天皇陵発掘を宮内庁が阻む本当の理由

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。






The real reason the Imperial Household Agency blocks archaeologists from excavating Imperial tombs

宮内庁が考古学者の天皇陵発掘を妨げる本当の理由

天皇陵発掘を宮内庁が阻む本当の理由

*1

Shukan Shincho (11/9)
週刊新潮(11/9)

 Of the 20,000 or so ancient burial mounds scattered around Japan, all but a handful are accessible.
The ones that remain off limits are those that are administered by the Imperial Household Agency as the final resting places of emperors and empresses in the long line of ancestors of Emperor Akihito.
These tombs are sacred places of worship in the Imperial Shinto religion but are also of great interest to historians and archaeologists.
If they were allowed in the mausolea, the archaeologists suspect they might find clues to some unanswered questions concerning the early years of theJapanese nation.
They have been asking for permission to excavate the mounds for years now. But so far no one has been allowed to conduct a dig at an Imperial burial mound, much less enter one.
 日本中に散在している20000くらいの古墳のうち、一握りのものをのぞいたすべてに近づくことができる。
立ち入り禁止のままの古墳は、明仁天皇の先祖の長い血統の中の天皇たちの永眠の地として、宮内庁に管理されているものだ。
これらの墓所は皇室の神道の崇拝の神聖な場所であるが、歴史学者や考古学者が非常な関心をもつものである。
もし彼らがこれらのみたまやに入ることを許されたとしても、考古学者は、日本の国の始めの時代に関わるいくつかの答えられていない質問の手がかりを見つけ出せることを、疑わしく思うはずだ。
彼らはもう何年も古墳を発掘する許可を申請し続けてきた。しかしこれまでのところ、天皇陵の発掘をおこなうことも、入ることすらも、誰も許されていない。

 The agency isn't likely to open the tombs to the scholars soon, either, says Shukan Shincho (Nov.9), because the burial mounds are empty and the agency doesn't want anyone to find out.
 といっても宮内庁は学者たちに墓所を公開しそうもないと、週刊新潮(11月9日号)はいう。なぜなら埋葬塚は空で、宮内庁はそれを誰にも知られたくないからだと。

 Very little is known about the Imperial burial mounds other than what is reported by the agency in its annual report.
Shukan Shincho says two things are clear, many of the tombs have been robbed over the years, and many of them are not genuine Imperial burial mounds.
 宮内庁によって年次報告書の中で報告されること以外、ほんの少ししか天皇陵については知られていない。
週刊新潮は二つのことが明らかだという。墓所の多くは長い年月の間に盗掘され、そしてそれらの多くは本物の天皇陵ではないのだ。

 For example, no one knows for sure who is buried in the keyhole shaped tomb in Sakai ,Osaka Prefecture.
The agency says it as the burial mound of Emperor Nintoku.
In Boston, a museum has in its possession a large bronze mirror and a sword with ring-shaped designs on its hilt.
The artifacts are said to be from Nintoku's mausoleum.
If such is the case, the museum is exhibiting treasures looted from an Imperial burial mound.
 たとえば、大阪府の堺にある鍵穴型 *2 の墓所に誰が埋葬されているかを確かに知っている人は誰もいない。
宮内庁はそれが仁徳天皇の埋葬塚であるとしている。
ボストンでは、ある博物館が所蔵品として大きな銅鏡と柄に環状の意匠のある刀を所有している。
これらの工芸品は仁徳のみたまやからのものといわれている。もしそんなことが本当なら、その博物館は天皇陵から盗掘された宝物を展示していることになる。

 Shukan Shincho quotes a Saitama University professor as saying that the reason most of the keyhole-shaped burial mounds are caved in on top is because they have been broken into.
"According to one record, some scholars entered Nintoku's tomb in the mid-Edo Period and looked inside his coffin, but found that it was bare,"the professor says.
 週刊新潮は埼玉大学の教授を、次のことを言ったとひきあいにだす。
鍵穴型の埋葬塚の大部分が上部が陥没しているのは、それらが盗掘者に押し入られたからだ。
「ある記録によれば、何人かの学者が江戸時代中期に仁徳の墓所に入り、彼の棺の中をみ、それが空っぽだったことを見つけたそうです」と教授はいう。

 Another reason the agency doesn't want archaeologists snooping around is to keep quiet the fact that many of the burial mounds are incorrectly indentified.
 宮内庁が考古学者にコソコソかぎまわられたくないもう一つの理由は、多くの埋葬塚が誰のものかの特定が間違っているという事実を黙っておくためである。

 "If the agency were to admit that the designation on an Imperial burial mound was wrong and tried to designate an erstwhile normal burial mound as an Imperial burial mound, it would have to purchase land from private owners.
On their tight budget, this would be a difficult thing to do, and the socialists and communists would surely opposite it," the magazine quotes a Nara University professor as saying. (NW)
 「もし宮内庁が天皇陵の指定が間違っていると認め、かつては普通の埋葬塚だったものを天皇陵として指定しようとすれば、個人所有者から所有地を購入しなければならなくなるでしょう。
彼らの厳しい予算ではそうすることは困難でしょうし、社会主義者や共産主義者がきっと反対するでしょう」
と、奈良大学の教授がいったと週刊新潮は引用する。(Nathan Westby)

元資料

19951105.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。