魅鳩


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】【魅鳩<ミハト>】
【種族】人間
【年齢】二十五才
【性別】男
【容貌】
白髪に黒目、長身の男。
和服を着込みいつもヘラヘラと軟弱な笑みを浮かべている。
モヤシという綽名が似合う男。
【技能】
【呪札を創る程度の能力】
<創造技能/万象を描く指>
呪札の作成能力。
主に攻撃札・守護札・召喚札の三つに分類される。
攻撃札は各種属性弾幕、守護札は結界生成、召喚札は魑魅魍魎を呼び出す効果がある。
<永久機関/迷宮図書館>
触れた紙媒体の物質を異界に保存し出し入れする能力。
対象は紙媒体限定であり自他共に生物が入ることは出来ない。
【魅鳩】は指を鳴らすことでこの能力を発動し、札による弾幕を張る。
<移動技能/地に足着けず>
人間なのに有している飛行能力。
本人曰く、地に足着けず生きていれば会得できるとか。

【スペルカード】
「神札/こまったときのかみだのみ」
時を司る神様(を名乗るナニカ)を召喚。
自機弾幕の加速&相手弾幕の減速。
「狂札/ねがてぃぶれいんぼー」
金土火水木闇光をごちゃまぜにした闇鍋巨砲をぶっぱなす技。
要は巨大な多属性ビーム。
「暴札/最終兵器魅鳩」
<永久機関/迷宮図書館>に保存された札を全て掃射する技。
ビームではなくばらまき弾幕。やけである。
これを使うと戦闘続行不可能。札がないからね、しょうがないね。

【解説】
『便利屋の魅鳩』と呼ばれる人里では名の知れた人間。
金さえ払えば何でも「やろうとする」。
好色家であり男女問わずに軟派な声掛けをする。
女好きであり男好き。人間も妖怪もみんな好き。
金さえくれればなんでもやるし、唇をくれるならもっとがんばる。