記憶スキル「軽快なる警戒」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

シーモア・アピスの記憶スキル。
「自身の「罪」に関する記憶の一部分」から取得。

(NPC、PC含む)対人戦が起こった場合、攻撃ダイスに固定値+1d6をする。
もしも固定値+1d6のダイスで6を出した場合、更に追加で1d6のダメージを入れる。
また敏捷値が補正なしの状態で35を超えていた場合は
攻撃終了時、下記のどちらかから効果を選べる。
  • 攻撃力の半分の数値(端数切り捨て)+武器固定値でもう一度攻撃をする。
こちらの場合は攻撃ダイスに1d6を加えない。
  • もうひとつだけスキルの使用を宣言できる。

またこのスキルを装着しているときは、絶えず警戒をしている状態となる。
不意打ち判定無効になる。
常に気配や足音を消しているので、
なにかあれば即座に自分の身を隠すことができる。(「隠れる」装着時に限る)

誰かから「財布」「鍵」「(換金できる)価値があるもの」を盗む場合は
「盗む」スキルを装着していないときでも盗ることができる。
これは「人が所持している物を盗むとき」に限る。
(Aというキャラが持ち歩いている財布は盗めるが、
 目の前においてある財布を盗る場合は「盗む」スキルが必要)


彼に罪の意識など期待してはいけない。
殺らねば殺られる、盗らねば盗られる。
躊躇いなどとうに捨て去ったのだから。