内閣官房_内閣官房副長官


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


設置根拠 内閣法第十四条

 内閣官房に、内閣官房副長官三人を置く。
 内閣官房副長官の任免は、天皇がこれを認証する。  

内閣官房 内閣官房長官 内閣官房副長官 国家安全保障局
内閣危機管理監
内閣情報通信政策監
     内閣官房副長官補
内閣総務官室
内閣広報室
内閣情報調査室
内閣サイバーセキュリティセンター

分掌事務 内閣法第十四条第三項

 内閣官房副長官は、内閣官房長官の職務を助け、命を受けて内閣官房の事務(内閣人事局の所掌に属するものを除く。)をつかさどり、及びあらかじめ内閣官房長官の定めるところにより内閣官房長官不在の場合その職務を代行する。