グラサン少女シリーズの登場人物一覧

ネタバレ注意

グラサン少女シリーズの登場人物一覧 とは、小説グラサン少女シリーズに登場する人物の一覧である。


人間

夕波 みつき
本作品の主人公。やや長めの黒髪ストレートで、背が低い。
母親(夕波ひより)譲りの頭脳派で、観察眼が鋭い。また好奇心も旺盛。
誕生と同時に母親を失っているため(父親が死ぬまでは、母親は失踪した、ということになっていた)、父親(夕波まこと)によって育てられてきた。
大学時代に初めてできた彼氏は、注目株のアイドルの八条はじめ。
本編は全話に渡って登場。外伝では名前のみ。ちなみに漢字で書くと「夕波美月」である。

大学生時代の友人たち


水原 月夜
高校生時代より、夕波みつきを付け狙っていた男。夕波みつきの1歳下で、高校・大学が同じ。
長身で黒髪の短髪に、銀のフレームのメガネをかけている。
時折見せる微笑は、自他ともに「不気味」で、どこか近寄りがたいオーラを放っている。
夕波みつきを遥かに上回る、作品中でもトップレベルの頭脳派で計算高く、常に「秘密のメモ帳」を携帯している。
偽の心霊写真を作っていたことがあり、写真やその加工技術は高く、機械にも強い。
父親を早くに亡くしており、母親の手1つで育てられてきたが、母親は過労のために錯乱しており病院に入れられている。
「遭難事件とグラサン少女」以降の作品に登場。外伝では主人公として扱われている。

大海 なぎさ
夕波みつきの大学生時代からの親友。青みのかかった長い髪をポニーテールにしている。
背は夕波みつきより少しだけ高い・・・が、夕波みつきが低すぎるために、平均身長よりは下。
おおらかな性格で、場を和ませる言動から、蒼谷ゆいにかなり恋心を抱かれている。
一方で、カメラのことになると人が変わったようになり、目つきが鋭くなる。
「遭難事件とグラサン少女」以降の作品に登場。

蒼谷 ゆい
夕波みつきの大学生時代からの友人。いわゆるチャラ男に近い服装をしている。
顔が女性寄りで、おまけに名前が男女どちらでも通用するところから、女に間違われることにコンプレックスを抱いている。
どちらかと言えば運動系で、頭脳派ではなく、時折後輩である水原月夜に軽くあしらわれる。
大海なぎさに一目惚れしていて、結婚も意識している。本人曰く「俺のお姫様」。
「遭難事件とグラサン少女」以降の作品に登場。

八条 はじめ
夕波みつきの大学生時代の彼氏。現役アイドルとして活躍している優男。
夕波みつきに一目惚れして付き合いだしたものの、芸能人生活と学生生活の間の多忙さと、本人の浮気癖があり、1年もしないうちに別れてしまう。
自分勝手なところがあり、強引さも見せることがある。
「星の王子とグラサン少女」に登場。

夕波家

夕波 まこと
夕波みつきの父親。フリーのカメラマン。写真と家族を何より愛している。
元貴族の家系の生まれだった烏丸ひよりと出会い、駆け落ち。
夕波みつきが誕生するが、同時に妻を失い、男手1人で夕波みつきを育てた。
夕波みつきが高校に進学する直前に、交通事故によって死亡している。
「幽霊公爵とグラサン少女」、「太陽と月とグラサン少女」、「終わりの世界とグラサン少女」に登場。

夕波 ひより(旧姓:烏丸 ひより)
夕波みつきの母親。元貴族の烏丸家の生まれで、とても病弱。
髪は金の長髪で、外を出歩くときは常に麦わら帽子を被っている。
両親の反対を押し切り、お気に入りの海辺で出会った夕波まことと駆け落ちする。
夕波みつきを産むと同時、病弱だったために、そのまま亡くなってしまう。
「太陽と月とグラサン少女」、「終わりの世界とグラサン少女」に登場。

烏丸家

烏丸 祐一郎
明治時代の貴族、烏丸家の若き当主。爵位は公爵。いつも黒い執事服のようなスーツを着ている。
若くして治政の腕が高く、治める民からはかなり慕われていた。勉学・武術の心得も持っていた。
しかしながら、謎の病気「烏丸家の呪い」によって20代で死去している。
唯一の妹である烏丸まひるのことが気がかりであると、死亡した後も幽霊となって屋敷に住みつく。
夕波みつきは、いくらか遠いが子孫であり、妹の面影があることから、夕波みつきを家族と思っている。
「幽霊公爵とグラサン少女」、「はじまりの魔法とグラサン少女」以降に登場。
外伝でもいくつか登場している。

烏丸 ひより
「夕波 ひより」を参照。

烏丸 まひる
烏丸祐一郎の妹。烏丸祐一郎曰く「夕波みつきにそっくり」。
当時はとても貴重なカメラを、烏丸祐一郎が持ち帰った際に、それに興味を示し、以降カメラに没頭する。
烏丸家のカメラ好きの発端となった人物。
「はじまりの魔法とグラサン少女」に登場。

結城(本名不明)
烏丸家に代々仕えている執事。
「太陽と恋とグラサン少女」、「はじまりの魔法とグラサン少女」に登場。
(ただし、2作品に登場するのは同一人物では無い。)

右京家

右京 こまち
代々、幽霊討伐・悪霊退治・解呪といったことを専門としてきた右京家の若き女当主。
紺色を貴重とした和服に身を包み、腰下まである長く黒い髪を持っている。
非常に強気な性格だが、弱い一面も時折見せることがある。
右京家に伝わる武器「妖刀【影桜】」と「魔束帯と呼ばれる包帯の1種の【紫炎帯】」を使用する。
「幽霊公爵とグラサン少女」、「遭難事件とグラサン少女」以降の作品に登場。
外伝では、水原月夜とともに主人公を担う。

紅天聖(本名不明)
右京家の初代当主。
異界出身の人間の剣士で、他の人間とともに、横暴な圧政を行う【九神霊】たちに反乱を起こした、その首謀者。
【九神霊】との戦いのときには、「紅蓮の英雄」という通り名で呼ばれていた。
一時は戦いで重傷を負ったが、恋心を抱いていた【美麗帝ユニカ】より力を分けてもらい、戦いを続けた。
後に、人間界に渡り、その地で、異界と人間界をつなぐ黒い穴を管理するために屋敷を建てた。
使用していた剣は、現在子孫である右京こまちが使用している「妖刀【影桜】」である。
外伝にのみ登場。

警察関係者

白河 忠志
凄腕の警察官。地位は警部。背が高く、がっしりとした身体の持ち主。
清宮山での遭難殺人事件をきっかけに、夕波みつきたちと交流を持つようになった。
実直な性格ではあるが、通常なら部外者を入れない事件現場に夕波みつきを入れるなど、優しさも持ち合わせている。
「星の王子とグラサン少女」(名前は出ていない)、「遭難事件とグラサン少女」以降の作品に登場。
名前の由来は「白河天皇」から。

高倉 なみ
白河忠志の後輩で、警部補。インテリそうなメガネをかけている。
同僚の鳥羽義政をいじめるのが好きだが、実は結婚前提で付き合っていた。
小説を書くことが好き。
「遭難事件とグラサン少女」以降の作品に登場。
名前の由来は「高倉天皇」から。

鳥羽 義政
白河忠志の後輩で、高倉なみの同僚。巡査長。
軽薄な性格で、自身を「300年に1人のサーフィンの逸材」と言うが、実際はネットサーフィンのことを指している。
高倉なみに半ばいじめられるように扱われているが、結婚を前提に付き合っていた。
しかしながら、元々は清宮山の徒然荘で働く枕崎早子と付き合っており、浮気していたため、枕崎早子とその兄に殺害されてしまう。
「遭難事件とグラサン少女」に登場。
名前の由来は「鳥羽天皇」から。

亀山 弦一
白河忠志や高倉なみ、鳥羽義政の後輩。寡黙で、どこか達観したような目を持っている背の高い男。
その言動は謎に包まれているが、何故か妙に信憑性のあることから、白河忠志などからはある程度の信頼を寄せられている。
「遭難事件とグラサン少女」以降の作品に登場。
名前の由来は「亀山天皇」から。

栗山(本名不明)
白河忠志の後輩。隠れ家にしていた倉庫の番をしていたところ、同僚の椎名に殺害される。
「はじまりの魔法とグラサン少女」に登場。

椎名(本名不明)
白河忠志の後輩。銃の腕前がある。
隠れ家にしていた倉庫の番をしていたところ、ミニョルフに操られ、同僚の栗山を殺害する。
「はじまりの魔法とグラサン少女」に登場。

九条院 相汰
警察の内部事情に詳しい謎の燕尾服の男。
父親が警察上層部の人間であり、白河忠志とは子どもの頃に面識がある。
「はじまりの魔法とグラサン少女」以降の作品に登場
名前の由来は近衛天皇の后・・・だからと言うわけでは無い。
(特別出演扱いであり、元の人物は、原作者進藤リヴァイアの「CMOMラグナロク」の「空鷹アイダ」)

国家国防省関係者

進藤 竜一
国家国防省の長官。水原月夜に劣らない背の高さの持ち主。
フレームの無いメガネをかけていて、いつも黒いビジネススーツを着ている。
夕波みつきを殺して世界を救う、といった発言を繰り返している。
「幽霊公爵とグラサン少女」(名前のみ)、「はじまりの魔法とグラサン少女」以降の作品に登場。

大海 なぎさ
一時期、国家国防省に所属していたが、後に反逆。
「大学生時代の友人たち」の「大海 なぎさ」を参照。

魔神ミニョルフ
「九神霊」の【魔神ミニョルフ】を参照。

椎名(本名不明)
「警察関係者」の「椎名」を参照。

枕崎家

枕崎 紀之
清宮山スキーエリアに徒然荘というロッジを構えている男。
白河忠志とは小学生時代からの親友(悪友?)。
雪女の伝説のある山にロッジを建てたことは良いが、度々吹き荒れる吹雪に頭を悩ませている。
「遭難事件とグラサン少女」に登場。
名前の由来は、古典「枕草子」と土佐日記の作者「紀貫之」。

枕崎 早子
枕崎紀之の娘。メガネっ子で、おっとりとした性格。
かつて鳥羽義政と付き合っていた。
「遭難事件とグラサン少女」に登場。
名前の由来は、古典「枕草子」。

枕崎 兼好
枕崎紀之の息子で、枕崎早子の兄。冷徹だが、料理の腕は高く、一流の料理人を目指して有名ホテルで修行をしていた。
徒然荘の料理人として父である枕崎紀之に連れ戻されて以来、家族や仕事に対する不満があった。
「遭難事件とグラサン少女」に登場。
名前の由来は、古典「枕草子」と徒然荘の由来になった古典「徒然草」の作者「吉田兼好」。

その他の人物

牧山 まきた
烏丸家の屋敷に侵入して、隠された財産を奪おうとした泥棒。
烏丸祐一郎の前にあっけなく退散した。
「幽霊公爵とグラサン少女」に登場。

榊(本名不明)
夕波ひよりと同じ病院に入院している50代後半の男性患者。
深刻な病気を患っているにもかかわらず、病院の裏の林でよくタバコを吸っている。
「終わりの世界とグラサン少女」に登場。


人間以外の霊体

【九神霊】

【神霊王ディオリス】
【九神霊】の頂点に君臨する、霊体の最高神。過激派。
【九神霊】に反発する人間たちを恐れ、【はじまりの魔法】(【烏丸家の呪い】)を生み出した張本人。
数話に、名前のみ登場。

【魔神ミニョルフ】
紳士服に身を包んだ、猫顔の男。【九神霊】の1体で、過激派。
右京こまちの父親である、右京家先代当主を殺しているが、一方で人間であるはずの進藤竜一と協力体勢を持っており、
内側で何を考えているか非常に捉えにくい人物。
【魔神レニオル】と姿は瓜二つであるが、微妙に異なる。
本編「はじまりの魔法とグラサン少女」、「終わりの世界とグラサン少女」、外伝に登場。

【魔神レニオル】
紳士服に身を包んだ、猫顔の男。【九神霊】の1体で、穏便派。
人間の可能性を信じ、協調姿勢を持つべきだと主張する穏便派の筆頭。
失踪した【魔神レニオル】を探すため、人間界に現れたところに、水原月夜が偶然居合わせ、
以降しばらくの間、水原月夜と行動を共にする。
【魔神ミニョルフ】と姿は瓜二つであるが、レニオルの右目の下には大きな切り傷がある。
本編「遭難事件とグラサン少女」、「はじまりの魔法とグラサン少女」、「終わりの世界とグラサン少女」、外伝に登場。

【獣神霊ヴァンネル】
【九神霊】の1体で、霊体の中でも数少ない”竜人族”を、取りまとめる武人。傍観派。
【九神霊】のなかでは霊力がもっとも低いが、戦闘民族である竜人族であるため、武器を用いた戦闘を得意とする。
他者との付き合いをあまり好まないため、森の奥にある小さな小屋で生活している。
かつては【堕天使グローチェリア】と協力体制を取っていたが、【呪曹カロッサ】に仲間を人質にされ、過激派の肩入れをしてしまっている。
外伝に登場。

【堕天使グローチェリア】
【九神霊】の1体で、天使が着るような白衣と、悪魔がつけているような漆黒の翼を持った男。穏便派。
【魔神レニオル】が異界を留守にしている間、穏便派の代表的人物として活動している。
ファッションにこだわりがあり、いつも黒いスーツを着ている友人の烏丸祐一郎に、よく純白の服を勧めている。
「はじまりの魔法とグラサン少女」、外伝に登場。

【美麗帝ユニカ】
【九神霊】の1体で、【九神霊】のなかではもっとも人間に近い、美しい女性の姿をしている。穏便派。
遥か昔、人間と【九神霊】が全面戦争を繰り広げた際、人間である「紅蓮の英雄(紅天聖。右京こまちの祖先)」に恋してしまい、
それ以来、人間との関係を持つことに反発する過激派たちによって、自身の持つ城に半ば幽閉されたような状態になってしまう。
炎の力を操ることを得意とするが、「紅蓮の英雄」がくれた紅いコートの力によって能力を得ており、普段は暗器を用いる。
「終わりの世界とグラサン少女」、外伝に登場。

【呪曹カロッサ】
【九神霊】の1体で、車椅子に乗っている老齢の男。過激派。
古くより【九神霊】の【神霊王ディオリス】に仕えてきた片腕であり、その霊力は【九神霊】のなかでもトップクラスを誇る。
虫や蜘蛛、【クィドル】といった生物を用いる攻撃を得意とし、また知将としての手腕も高い。
外伝に登場。

【大天使オージェント】
先代【九神霊】の1人。【堕天使グローチェリア】が【九神霊】になる前、その地位についていた。穏便派。
「はじまりの魔法とグラサン少女」に名前のみ登場。

その他の霊体

烏丸 祐一郎
「烏丸家」の「烏丸 祐一郎」を参照。

【クィドル】
【九神霊】の【呪曹カロッサ】が使役する霊体。
黒いマントのなかに、無数の腕の生えた球体を抱えているという、不気味な姿をしている。
霊体のなかでは、それなりに強い霊力を持つ。
「はじまりの魔法とグラサン少女」、「終わりの世界とグラサン少女」に登場。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。