“売名”によく効く個人広告

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。






How to leave a lasting impression on people

いかにして人々に、いつまでも続く印象を残せるか

”売名”によく効く個人広告

*1
”売名”によく効く個人広告  1995,7,16
How to leave a lasting impression on people
いかにして人々に、いつまでも続く印象を残せるか
Denim August  タケシ イトウ

Brought up in a society which discourages acts of self-promotion,many Japanese find it difficult to sell themselves to a desired person,be it a business acquaintance or an attractive member of the opposite sex.
 セルフプロモーション活動を思いとどまらせるような社会で育って、 多くの日本人は、是非売り込みたいと思っている層 、それが取引先の人間がろうが魅力ある異性だろうが、自分を売り込み、価値を認めさせることは難しいと気づきました。

How can we leave an imprint in the mind of someone we want to impress?
Denim tackles this classic question in a 10-page feature filled with concrete suggestions.
どうやったら私たちは、印象付けたいと考えている人たちの心に、強い印象を残すことができるのでしょう?
デニムはこの昔ながらの問いかけに、具体的な提言を満載した10ページの特集を以って取り組んでいます。

The ideas the magazine lists for the needy reader ranges from unconventional to familiar and from costly to inexpensive.
いい宣伝方法を病的に欲している読者に向けて、型破りなアイディアから、おなじみのもの。
お金がかかるアイディアからかからないものまでを、この雑誌は書き連ねています。

The most unusual method Denim introduces is screening a personal promotional video in a movie theater.
デニムが紹介している最も変わった方法は、映画館で個人のプロモーションビデオを流すことです。

There is one particular cinema in Tokyo, Higashi Nakano Box,which is selling a 15-second slot for anyone who wants to use the silver screen as his or her billboard.
The magazine says it costs 30,000 yen a month to have a personal ad or a videotaped work of art screened every day at the theater.
東京にこれまた独特な映画館があります。東中野館なのですが、彼または彼女自身の広告板として使いたい人に向けて、銀幕を15秒の時間枠で販売しています。
毎月三万円払えば、個人広告ないし撮影されたアート作品を、毎日映画館で上映してくれるのだと雑誌は述べます。

An even more spectacular display is available for desperate self-promoters with money to burn.
さらに目を見張るようなディスプレイは、うなるほどの金をかけることができる死に物狂いの自己演出家向けの方法です。

Denim tells its readers that a professional fireworks agency can set large block letters on fire with a big bang for about 300,000 yen.
デニムは読者に、30万円を支払えば、プロの花火店が全精力を傾けて、大きいブロック式字体を花火にして打ち上げてくれると語ります。

But the service is only available on two conditions--the client must secure enough open space for a fireworks display and make the reservation more than 1 1/2 *2 months before the scheduled date of the display.
しかしこのサービスは二つの条件が揃った場合にのみ受けることができます。
依頼者が、十分な開けた土地を花火店に用意することができ、なおかつ広告を行う日取りの一ヵ月半以上前に予約を入れなくてはなりません。

Other methods Denim recommends are less bold.
デニムが薦める他の手法は、これほどには派手ではありません。

They involve printing of personal names,faces and messages on a variety of items from manju (a bun with a beam paste) to wine bottles.
For example,making a set of 20 manju bearing a name as giveaways costs 7,500 yen,according to the magazine.
饅頭(あんこ入りの丸パン)からワインボトルまでの様々なグッズに、個人名や顔・メッセージを印刷する方法です。
例を挙げると、無料贈呈品として名前入りの饅頭を20箱作るには、この雑誌によると7500円かかるそうです。

If printing names and faces on things like mugs and business cards and handing them out seems tame,one can ask a company called Another One to manufacture a three-dimensional likeness--a stuffed doll that looks like oneself.
もし、マグカップや名刺などに名前や顔を印刷して配ることが単調でつまらなく思えるのなら、アナザーワンという会社に、『三次元の似顔絵』、つまり本人に似たぬいぐるみの人形を製作するように頼むことができます。

According to Denim,the company asks 20,000 yen for making a "comical" doll on the basis of a single portrait photo and 38,000 yen for manufacturing a "real" doll on the basis of three or more frontal pictures.
These dolls are meant to serve as an impressive present,reminds the magazine.
デニムによると、その会社は、一枚の肖像写真をもとにしたコミカルな人形を作るには2万円を請求し、三枚かそれ以上の枚数の正面から撮られた写真をもとにした、精巧な人形を製作するためには3万8千円を請求するそうです。
それらの人形は、印象的なプレゼントとして提供されるために作られているのだと雑誌は指摘します。

Will shy Japanese go this far?
Denim definitely thinks so.
どうして恥ずかしがり屋で引っ込みじあんな日本人がここまでやってしまうのでしょう?
デニムは本当にそう思います。

The magazine directs the reader who is not too impressed with the idea of a likeness doll to a made-to-order bust.
この雑誌は、そっくりさん人形にさほど感銘を受けなかった読者に、オーダーメイドの胸像を薦めています。

"It will be good to make your own bust and give it to your girlfriend as a present," argues the magazine,adding,"Making your girlfriend's father's bust will also help you win his approval."
「自分の胸像を造り、恋人にプレゼントとして贈るといいですね」雑誌は主張し、付け加えます。
「あなたのガールフレンドの父親の胸像を造ることもまた、彼の信認を勝ち取ることに繋がるでしょう」

According to the magazine,a Tokyo company called Kinyosha uses computer analysis and manufactures a bust to order in two weeks for 170,000 yen.
この雑誌によると、キンヨウシャという東京の会社は、注文から二週間のうちに、コンピューター解析を使って17万円で胸像を造ってくれるそうです。

While Japan's print media is not known for personal ads,there are a few magazines that avail pages to individual advertisers.
日本の活字メディアは個人広告では知られていません。
個人広告主たちに向けたページを用意している雑誌は数冊のみです。

Denim says that a bimonthly covering performing and graphic arts called DICE is offering a tiny publicity space measuring 1/24th of an A-4 size page for 5,000 yen.
デニムは、DICEと呼ばれるパフォーマンスアートとグラフィックアートを扱っている隔月刊誌が、A4紙面の24分の1のスケールのとても小さな広告スペースを5000円で提供していると言っています。

Some readers are using this space to look for employment while others are making use of the arrangement to put out their creative work,notes Denim.(TI)
他の人々がこの取り決めを創造的な作品を生み出すために活用している一方で、幾人かの読者はこのスペースを雇用を見つけるために使っているのだとデニムは注記します。(タケシ イトウ)

元資料

19950716-1.jpg 19950716-2.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。