浮遊魔導都市メイルメル


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • 組織体制:プレアディスに所属する小規模国家。総代魔導師を筆頭に、魔術を修める者達によって統治されている。
     
  • 代表:第150代総代魔術師ヴィーザル・エル・ハイヤーン
     
  • 構成:国家の性質上エルフ以外の種族はほぼ存在しない。
     
  • 軍事的特色:魔導師や魔導騎士など、魔術を前面に押し出した戦力構成。但し魔術の研さんが目的であるため、固有の軍隊を持たず、平時はプレアディス本国からの派遣軍に依存している。
     
  • 設定
     領土が高位魔術によって浮遊している、ノース・プレアディス大陸の小規模国家。浮遊国家である上に高い塔同士をつなげた都市で生活している。あらゆる国家の方針において魔術の研究・研鑽が優先されており、優秀な魔導師を数多く輩出しているため数多くのエルフがこの国への留学に憧れている。
     しかし裏を返せば魔術の為ならば人権すら軽視する傾向もあり、魔術の競争に敗れた者や他種族などへの風当たりも強く、最悪魔術の為の実験台にさせられるなど非人道的なうわさもまことしやかにささやかれている。
     噂によれば、王族や四方将の持つ『神器』にまつわる太古の記録や、禁位魔術にまつわる事柄が封印されているとか……?