アーガマ級機兵母戦艦


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

全長:約220m(全幅約30m)
重量:-
種類:旗艦級機兵母戦艦
搭乗員:250名
機兵搭載数:30~40機(予備機含む)
動力機関:オレンライト鉱石溶解燃料による超大型蒸気機関
設定
巡航戦艦と機兵母艦の機能を統合し、1つの艦で運用する『機兵母戦艦』のテストヘッドとして開発した旗艦級軍艦。巡洋戦艦の後部に簡易型の機兵運用設備を接続した事で巡洋戦艦と機兵母艦の役割を同時に担える万能艦となるべく設計・開発されたものの、実際出来上がったものはあらゆる機能において本分の艦におとり中途半端な性能しか発揮できない欠陥艦だった。しかし製造された2隻が旗艦用大型アンテナを増設した上でオドネイル軍東洋派遣艦隊に配備され、フォン・ロウリィ艦隊司令とジェローム・マグガバン分艦隊司令の座乗艦として運用されている。

武装
35.6cm二連装エールキャノンx2

15.5cm多目的単装砲x2

12.7mm二連装エール機銃x18

対空ロケットランチャーx4

大型魚雷発射機構x4

50人乗り救命ボートx6