「受験生」バカ母SEX献身の実例

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。






【日本語訳】「受験生」バカ母SEX献身の実例


アサヒ芸能 10/9

38歳のある母親は、15歳の息子が高校入試の勉強をせずに、夜な夜なマスターベーションしていることを偶然知る。
その母親はどうするのだろうか?
心配になった母は、夫と話し合った後、解決策を見出した。
彼女は、少年が勉強に集中できるように、毎日15分のオーラルセックスをすることにした。
父は、多分ちょっと嫉妬したのか、息子最後までやってしまわないように、彼女のためにポルノショップで貞操帯を買ってきた。
母親達は最愛の息子のことを心配して、息子が必ず成功への門をくぐれるよう、さらに積極的な役割をするのだ。
昔なら、息子を心配した母親は、勉強している息子のために、深夜のおやつを準備したり、他の家族に静かにするように注意したものだ。
しかし、アサヒ芸能によれば、もはやそうではない。
その雑誌のレポートは、ユキオ シバガキ(神奈川県茅ヶ崎市の進学塾経営者、42歳)によって収集された実話に基づいている。
シバガキは、15歳の息子が教科書でなくポルノ雑誌を見ていることを知った若い母親を紹介する。
その母親は、息子の成績が悪い原因をポルノ雑誌のせいだと考え、彼を助けることを決意する。
シバガキは言う。その夜、協力的な母親は、息子がマスターベーションするのを手伝い始めたと。
彼女は、彼が新しい英単語を10個覚えるたびに、彼のペニスをなでる(stroke)ことに同意した。
更に彼女は、彼のテストの点数が上がれば、フェラチオをすることを申し出た。
当然のことながら、少年の成績は上がった。
また、心配する母親達の中には、更に早い時期から始める人もいる。
シバガキはこんなケースも紹介する。
ある28歳の母親は、12歳の息子がテストでよい点を取った時は、いつでも彼女の裸を見せてあげるこ
とで、 彼の成績を急激に向上させた。
「たいていの少年は、裸の女性をみる機会を切望している。
多くの母親が、息子の欲望を受け入れ、学校の成績が上がれば、ご褒美に彼女の裸体をちらっと見せてあげるのだ。
他にも、若い女性の家庭教師を雇って、息子に裸を見せてあげるように言う母親もいる。」

しかし、熱心な母によって満足しているのは、エッチな息子だけではない。
アサヒ芸能によると、多くの男性の中学・高校教師が、彼らの影響力のある立場を利用して、生徒の母に要求と引きかえに自分とラブホテルに行くように頼むという。
「母親たちに自分とセックスするよう頼む教師もいます。」
と、シバガキは告白する。
「母親に、息子の姉をセックスのために差し出すよう頼む先生さえ、います。」
東京の元私立高校教師は、必死な母親たちは好色な先生の格好の餌食になっているとアサヒ芸能に語った。
「我々の学校の先生は、学生が校則に違反していないことを確認するために、その地域のゲームセンターと喫茶店を必ず週に一度訪問しなければなりませんでした。
違反が見つかった学生は、3日間の停学処分となり、話し合いのために親は呼び出されました。
魅力的な母が到着したとき、担任の先生は静かに申し出たことだろう。『生徒の出席簿から停学のことを揉み消しましょう、もし……』
ほとんどの母は申し出を受け入れ、ラブホテルに直行した。」(TI)

アサヒ芸能97/10/9

61 :文責・名無しさん:2008/08/15(金) 20:38:26 ID:W2GoogiC0
アサヒ芸能97/10/9回収。タイトルは“「受験生」バカ母8人SEX献身のギョーテン実例!”
内容は、まあ、WaiWaiにあるような内容だな。ただ、元記事には事例の中に個人名はない。
毎日の脚色なのか、ネタ元である柴垣行雄の著書から引っ張ってきたのかは判らん。

で、アサ芸にネタを提供し柴垣だが、なかなかたいした奴みたいだな。
高校をカンニングで退学になった後、大検経由で大学に進学するも、またもやカンニングで退学。
昭和54年から進学塾を始め、やがて裏口入学を請け負うようになる、と。
裏口斡旋で稼いだ金を使って、「人間性」重視の大学を創りたいとか言ってるが、
受験生の母親に関係を迫ったりとか、女生徒に裏金作りの為にぱんつ売らせたりする奴の人間性って何よ?
コイツの著書にはもっと酷い事も色々載ってるが、はっきり犯罪なのも少なくない。
それを平気で活字にしてるってことはつまり、みんなホラ話ってことなのだろう。

記事の再掲

More moms going down, to ensure grades go up」として2002年にMichael Hoffman名義で掲載されています。

再掲された理由は「Tokyo Confidential」の宣伝

854 :可愛い奥様 :2008/08/19(火) 00:53:14 ID:R9+tMphw0
"More moms going down, to ensure grades go up!"が
同じタイトルで2回記事になった理由(多分)。

1997年10月 タケシ・イトウが最初の記事を書く。内容がスタッフ(Mark Schreiber)にうける。
2001年 Mark Schreiberが「Tokyo Confidential」(WaiWaiベスト集)のために書き直す。
2002年1月 正月休みでネタがないので(※)、「Tokyo Confidential」の記事を再掲(宣伝)する。

※こう書いてあります。
During the New Year break we will be running some classic WaiWai stories from years gone past.
These stories can be found in Tokyo Confidential, a book that contains a selection of the best WaiWai stories from 1992 to
2000.

毎日新聞の母子相姦報道(1984年2月13日)

判断がつかないので、取りあえずそのままコピペします。

毎日新聞の母子相姦報道
http://slashdot.jp/~yasuoka/journal/449529
人名用漢字の新字旧字のネタを拾うべく、1980年代の新聞記事をあさっていたら、別のネタを拾い上げてしまった。冨重圭以子の
『タブーを破る母子』(毎日新聞, 第38735号 (1984年2月13日), p.13)という記事で、冨重記者が「心とからだの相談センター」(主宰・
荒川和敬)で臨時カウンセラーをやった際の体験レポートが中心だ。たまたまとは言え、妙なネタを拾い上げてしまった気がするので、
とりあえず一部を引用して、記録に残しておくことにする。

一昨年、同センターにかかった男性からの電話のうち約一割、三百件が近親相姦(ペッティングも含む)である。相手は▽母三八%
▽姉三六%▽妹一〇%▽母とペッティング八%▽義母四%▽その他四%。
荒川さんの手元には、母子相姦の相談ケース十件を録音したテープがある。うち半数は、マスターベーションを手伝ってもらっている
段階。息子は十四歳から十九歳、母親は三十五歳から四十歳。このテープを聞くと、パターンが似ているのに気付く。
まず、きっかけ。マスターベーションを母親に見られ「手伝ってあげる」と言われた、あるいは入浴中に母親が入ってきて……という
ケースが多く、母親の方が積極的だ。「高二のとき、ガールフレンドとセックスしているのを見つかってしかられ、代わりにおかあさんが」
「高校入学のお祝いに」などというのは、母親が自分の性欲のはけ口として子供を利用しているとしか思えない。「母親が妊娠、どっちの
子かわからないけど産むと言っている」というケースまである。]]

1984年のこの時点では、『密室の母と子』(潮出版社, 1980年5月)が刊行されて既に4年が過ぎており、この手のネタは、もう社会的には
ありきたりだったかもしれない。だが、いくら記者が女性だとしても、正直このレポートは、新聞本紙としては、やり過ぎだという気がする。
そもそも、そのテープの内容が真実なら、公表しちゃまずいだろう。そのあたり、毎日新聞はどう考えていた、あるいは現在どう考えて
いるのだろう?

補足

『密室の母と子 Wikipedia

朝日新聞に掲載された記事を現朝日新聞解説委員論説副主幹の川名紀美がまとめて、1980年5月15日に潮出版から発行した母子相姦に就いての調査本。
1984年10月には文庫版も発売されている。川名紀美は他に『親になれない―ルポ・子ども虐待』『再婚』『女も戦争を担った』『時代はセックスレス』等の女性に関する著作を発表している。

冨重圭以子

冨重 圭以子(とみしげ・けいこ)
毎日新聞社運動部副部長。山口県生まれ。東京外国語大学卒業。1979年毎日新聞社入社。
千葉支局、生活家庭部を経て86年から運動部。
プロ野球は87年から担当。新聞では初めての女性プロ野球担当者。
コラム「冨重圭以子のスポーツ人生」などを執筆。99年から運動部副部長。
冨重圭以子の納得の一言 - 毎日jp(毎日新聞) http://mainichi.jp/enta/sports/hitokoto/


More moms going down to ensure grades go up!


Asahi Geino 10/9

A 38-year-old mother discovers by chance that her 15-year-old darling is not
cramming for high school entrance exams, but masturbating night after night.
What does she do?
After discussing the matter with her husband, the worried mother realizes the
solution. She performs oral sex on the boy for 15 minutes everyday to help him
concentrate on his studies.The father, a tad jealous perhaps, goes to a porno
shop and come home with chastity belt for his wife to prevent the son from
going all the way.
Mothers anxious about their beloved sons are beginning to take a more active
role to ensure their boys reach the gates to success. In the old days,concerned
mothers used to help their cramming sons by preparing them late-night snacks
and telling other family members to keep quiet.But not any more reports Asahi Geino.
The magazine bases its report on allegedly true stories gathered by Yukio
Shibagaki,a 42-year-old cram school operator in Chigasaki,Kanagawa Pre-fecture.

Mothers anxious about their beloved sons are beginning to take a more active
role to ensure their boys reach the gates to success. In the old days,
concerned mothers used to help their cramming sons by preparing them late-night
snacks and telling other family members to keep quiet.But not any more,reports Asahi Geino.
The magazine bases its report on allegedly true stories gathered by Yukio Shibagaki,a
42-year-old cram school operator in Chigasaki, Kanagawa Pre-fecture.
Shibagaki introduces a young mom who found her 15-year-old son studying

「受験生」バカ母SEX献身の実例

porno books instead of text books. The mother connected the magazines with
his poor results and decided to help him out. Starting that night, Shibagaki says
the cooperative mother helped her son masturbate.the woman agreed to stroke
his penis on nights when he memorized 10 new English words.She offered him
fellatio if he came home with improved test scores.Naturally;the boy's grades
shot up.
Some anxious moms start even earlier.Shibagaki shares one case in which a
28-year-old woman rapidly improved her 12-year-old son's grades by letting
him watch her undress whenever he scored well in his exams."Most boys crave"
for a chance to watch naked woman. Many mothers accept this craving and

reward their son's academic improvement with a peek at their body.Others hire
young women turtors and tell them to pose naked for their sons."
Horny sons,however,aren't the only ones being satisfied by eager mothers.
Asahi Geino reports that many male high school teachers take advantage of
their influential position and ask students'mothers to go to a love hotel with
them in exchange for favors. "Some teachers ask mothers to make love to them,"
reveals Shibagaki. "There are even teachers who ask mothers to offer their sons'elder
sister for sex."

A former private senior high school teacher in Tokyo informs Asahi Geino
that desperate mothers are easy game for lecherous teachers"It was mandatory for
teachers at our school to visit game arcades and coffee shops in the area
once a week to make sure that students weren't violating school regulations.
Students found in violation were suspended for three days and their parents
summoned for discussions. When attractive mothers arrived,teachers in charge would quietly
offer to erase the suspension from their sons'attendance record if....
Most mothers accepted the offer and went to a love hotel immediately."
Blue by you:Many married men〜

元資料

19971005-5.jpg 19840213.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。