優柔不断


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ちょっと、また図書館に入り浸ってるわけ?」
「仕方ないだろう。ここしか調べる場所がないんだから」

 山ほど積んだ本の隙間から、彼の顔が僅かに見えた。
 ルイズは呆れたように頭を振る。

「毎日毎日毎日。いくら調べたって帰る方法なんて見つかりっこないのに」
「それでもだ。君のせいではないにしろ、俺はここにいるわけにはいかないんだ」

 端正な顔を歪めるが、すぐ本に没頭する。
 諦めの悪い性格である。

「まぁ好きにしたら?」

 椅子に腰掛けると、ルイズは偉そうに腕を組んだ。

 この一見平民に見える使い魔は、実のところとんでもない存在である。
 銃の腕は百発百中。所持していた拳銃で百メイル以上離れた場所の動く的を撃ち抜く。しかも走りながら。
 剣を使わせればルーンの効果もあって百人力以上。
 頭もいいから、ワルドの策略もあっさり見抜き、ウェールズを強引に救い出す事にも成功した。

 まさに完璧なのだが、実は致命的な欠点がある。それもたくさん。
 行動を起こせば凄いくせに、悩む時間が長すぎるのだ。

 それともう一つ。

「そういえば、シエスタが探してたんだけど」
「……ああ」

 苦い声でつぶやく使い魔。

「アンタ、女の子なら誰にでも優しくするのはよくないわよ」
「そんなことを言われても」

 ぼそぼそと呻くが、言い訳する声は極めて情けない。

「優柔不断」
「うっ」
「女性に甘い女たらし」
「ちょ、君ね」
「でも一番大事なのは親友だから、実は男の方が好きだとか」
「ま、待ってくれ、それは」
「だけど、それを全部ひっくるめてアンタよね」

 情けない顔でこちらを見る彼の様子に、ルイズは楽しそうに笑った。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。