※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

要は「よく分かんない」んです。


アインシュタインさんがかつて提唱した
「相対性理論」。
言葉からして難しそうですが、これ実は身近に感じてることを
指していたりするんです。

例えば、自分の好きな事に熱中している間は、
時間が経つのが早かったりしますね。
逆につまらない事をしている時は
むしろ(時間が経つのが)長く感じますよね。
「相対性理論」は、正しくこのことを指しているんです。

時間の流れは一定なのに、長く感じたり、短く感じたりする。
その理屈は「不明」の一点張りです。

理屈が分かる気がする方、いらっしゃいますか?

名前:
コメント:




| 新しいページ | 編集 | 差分 | 編集履歴 | ページ名変更 | アップロード | 検索 | ページ一覧 | タグ | RSS | ご利用ガイド | 管理者に問合せ |
@wiki - 無料レンタルウィキサービス | プライバシーポリシー