「在日イラン人」の素顔と本音

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。






It's time to get to know your Iranian neighbors

貴方の隣に住むイラン人について知る時です

「在日イラン人」の素顔と本音

*1
1995,10,29
1995年10月29日の記事です
Spa! 10/25 イトウタケシ

Seven years have passed since young Iranian men started to arrive in Japan in search of work following the end of the Iran-Iraq War.
The number of Iranian visitors has totaled 300,000 by now,but we are still ignorant of these "strange neighbors."
It's time to get to know them,insists Spa!
イラン・イラク戦争の終わりをうけて、若いイラン人男性たちが、仕事を探す為に来日し始めてから七年が経ちました。
今日までに、イラン人来訪者の数は30万人に達しましたが、私たちは未だにこの「新しく来た隣人」について無知蒙昧です。
今こそ彼らについて知る時だとSPA!は主張します。

The magazine's 10-page feature on Iranians in Japan is comprehensive and concrete, covering many aspects and quoting a lot of informations.
The article begins appropriately with statistics.
Spa! informs that about 4,000 Iranian men are flying into Japan to work every year and about 20,000 are now working illegally following the expiration of their visas.
この雑誌の日本在住のイラン人についての10ページの特集記事は包括的であって、具体的です。
多岐にわたるケースを扱っていて、沢山の情報を紹介しています。
記事は統計を以って的確に始まります。
SPA!は、毎年約4000人のイラン人男性が来日していて、そして今現在、約2万人がビザが切れた後に不法就労していると紹介しています。

According to Spa!,contrary to the widespread view,most Iranians who come to work in Japan are not from poor families.Many of them are middle-class university or college graduates.
"They come here for money because the dollar sells at extremely high prices on the Iranian black market.
They earn yen here,exchange it into dollars and make a killing when they go home," explains Toshihide Aikawa, a freelance journalist.
SPA!によると、広く知られた見解とは反対に、日本に働きにきているイラン人のほとんどは貧しい家庭の出身ではありません。
彼らの多くは、中産階級の、大学か専門学校の卒業者です。
「彼らの多くはお金のために日本に来ます。なぜなら、ドルはイランのブラックマーケットで非情に高く売れるからです。
彼らはここで円を稼いで、ドルに換えて、帰国してドルを換金して、大儲けするのです」フリージャーナリストの 相川俊英は説明します。

"But they are not here because they can't make a living in Iran.
Many of them own big houses back home.
They live well."
Aikawa adds that many Iranians despise Japanese residential conditions and living standards and want to leave as soon as they reach their savings target.
「しかし、彼らはイランで生計を立てられないから日本に来ているのではありません。
彼らの多くは祖国に大きな邸宅を持っています。
彼らはいい暮らしをしているのです」
相川は、多くのイラン人は、日本の住宅環境や日本の生活水準を蔑んで、目標金額を貯めるとすぐにでも帰国したがるのだと付け加えます。

But it takes months,sometimes years to accumulate a target sum.
While in Japan,Iranians live modestly.They tend to stay home watching Japanese TV or visiting Iranian friends when they are not toiling at work.
One reason for their shyness is the desire to avoid unnecessary spending, but many live in a closed world because they find people and customs in Japan too weird.
しかし、目標の額を貯めるには、何ヶ月も、時には何年もかかります。
日本に滞在している間、イラン人たちは遠慮がちに暮らします。
彼らは、せっせと働いている最中でない時には、自宅で日本のテレビを観るか、イラン人の友人たちを訪ねる傾向にあります。
彼らが閉鎖されたコミュニティで暮らすことの理由の1つには、不必要な出費を避けようとする想いがあります。
しかし彼らの多くは、日本人と日本の習慣が奇妙すぎると気付いたから、閉じこもった世界で暮らしているのです。

"When I first came here,I thought all Japanese women were prostitutes,"Mr.M.,a four-year resident,remembers.
"In Iran,only prostitutes leave their skin exposed like Japanese women do."
「私が最初に来日した時、全ての日本女性は売春婦だと思えました」来日4年目になるM氏は回想します。
「イランでは、売春婦だけが、日本女性のするように肌を露出しっぱなしでいるからです」

It is rather well known that many Muslim visitors keep away from Japanese food because pork is used in a very subtle fashion.
But many Iranians do not even accept Japanese clothes.
Why?
"Japanese trousers look unhip," notes Mr.M.
"We like baggy pants with a plenty of room around the thighs and narrow cuffs.
You can't find them in Japan.
I ask my mother in Tehran to send me a new pair over whenever I need trousers."
日本食には、とてもかすかな形態で豚肉が紛れ込んでいるために、イスラム教徒が日本食を避けることは、かなりよく知られています。
しかしそれだけではなく、多くのイラン人は日本で販売されている服を受け入れてさえいません。
何故でしょう?
「日本のズボンはダサく見えます」M氏は述べます。
「私たちは、裾と腿に十分な余裕があるバギーパンツが好きです。
日本では見つけることができないでしょう。
私は、ズボンが欲しくなったら、テヘランに居る私の母にお願いして、新しいズボンを送ってもらうんですよ」

But not all Iranians are stubborn nonconformists.
Spa! informs its readers that there are also assimilated Iranians who eat pork,drink alcohol,buy women and ignore daily prayers.
しかし、全てのイラン人が頑固に日本の習慣に従わない人達ではないのです。
豚肉を食べ、酒を飲み、女たちを買い、日々の祈りを無視する、日本に同化されたイラン人たちもいるのだと、SPA!は読者に知らせます。

"Some of us suspended prayers and fasting," observes Mr.H.
"because,our Japanese co-workers and friends get angry if we ask about pork in a meal every time we eat together."
Photojournalist Tsuyoshi Nishiyama estimates the ratio of liberal Iranians in Japan who drink alcohol at about 10 percent.
「私たちの幾人かが祈りと断食を中断しました」H氏は自らの想いを述べます。
「なぜなら、私たちの日本人同僚や日本人の友人たちは、私たちが、食事を共にするたびに「これに豚肉が入っているか」と尋ねようものなら、怒るからです」
報道カメラマンのツヨシ ニシヤマは、日本にいる自由主義のイラン人男性のうち、飲酒をする人の割合は10パーセントほどだろうと見積もります。

Iranian men are also struggling to keep their conservative morals about women.
Mr.B. informs Spa! he is doing his best to keep away from Japanese women because he want to marry an Iranian woman who shares his Islamic values.
Spa! reports Iranian men are overwhelmingly polite and square.
イラン人男性たちはまた、女性に対しての、彼らの保守的なモラルを護ろうとしてあがいてもいます。
B氏がSPA!に語ったことによると、彼は日本女性を遠ざけるために、彼ができ得る限りの最善の手を尽くしているそうです。
なぜなら、彼はイスラムの価値観を共有できるイラン人女性と結婚したいと考えているからです。
SPA!は、イラン人男性は圧倒的に礼儀正しく、真面目だと報告します。

They blush at questions about sex and denounce adultery.
Feeling that these harmless men are widely misunderstood (the magazine's earlier survey on Japanese women found that Iranian men were the least favored international date), Spa! listens to a 27-year-old Japanese woman dating an Iranian.
彼らはセックスに関する質問に赤面し、不義密通を糾弾します。
これらの無害な男性たちが広く誤解されていると感じて、(この雑誌が以前行った日本人女性に対する調査では、イラン人の男性がデートの相手として最も好評ではありませんでした)SPA!はあるイラン人とデートをしている27歳の日本女性に取材しました。

"Before I met him," she recalls, "I used to think Iranians were dreadful.
But soon I learned that they are well-mannered,cheerful and kind people."
The informant reveals that her boyfriend is so considerate to tell her that he doesn't want to take her with him when he goes home because he doesn't want to see her suffer in a very different culture.(TI)
「彼に会う前は」彼女は回想します。「私はイラン人たちは恐ろしいと思っていました。
けれどすぐに、彼らは行儀よく、愉快で親切な人たちだと学びました」
彼女は、彼女の恋人はとても思いやりがあるのだとも打ち明けます。
何故なら彼は、彼女が非常に異なった文化に苦しむのを見たくないので、イランに里帰りする時に彼女を伴いたくないと告げるからだそうです。
(タケシ イトウ)

元資料

19951029.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。