※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



名前 リザ・プフランテ(Riza Pflante)
性別
種族 マンドレイク
年齢 232
学年or教師 魔法生物学教師
身長/体重 122cm/21kg(花を除く)136cm/26kg(花を含む)

容姿

髪の毛は葉緑素を含んでいるので緑色、かなり長くて伸ばしっぱなし。瞳は赤紫。
背が非常に低く、ひたすらにロリロリしい見た目だが胸だけは普通にある。
頭頂部から花弁の先端だけが桃色で白い球状の花が咲いており、普段は花弁を閉じているが時々開いたりする。
言い方変えればはなかっp……ゲフンゲフン
首から膝下までを茶色っぽいローブですっぽりと覆っていて、色合い的に植物の根にも見えないことはない。裸足。
3サイズは64/45/62。

性格

本当に教師やってるのか?というレベルでひたすら軽い。バカというよりはアホ。
ただし授業の時は普通に進めてくれる。……が、たまに生徒をおちょくるような発言もある。

特殊能力

植物生成

地面や掌などから様々な種類の植物を生み出し、使役する能力。また、植物の成長を促すことも可能。
現実に存在するものからどでかい食虫植物までさまざまな物を生み出せるが、当然大きいものほど魔力消費が多い傾向にある。

花粉放射

頭の花から様々な種類の花粉を吹き出す能力。
眠気を誘ったり煙幕になったりなどと様々な種類があるが、特に筆頭すべきは可燃性の非常にい高い粉塵。
これを利用すれば植物の癖に火炎放射や粉塵爆発を起こせる代物。ちなみに花弁は火に対する耐性が非常に強い。

蜜生成

花の中で甘い蜜を生み出す能力。味も良好で、飲むと何となく気力が回復する。
これで虫を誘き寄せて食すという食虫植物めいたことを行うこともたまに。

種飛ばし

頭の花から鋭い種を飛ばす能力。植えても別に何も生えてこない。
威力や弾速は銃器に劣るが、当たれば滅茶苦茶痛いし連射が効く。

蔦伸ばし

花の根元から最大5m程度の蔦を伸ばして操る能力。操作数は最大で4本まで。
蔦はさながら自らの手足の如く、自在に操ることが可能。
蔦の耐久力はそこまで高くないが、千切られてもしばらくすれば再生する。

種族的な特性など

身体を動かしていない間は特に治癒能力が高まり、また地面から栄養を吸収可能。
例え重傷を負っても地面に潜ってしまえば一晩もせずに元通り。

装備

特になし。

概要

魔法生物学などの教師をしながら学校の花壇の管理などを行っている。
時々頭の花だけを出して地面に埋まっていることがあるが、大抵の場合は睡眠中。
引っこ抜いたら驚いて叫ぶだろうけど流石に声を聞いても死にはしない。