記憶スキル「人と獣の境界線」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

モフラーの記憶スキル。

「自身の「子供の頃」に関する記憶の一部」から取得。


彼女は、人と獣の姿を自由に行き来することができる。
望めば間に位置する獣人になることもできるだろう

獣人:猫と人の間の姿。大きな猫が2足歩行をしている様な状態。
身長は140cm程度。
恐らく、昔の彼女に一番近い姿。
この姿のみ、火属性魔法に+1d2のダメージボーナスが付く。

猫:普通のサイズの橙色の猫。
以下の効果を発動する。
  • 武器の使用が不可能
  • 攻撃が半分の数値になる
  • 回避(50)を自動取得できる。
この姿では、物の持ち運びできる量が極端に減る。
咥えるか、引っ掛けるか。
もしくは紐で括って持つ以外の動作は厳しいだろう。

行き来できる時間は限られており、獣人は大体1時間、猫は30分程度が限界となっている。


あの頃は獣にだって人にだってなれた。
ただ、昔と違って半人間になっている彼女には今はこれが精一杯だろう。