Chinese soy sauce from human hair leaves fatal aftertaste in Japan

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Chinese soy sauce from human hair leaves fatal aftertaste in Japan

人間の髪から作られた中国製の醤油は、日本で致命的な後味を残します。


(2004年11月17日配信)
By Ryann Connell
ライアン・コネル

Chinese soy sauce made from human hair is cancer causing and restaurants throughout Japan could be using it, screams Asahi Geino (11/25).
人間の髪から作られた中国の醤油は、癌を引き起こします。
そして、日本中のレストランでそれが使われたかもしれません、とアサヒ芸能(11/25)は悲鳴を上げました。

From January to September last year, 653 tons of soy sauce was imported from China.
1月から昨年の9月まで、中国から653トンの醤油を輸入しました。

"Chinese restaurants make up the bulk of places in Japan that use Chinese soy sauce," an insider in the traditional Asian condiment industry tells Asahi Geino.
"Chinese soy sauce goes better with Chinese food than the Japanese-made product does."
「日本の中華料理屋は中国の醤油を使用して容量を補います。」と、伝統的なアジアの調味料産業のインサイダーはアサヒ芸能に伝えました。
「中国の醤油は中華料理に合っています。日本の製品よりも」

Fears about Chinese soy sauce were sparked by a report on Chinese TV that noted local makers were using human hair to create their condiments.
Japanese soy sauce makers used to use human hair, too.
中国の醤油に関する恐怖は中国のテレビの上のレポートによってかきたてられました。
それは、ローカルのメーカーがそれらの調味料を作成するのに人間の髪を使用していたことを世に知らせました。
日本の醤油メーカーは以前はよく人間の髪も使用していました。

"During the Pacific War (World War II), food shortages meant that the soy beans used to make sauce instead became a foodstuff and hair was gathered from barbers and used to make ersatz soy sauce," Satoshi Noguchi, the boss of Noguchi Rihatsu barbershop in Kashiwa, Chiba Prefecture, tells Asahi Geino.
「第二次世界大戦の間の食糧不足が、醤油の原料の大豆の代わりに、床屋から集められた髪を使って代用醤油を作っていました。」と、ノグチ・サトシ(柏、千葉県のノグチ理髪店のボス)はアサヒ芸能に語りました。

Human hair makes an alternative to soybeans because it contains the amino acids that give the sauce its flavor.
Some say Chinese soy sauce makers who use hair as an ingredient are posing a cancer risk because of the powerful chemicals they use to extract the amino acids from human hair.
風味を醤油に与えるアミノ酸を含んでいるので、人間の髪は大豆の代替手段になります。
ある者は、成分として髪を使用する中国の醤油メーカーが、人間の髪からアミノ酸を抽出するのに使用する強力な化学物質のため癌の危険を引き起こしていると言います。

Chinese soy sauce manufacturers say they want to continue making human hair sauce because it's much cheaper than using soybeans.
But outrage caused the Chinese government to ban the process, although many unscrupulous soy makers continue prowling barbershops for their economic alternative.
中国人の醤油メーカーは、大豆を使用するよりはるかに安いので、人間の髪を醤油にするのを続けて欲していると言います。
しかし、中国政府はその暴挙を禁止しました。多くの無遠慮な醤油メーカーが、それらの経済代替手段のために理髪店を徘徊し続けていますが。

"It's not the hair that causes cancer," the soy sauce business insider says, adding that it's possibly caused by MCP, a fluid in the body associated with the breakdown of proteins and increasingly accused of having a potential link to the disease.
「その髪は、癌を引き起こすだけではありません」と、醤油ビジネスインサイダーは言います、それどころか、MCP(※体液のタンパク質の破壊につながる病気と潜在的に関連しています)を引き起こすと付け加えます。※括弧内の翻訳はちょっと自信が無いです。

China is clearly treating human hair sauce as a problem.
Japan bans the use of soy sauce made from anything other than organic proteins, so the animal proteins in human hair sauce are naturally banned.
中国は明確に人間の髪の醤油を問題として扱っています。
日本が有機的なタンパク質以外の何からでも作られた醤油の使用を禁止するので、人間の髪の醤油の中の動物性たんぱく質は自然に禁止されます。

That's not to say some of the controversial sauce hasn't already been imported.
しかし論議を呼ん醤油が既に輸入されていないと言うというわけではありません。

"We confirm ingredients and production methods at 31 inspection points at sea or airports throughout the country and have not had a single report of that nature since the start of this year," a spokesman for the Ministry of Health, Labor and Welfare says.
"Perhaps this product was never imported."
「私たちは、海の31検査点か全国いたる所の空港で成分と生産方法を確認して、今年の始まり以来その種類のただ一つのレポートを持っていません。」と、厚生労働省のスポークスマンは言います。
「恐らく、この製品を決して輸入しませんでした。」

Yet, most food inspections at customs are little more than a cursory glance at documents, keeping alive the possibility that some of the human hair sauce may have slipped through.
しかし、税関のほとんどの食品監視がただ書類をちらっと見るだけです。人間の髪の醤油がすり抜けたかもしれない可能性が残っています。

"It's just not realistic to examine all the soy sauce imported from China," a ministry spokesman tells Asahi Geino.
"There's no way we could even possibly do it."
「中国から輸入されたすべての醤油を調べるのは、ただ現実的ではありません。」と、省のスポークスマンはアサヒ芸能に語りました。
「絶対、私たちはそれができてさえいませんでした。」

拡散状況

JREF
http://www.jref.com/forum/archive/index.php/t-13146.html
英語サイト
部分転載:http://www.democraticunderground.com/discuss/duboard.php?az=show_mesg&forum=389&topic_id=787215&mesg_id=787215
http://forums.nasioc.com/forums/showthread.php?t=1299002
部分転載:http://www.garyandmegumi.com/blog/archives/000208.html
部分転載:http://www.relentlesslyoptimistic.com/2004/11/chinese_soy_sau.html
海外ブログ
部分転載:http://www.angelfire.com/trek/taro/funtokyo/index.blog/304388/hairy-taste-soy-sauce-for-japan/
アイスランド語?
http://raus.is/beta/?p=746
コメントの1件目
svarið var; Tönn eða ekki, éttu þetta bara ;). Ég er að jafna mig á hugmyndinni um að sojasósa sé gerð úr mannshári (http://mdn.mainichi.co.jp/waiwai/0411/1117soysauce.html) og skil þig vel.
Hvað með að hóta því að fara í mál, þú ert nú einu sinni í Ameríku, nú eða labba í stúdentablaðið með fullbúna grein, væri ekki hægt að leggja hana inn sem verkefni líka?

Bestu kveðjur
Spörri, sem er eitt af commentalausu hittunum.
ハンガリー語?
http://www.veg.hu/modules.php?file=viewtopic&name=Forums&start=30&t=51
Sziasztok!
Kicsit henyéltem az ünnepek alatt, utánSmile Ugyan most nincs túl sok időm, de gondoltam ezt beírom. Kínában a >szójaszósz előállítására gyakran használnak emberi hajból előállított "ciszteint". Nemrég olvastam és szakik is megerősítették az infót!
http://mdn.mainichi.co.jp/waiwai/0411/1117soysauce.html

Ja, tofu előállítására meg gipszet! (itthon)


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。