※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【名前】マキノ・チャロライト
【性別】女
【種族】
 マミー・アンデット族と人間のハーフ
【年齢】14歳
【学年or教師】中等部2年生
【身長/体重】145/39
【容姿】
ミイラと人間を足して割ったような容姿。
包帯は肘から先人差し指と中指以外、
一種のニーソックスにも見える位置、
左目とその周りを覆い隠すような位置に巻き付けられている。
上着はブラウン形の色のTシャツ。ボロボロで薄汚れが目立つ。
下着はチェック柄のミニスカートで、こちらも上着と同様に年期が入っている。
短めの白いフードつきマントを羽織っており、これも先端が破けている。
髪は青白いくせっ毛のショートで毛先は蒼が濃い。
右目は灰瞳で、包帯で隠されている左目は本来白い部分が黒く不気味さを感じさせる緋色の瞳になっている。
包帯で覆われている部分は一部を除き完全に光を反射しない。そして紫外線に非常に弱い為包帯の着用は欠かせない。
全体的に見て旅人とも物乞いともつかないみすぼらしい恰好。
幼さを感じさせる端正な顔立ちが、全体の雰囲気から浮いている。
【性格】
控えめで気弱、そして自分に対して自信がない。人見知りだが仲が深まれば心を開く。
容姿と家庭の環境で幼いころから迫害などに苦しんでいたため、初対面の人と会話するのが非常に苦手。
優しくされると弱い。
【特殊能力】
《木乃伊の女王―マミ-・アントワネット―》
身体に巻き付けている呪詛入りの包帯を操る能力。
飛距離は5~10mが限界で、鋭くしたり硬くしたりを調節できるが、風圧に弱く、出し過ぎると肌が露出してしまう。
《柘榴の瞳―ガーネット・アイ―》
左目に宿る能力。透視能力を持つが、本来見えない魔力を肉眼で観測できる側面も持つ。
強い光に耐えられず、また光を浴び続けると能力は弱る。
【装備】
≪カーメンズ・バンテージ≫
身体の至る所に巻き付けられている、装着している本人にのみ操れる呪詛が施されている(呪詛は肉眼では見えない)
【概要】
地方から転入してきた学生。
原因は彼女に対するいじめや迫害を見かねた両親の決断によるものらしい。
人一倍努力家で、貧乏な家庭事情を補うために成績はトップを維持している。
その為特待生として学校側から資金は得ている筈なのだが、みすぼらしい服装にはマミーとして少し拘りがあるらしい。
優秀な成績で回りから一目置かれているが、人見知りな性格も相まって彼女に近づく生徒は少ない。