Giraffe+ Wiki スクリプト
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Giraffe+のスクリプトを列挙するサイト
がスクリプトの編集の一例まで解説されているのでそちらどぞ
書けるような所があったら書きますんで、そう言うことでお願いします

キーの設定を変更する


DuplicateEvent(
(key/押すキー) (key/反映されるキー)
(key/押すキーその2) (key/反映されるキーその2)
......
)

こんな感じに入力するとキーの変更が出来ます

DuplicateEvent(
(key/c-p) (key/up)
(key/c-b) (key/left)
(key/c-n) (key/right)
)

こうするとCTRL+Pでカーソルキー上CTRL+Bで左CTRL+Nで右を代わりに入力するようになります。
-どちらかというとSetting→Keyの方が見やすくないですか
-複雑な場合窓使いの憂鬱の方がよろしく無いですか

リンクの外れたショートカットをショートカット独自の追跡機能で追跡する


NormalExecuteInner$$.=& `str[
exec: str.compose_executee
exec.path.iends_with('.lnk').? [
exec.path.shell_execute(
exec.parameter
exec.directory
exec.verb
exec.show).return
]
]

これをScript2フォルダの中にsiteinit.giraffeというテキストファイルを作り内容をコピペする。
するとリンクが切れたショートカットを起動する時にWindows標準の機能であるリンク先補完機能をやってくれる。