創価学会は脱会者の脅迫、いじめ中止

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。






Strong parallels between AUM,Soka Gakkai revealed

オウム、創価学会の間で納得な類似性が明らかに

創価学会は脱会者の脅迫、いじめ中止

*1
創価学会は脱会者の脅迫、いじめ中止 1995,05,28
Strong parallels between AUM,Soka Gakkai revealed
Shukan Jitsuwa 6/8 By Masuo Kamiyama
オウム、創価学会の間で納得な類似性が明らかに
週刊実話 6月8日号     By カミヤマ・マスオ

Once upon a time in Japan, a new religious group sprang up under the guidance of a charismatic leader.
It built sprawling facilities at the foot of Mt.Fuji and created its own kingdom, in which it appointed top leaders to such posts as the "Minister of Education,""Minister of Construction,""Minister of Propaganda" and "Minister of Military Procurement."
It engaged in scathing denunciations of rival religious groups.
Members ran for seats in the Dict.
Large monetary offerings were an obligatory part of belonging.
And disillusioned members bold enough to try and leave it were roughed up,threatened, followed on the street and subjected to a variety of harassment that resulted in numerous clashes with the law.
ある時日本で、新興宗教団体がカリスマ的な指導者の導きの元に現れた。
団体は富士山の麓に壮大な施設を建設し、自らの王国を作り上げ、そこでは幹部指導者達を「文部大臣」「建設大臣」「外務大臣」「防衛大臣」といったポストに任命した。
団体はライバルの宗教団体の容赦のない批判に携わっていた。
会員達は衆議院に立候補した。
多額のお布施は会員の義務であった。
そして教団を去ろうと勇気を出した迷いから覚めた会員は暴力を受け、脅迫され、跡をつけられ、おびただしい法律に抵触することとなる嫌がらせに晒された。

If anything,writes Shukan Jitsuwa,the number of incidents involving this group far surpasses the acts of the relative newcomer AUM Shinrikyo.
どちらかといえば、ある団体がかかわった事件の数がこの比較的新興のオウム真理教の行為をはるかに凌駕する、と週刊実話は書いている。

The group's name is Soka Gakkai.
The members of the "value-creating society,"whose unofficial numbers incorporate at least six million households in Japan,were shocked recently by the revelation that their Chairman Emeritus,Daisaku Ikeda,had been targeted for assassination by AUM's"Interior Minister" Tomomasa Niimi.
Before Niimi could go through with the attack, however he inadvertently exposed himself to the sarin he had intended to use on Ikeda and had to undergo emergency treatment.
その団体の名は創価学会という。
日本で少なくとも非公式で600万世帯が加入している「価値を創りあげる社会」の会員は最近彼らの名誉会長、池田大作がオウムの「自治大臣」新実智光に暗殺のターゲットとされていたとの新事実に衝撃を受けた。
新実は襲撃を遂行する前に、しかしながら池田に使用する目的だったサリンをうかつにも自分で浴びてしまい、緊急手当を受けなければならなくなった。

Masatomo Yamazaki,a former legal counselor for Soka Gakkai,tells Shukan Jitsuwa that comparisons between the two religious leaders reveal some remarkable parallels.
"Asahara told AUM followers he was the 'last savior of the century' and 'the final sole survivor';to his adherents,Ikeda is the 'one true Buddha.'
創価学会の元顧問弁護士の山崎正友はこの2人の宗教指導者は驚くべき類似点を見せていると週刊実話に語る。
「麻原はオウムの信者に彼は「今世紀最後の救世主」「唯一の最終解脱者」だと言っていました。
信徒にとって池田とは「真なる唯一の仏陀」。

Both men are driven about in luxury limousines.
Asahara's activities are administered by a 'Special Affairs department'; Ikeda's by the 'No.1 General Affairs section.'
Both groups follow the practice of having believers consume the scraps left over from their leaders' meals.
And close similarities can also be found in both men's tendency toward being suspicious of almost everyone, as well as their fondness for female companionship and preoccupation with money."
どちらも豪華なリムジンで移動しています。
麻原の活動は「法王官房」によって管理されています。池田のは「第一庶務」によってです。
どちらの団体も指導者の食事の残飯くずを信者に食べさせるという慣習に従っているんです。
そしてどっちの男もほとんど全ての者を疑う上に女に手をつけるのが好きで金銭に夢中という傾向にも酷似点が見受けられますね。」

But that's not all,Shukan Jitsuwa also notes that Soka Gakkai has also made efforts to extend its mission to Russia and other foreign countries, browbeats followers into making large donations, has attempted to cultivate academics and placed its spies inside government organizations.
しかし、話はそこで終わらない、と週刊実話は、創価学会はロシアや他の外国へ布教を拡大することに手を尽くし、信者を威圧して多額の寄付をさせ、専門家の育成を企てており、政府機関内部にスパイを送り込んだと指摘する。

The scenes of police searching AUM facilities came as a major shock to Soka Gakkai.
Ikeda reportedly ordered his legal advisers to consider the implications that any new legislation may have on his group.
Not surprisingly,Soka Gakkai is said to be totally opposed to revisions in the law, using its political influence and other measures to block any passage.
警察がオウムの施設を捜索する光景は創価学会にとって大きな衝撃となった。
池田は繰り返し彼の顧問弁護士達にどんな新しい法律も自分の団体に及ぶかもしれないという影響を検討するよう命令した。
当然のことながら、創価学会は法改正に完全に反対と言われており、政治における影響力や他の手段をあらゆる法の成立を阻止するために使っている。

One side effect of the scrutiny directed towards AUM is that to avoid drawing further attention to itself.
Soka Gakkai appears to be relaxing its campaign against harassment of priests and lay members of Nichiren Shoshu, the parent Buddhist seet that excommunicated Soka Gakkai several years ago.
オウムに対して向けられた厳しい捜査のとある思わぬ結果は創価学会へのこれ以上の注目を引くことを避けたことである。
創価学会は数年前に創価学会を破門したと認める宗門仏教一派、日蓮正宗の僧侶や一般信者へのいやがらせに対するキャンペーンを緩めているようだ。

Even more fearsome to Soka Gakkai than a nerve gas attack against its leader, Shukan Jitsuwa suggests, is it revision in the law governing the activities of religious bodies.
The Buddhist lay group,it says,is likely to pull out all the stops to prevent such a move from taking place.(MK)
創価学会にとって指導者に対する神経ガス攻撃よりもさらに恐ろしいのは、宗教法人の活動を管理する法律の改正である、と週刊実話は示唆する。
任意宗教団体はこのような動きが起こるのを回避するために全力を尽くしているようだ、と週刊実話は言う。
(カミヤマ・マスオ)

備考

山崎正友
http://f17.aaa.livedoor.jp/~yamatomo/

元資料

19950528-1.jpg 19950528-2.jpg


関連ページ


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。