)が「雷光」を用いる

上記二つの条件のうちいずれかを満たした場合、自動発動。
過去の記憶から来る強迫観念により錯乱し、行動不能となる。

「ヒーリング」、回復系特殊スキル、その他アイテムなどにより復活するが、「応急手当」「応急手当_物理」だけでは回復することができず、「精神分析」との併用が必要。
また「精神分析」と話術系スキルの組み合わせでも回復することができる。

ただし、一度条件を満たしスキルが発動したあとで、
錯乱状態から回復されないままもう一度条件が満たされた場合には、
以下の効果付きで状態異常「暴走」状態となる。
①「リモートコントロール」の使用回数上限が+5される。
②「リモートコントロール」による自身への付与ボーナスが+10となる。
③自身の手番が来るたびに1d100<=30の判定を行い、成功した場合、
自身の魔法適正の半分を固定値とした状態で1d魔適の光(雷)属性魔法攻撃を発動させる。
この攻撃は敵味方問わずその場にいる者全員(ただし自身を除く)に加えられ、
また「直感回避」「見切り」のいずれかでしか対応できない。

ダイスは1d(魔適の半分)+(魔適の半分)。
ダメージが通った場合、受けた側が1d100<=50で判定し、失敗すれば「麻痺」状態となる。

「暴走」状態が回復されれば上記効果は終わる。
上記攻撃は1戦闘につき1回発動、戦闘外では1度きりの発動とする。


(いやだ、お願い、傍にこないで)