ケモナーのイベントでのマナー


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ケモナーのイベントでのマナー

ケモナーが最もケモナーらしく振る舞えるのがケモノ系のイベントです。
私達ケモナーは2010年代に入って、ようやく私達自身のイベントを展開するに至りました。
この比較的新しいイベント群の中で、私達はほとんど手探りでケモナーの在り方というものを模索しているのです。


ニ種類のイベント

ケモノ系イベントと一概に言っても、私達には別の歴史的経緯で発展した二種類のイベントがあります。
双方のイベントは互いに歩み寄りが進んでいますが、だからといって同じ系列のように考えると思わぬ齟齬を招くことがあります。
各々のイベントのマナーは各自専用のページをご参照下さい。

同人誌即売会

同人誌即売会は同人誌を売買することが主目的となっています。
これはコンベンションのような対人的イベントに対して、むしろ物質的だといえるでしょう。
売買を目的に訪れる参加者が数多くいるので、
コンベンション系イベントよりも参加者数が多くなる傾向になります。

同人誌即売会は漫画家・アーティストが自分の実力を試す場でもあります。
同人誌を発刊したり、他のアーティストと交流するのも醍醐味の一つでしょう。

イベント事態は短く、1日開催で6時間程度です。
イベントの前後に合わせて、独自に予定を組み立てるケモナーも多くいます。
例えば知り合いとオフ会をしたり、カラオケに行ったり、一緒に旅行したり……といった具合です。


コンベンション

コンベンションは着ぐるみと触れ合う、着ぐるみを着て周りと交流することが主目的となります。
同人誌即売会に比べるとコミュニケーションに重きが置かれているといえるでしょう。

イベント自体がオフ会の拡張版のようなものなので交流ベタな人は手持ち無沙汰になりがちです。
もちろんそれ意外にイベント側で出し物をしたり、参加イベントがあったりします。
うまく人の波に入っていくのが大事です。

あなたが着ぐるみを持っている場合、それをお披露目する良いチャンスでしょう。
また新しく着ぐるみを作るのであればコンベンションをお披露目の目標として予定を組むのも良いかもしれません。



二種類のイベントの共通のマナー

種類の違う二つのイベントですが、ある程度の常識・良識というものは当然共通の概念になります。


準備を怠らない

近場のイベントであればそこまで綿密に考える必要は無いかもしれませんが、
身分証が必要なイベントに、身分証を忘れ泣きを見る人は毎年少なからずいます。
そういうこともあるので、必ず前日には何が必要か、何を持っていけばよいのかを把握するようにしましょう。

友達と会う場合やお土産を持って行く場合もそうです。
お絵かき系のオフ会があるならスケッチブックと筆箱くらいは持って行っても良いかもしれません。

さらに、もし海外でイベントが起こる場合は、これに加えて行く場所の情報や入国に必要な書類等をしっかり把握しておきましょう。
イベントに参加できないならまだしも、入国出来ないなんて事態になったら目も当てられません。
特にパスポートは申請から取得まで2週間はかかります。
余裕を持って申請するようにしましょう。


徹夜はしない

イベントを目一杯楽しむのに興奮が収まらない気持ちはよく分かります。
興奮を抑えながら朝を迎えるのもまたひとつの醍醐味と言えるでしょう。
しかし、徹夜はあなたの健康に百害あって一利なしです。

イベント当日で疲れて本来の力が発揮できなかったり
折角の山場で力尽きて寝入ってしまったり
久しぶりの友達との会話もどこか浮ついて面白くありません。

イベント前日はしっかり睡眠を取り、エネルギーを蓄えイベントに備えるべきなのです。
その為にも原稿や着ぐるみづくりのスケジュールはイベントに余裕を持って間に合うようにしましょう。
きちんと仕事をこなす人ほど休むときはしっかり休みます。

また昨今はエナジードリンクなるものもありますが、それは飽くまでもエネルギーの促進剤として使うべきであり
あまつさえ疲れた身体を起こすために飲用するとその反動は計り知れません。
少なくとも身体にはよくないでしょう。

イベントを最も楽しむためには自分の身体のコンディションを軽んじないことが大事です。