ストーリー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 自然界の様々なエネルギーを生きとし生ける存在が行使できる力として具現化した力、「エール」……人類が『魔術』を得た世界。

 強大な「エール」を行使する種族「エルフ」は人類の覇者として「プレアディス皇国連合」を建国した。そして自分たちこそ神の具現者として、他種族を劣等種として根絶し自らを唯一無二の存在たらしめんと苛烈な弾圧が行われていた。

 これに対抗すべくプレアディスから脱出した「ヒューマン」とエルフと同じ種族でありながらも「エール」を持たない為に同族から弾圧されてきた「ノエル」の両種族は未開の地を開拓し、「エール」を行使できない自分達に代わり魔鉱石によって動く機械の兵隊「機兵」を発明しプレアディスに対抗しうる民主主義国家連合「オドネイル民主共和連盟」の建国を宣言。相容れられるはずもない両国家は間もなく戦争に突入、何時しか互いに禁忌とも言える力を投入していった。

 

かつて、この世界は人々の偏見と憎悪によって滅亡の危機に瀕していた。

 

 だが、2つの国家とは異なる多様な文化・戦略思想を築き上げてきた東洋の小国の連合体「オウメイ東洋諸国連合」が防衛戦略の一環としてプレアディスの魔鉱石採掘地帯「セントラルラント」を制圧した事を受け、エルフ至上主義に否定的であったプレアディスの先帝「エリュシオン・エル・プレアディス」はオウメイ・オドネイルとの停戦・和平工作に尽力。偏見や憎悪による殲滅戦争を避ける為に相互不可侵と恒久和平を目指した「三界同盟」が締結され、世界は散発的な紛争や弾圧こそあったが、100年に渡る平和を謳歌した。

 

しかし、人々は同じ過ちを繰り返す……。