か行



開示イナゴ

開示イナゴとは、東証の適時開示情報や任意開示情報が11時00分00秒など、キリの良い時間に更新される際、人気化しそうなニュースが出た場合に、タイトルだけを速読して中身を読まず、いち早く成り買い注文を入れる早押し投資法のこと。メニューの「イナゴの分類」を参照。なお、本スレに手動で4秒で注文を出すことのできる超高速開示イナゴが登場したことがあり、住民を驚嘆させた。



嗅いだ爺

嗅いだ爺とは、2013年ごろから登場したコテハン。
意図的に誤字を多用し、「含み液」「黙って嗅いだ」などの発言で知られる。
長期移動平均線からのかい離率を利用した古典的な逆張りを得意とするが、ナンピン地獄に陥ったまま倒産した銘柄もありその手法には評価が分かれる。やや挑発的な言動が多く、決めゼリフは「あほちゃうかw」。「独自なるランキング」という逆張り銘柄一覧を作成している。愛車はタント。



金井京子

金井京子とは、著名FXブロガー。ツイッターのアカウントは@petite_bebe
巨乳&美貌の持ち主であるが、性格は最悪と思われる。六本木界隈を遊び歩いている模様。
ブルームバーグの端末(一般の情報媒体より数分早くニュースが流れる)を保有しており、岡三マンと並んで情強として名高い有名アカウントであった。
2016年9月、社内コンプラ違反により、惜しまれつつツイッターアカウント削除。現在も六本木の投資会社に勤務している模様。

その後しばらくしてから、みんかぶマガジン社(@MinkabuMagazine)にてアカウント復活。
あくまでも会社の中の人という位置付けで細々と活動を再開したようだ。
2017年4月、みんかぶ @minkabu_minkabu にアカウントを再度変更。



叶内文子

叶内文子とは、ラジオ日経のキャスター。
優しそうな見た目と癒し系の声が特徴だが、岡崎良介氏の難解な解説に鋭い突っ込みを入れるなど頭の回転は相当はやいと思われる。



鎌田伸一

鎌田伸一とは、ラジオ日経のアナリスト。
相場歴20年以上のベテランであり、個別株の業績動向に精通している。各種取材を行っているほか、投資番組、セミナーにも積極的に出演している。
麻生太郎を連想させるダミ声が最大の特徴であり、60近い恰幅の良い老人を想像するが顔は童顔である。
女子大生キャスターが登場し、相場解説を行うコーナーで下世話なキャバクラ風のトークを展開し、〇〇ちゃんは〇〇は好きかな?などと尋ねることがある。



ガラる

ガラるとは、暴落すること。
暴落のことをナイヤガラと呼ぶため、ナイヤガラする→ガラる となった。
○○(銘柄)引け間際にガラるから逃げとけ などと実況される。



岸田恵美子

岸田恵美子とは、ラジオ日経のキャスター。
アナウンスは安定していてミスが少なく聞きやすい。何気に車好きと思われる。



北浜、北禿

北浜とは、株式評論家の北浜流一郎のこと。
日本一有名な曲げ師である。同氏の発言で東証1部の超大型銘柄が急に下げ始めるなど、機関投資家からも注目されているのではないかという説がある。



きてんね

きてんねとは、スレに替え歌などが書き込まれた場合にその歌手が来ているという意味で用いられるツッコミ。
「また株で損してる 昨日よりも深く」「坂本冬美きてんね」などという掛け合いで使われる。転じて、〇〇(銘柄)が上がっている、という意味でも使われる。例:クルーズきてんね↑



休憩するか

休憩するかとは、エロ画像が貼られる際に「これはエロ画像だよ」と読者に知らせるためのメッセージである。



kirito

kiritoとは、ゲーム株を中心に売買するトレーダー。ブロガーでもあり、アクセスランキングの上位常連である。ミクシィやKLABなど特定の銘柄に粘着しているため、同氏の損益状況は良くも悪くも新興指数次第であり、また大きいレバレッジを掛けた命知らずなポジションを抱えることも多いため、資産の上下が非常に激しいことで有名である。信用全力のポジションを放置したまま海外旅行に出かけるなど相当な度胸の持ち主であるとされる。



キン肉マンスタンプ事件

キン肉マンスタンプ事件とは、LINE関連銘柄の絶頂期であった2013年10月、新たなLINE関連銘柄として発掘された東証1部のAGS株が急騰したが、その後LINEと提携しているのは同名の別会社であることが判明し瞬時に急落した事件である。「これLINE銘柄なのに全然注目されて無くてまだ誰も気付いてない」などと失笑モノの買い煽りが現れ、今買えスレの糞スレぶりを世に知らしめた事件。




ぐらわん

ぐらわんとは、日本の著名デイトレーダー。大学中退。
銘柄決め打ちのデイトレードを得意とする。ドローダウンが極めて小さく、抜群の安定感が特徴。
元パチプロでありFX、競馬の腕も一流であるなど天性の期待値感覚を持つ。
ニコ生主でもあり、声がアレだという批判がある。



今日はスレの雰囲気良いな

主に相場が荒れ、スレ内において言い争いなどが勃発した時に発せられるセリフ。
皮肉まじりに「みんな儲かってそう」などと付け加えられることが多い。
当然火に油を注ぐセリフであり、スレの雰囲気はよりいっそう悪くなる。



黒岩泰

黒岩泰とは、ヤフーファイナンスで推奨を行うアナリスト。
窓・壁・軸理論というテクニカル分析で知られるが、評判はよろしくなく、氏のウィキペディアは散々な書かれようである。顔が原田泰造に似ているという説があり、曲がったことが大嫌いな曲げ師などと揶揄される。

2016年に入ってから才能が一気に開花し、買い推奨した銘柄が急に下げ始めたり、また連続ストップ安となっていた銘柄が氏の売り推奨をきっかけに突然上昇を開始するなど、神がかり的な予測を繰り返し年間パフォーマンスが一時マイナス300%を記録した。
7月、ツイッターを開始。(アカウントは@madohige)わずか数日でフォロワーが4000人を超えるなど、さらなる活躍が期待される。



金男

金男とは米国の有名投資銀行ゴールドマン・サックスの愛称。



五月

五月とは、日本の著名投資家。本名は片山 晃。総資産は、推定100億円。(2016年10月時点)
元ひふみ投信のレオス・キャピタルワークスのシニアアナリストである。
バリュー投資家として名高い。各種メディアへの出演歴が有り、アンチも一定数存在する。
同氏が大量保有報告書を提出した銘柄が一時的に急騰する場合がある。
彼の銘柄は不自然な値動きで中長期的に値上がりが期待できるので一定数のイナゴファンが存在する。
最近は飛びついてくるイナゴを養分にしている。



ゴチ

ゴチとは、損切りした時の潔さを表現する言葉である。
急騰(急落)を期待して入ったのに、逆方向に垂直落下(上昇)し、仕方なく損切りした時に発せられる。
イナゴを殺す動きをする銘柄でよく見られる。
使い方は ゴチ ○○(銘柄名) △△(買値)→□□(損切りした値)



ゴチ違い

ゴチ違いとは、今買えばいい株スレでの「ゴチ」の使い方を間違えている事である。
通常であれば、損をした時に使われる言葉なのだが、
ゴチ ○○(銘柄名) △△(買値)→□□(利確した値)等と、
ただの自慢をしてしまうと、スレでのヘイトを浴びるので注意が必要である。



小向美奈子

小向美奈子とは、日本の元AV女優であり、今買えばいい株スレの現役アイドルである。
主に相場が動かないときに小向美奈子の画像を要望する声が高まり、それにこたえる形で画像が貼られる傾向がある。
貼られる画像は特定の2枚に決まっているためここに掲載することも可能だが、実際の画像はスレッド内で確かめていただきたい。




ごん

ごんとは、ヤフー掲示板に出没するコテハン。
ロボット関連銘柄として9000円台まで大相場を演じた菊地製作所を2013年の初夏に600円台で推奨するなど、数多くのテーマ株・材料株、割安優良株の発掘実績があり、ヤフー掲示板屈指の実力を持つスイング・トレーダー。
2013年後半、同氏がヤフー掲示板に書き込みを行った銘柄が、それだけが材料で急騰するという現象が多発したため、仕手の本尊であるという無茶苦茶な風評被害があり、本スレにおいて同氏と同じ銘柄を買い煽ると 「ごん乙」「ごん出張するな」「お前、ごんだったのか」 (童話『ごんぎつね』の最後のセリフ「ごん、お前だったのか」のパロディ)などと揶揄されることがある。



今野浩明

今野浩明とは、ラジオ日経に登場していたアナリスト。
地味ながら的確な解説を行う。為替に関する話が多い。
「逆に言うとね」「まあわかりませんけどね」「個人的な意見ですけどね」が口癖。
2016年9月、ラジオ日経を卒業。日経CNBCに活躍の場を移した。


今野「ねぇ岸田さん、僕のこと好き好き好き・・・って10回言ってみてもらってもいいですかね」
岸田「今野さんの事がお好きなんですが、如何でしょうか?」
今野「いや、ですから実は僕もね岸田さんのこと好き・・なのかも知れない。ね、逆に言うとね岸田さんも僕のこと好き・・・なのかもしれないですよね。ね、まあ、わかんないですけどね。これ要するに、言ってみれば両想いなわけですよね。ね、あくまでも個人的な意見ですけどね」
岸田「・・・・・・」

添付ファイル