「女の子の仕出しはいかが?」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Wanted:Bikini-clad high school girl on a skateboard

探してます、≪ビキニを着てスケートボードに乗る女子高生≫

「女の子の仕出しはいかが?」

*1
タケシ イトウ  1997,2,16
Shukan Asahi 2/14

By now,readers of this page must have added the word,joshikosei(female senior high-school students),to their vocabulary.
そろそろ、このページの読者は、ジョシコウセイ(女性高校生徒)という語彙を習得せねばなりません。

In the last two years, Japanese magazines carried as many as 200 articles on joshikosei and the teenage girl's popularity with magazine editors shows no signs of decline.
ここ2年間で、日本の雑誌は女子高生に関する200件相当の記事を載せていますし、雑誌編集者たちの間での10代の少女人気は衰える気配を見せません。

In the eye of critical observers,things are getting worse.
They say radical stories with headlines like "enjo kosai(having a sugar daddy) is like living in a paradise" and "joshikosei are casually taking amphetamines to increase sexual pleasure and lose weight" have increased in number.
批判的な観察者の視点で見ると、事態は悪化していっているそうです。
「援助交際(パパ(若い女にせっせと貢ぐ中年男)を持つこと)は楽園に住むようだ」や、「女子高生は、性的悦びを増し、ダイエットするために、気軽にアンフェタミン(中枢神経興奮剤)を使う」といった見出し付きの過激な記事の数が増加していっているのだと、彼らは言っています。

Brown-haired teen-age girls wearing school uniforms and loose socks have become a common sight on TV as well.
We find them not only in documentary and news programs but also in such game shows as "Maketara Akan!" (Don't Allow Yourself To Lose!),where girls compete by trying to shed uniforms and put on street clothes quickly without exposing themselves too much.
おまけに、制服を着てルーズソックスを履いた10代の茶髪の少女たちは、テレビでお馴染みの光景になりました。
我々は彼女たちを、ドキュメンタリやニュース番組でだけではなく、例えば「まけたらアカン!」(Don't Allow Yourself To Lose!)のような、制服を脱ぎ捨てて、私服を なるべく肌を露出しないように素早く着ることを少女たちが競い合う視聴者参加型のクイズ番組でも見つけることができます。

The incredibly large number of joshikosei making media appearances makes Shukan Asahi wonder where they all come from.
The magazine's staff writer,Keiko Hamada,meets Takako-chan,a "joshikosei promoter" who is behind many of the articles and TV shows.
信じられないほど たくさんの女子高生がメディアに露出している事実は、彼女たちは一体どこから来ているものかと週刊朝日を不思議がらせます。
この雑誌のスタッフライターのケイコ ハマダは、多くの記事やテレビ番組の裏に存在するタカコちゃんという≪女子高生興行師≫に会いました。

According to Shukan Asahi,Takako-chan is a senior at a prestigious private senior high school in Tokyo.
Her short skirt,died-brown hair and loose socks make her a perfect target for shady joshikosei scouts who ply Shibuya's Sentaagai Mall,but Takako-chan is their formidable competitor in disguise.
She makes more than 100,000yen a month by calling her friends and introducing them to editors and producers.
週刊朝日によると、タカコちゃんは 東京にある名門私立高校の三年生だそうです。
彼女の短いスカート、茶髪とルーズソックスは彼女を、女子高生を狙って渋谷センター街を往来するいかがわしいスカウトの格好のカモに見せます。けれどタカコちゃんは扮装している、彼らの恐るべき競争相手なのです。
彼女は友人を呼び出して、編集者やプロデューサーに紹介することで、月に10万円以上を稼ぎます。

Takako-chan began to work as a joshikosei promoter about a year ago when an editor first asked her to appear in a magazine and then to introduce her friends.
Making use of her thick telephone book,Takako-chan has since taken care of all kinds of introduction requests.
She tells the reporter that work used to be easy,but nowadays editors and producers are asking difficult--- if not impossible--tasks,like finding a joshikosei who can eat 100 bagfuls of potato chips or introduce a girl who doesn't mind skatebording in a bikini.
タカコちゃんは、とある編集者が初めて、彼女に雑誌に出て、それから友達を紹介してくれないかと依頼してきた約一年前に女子高生興行師として働き始めました。
以来、彼女の分厚い電話帳を活用して、タカコちゃんはあらゆる種類の紹介要請の世話をし始めました。
彼女はレポーターに、仕事は前は簡単だったけど、今は編集者とプロデューサーが難しい…不可能とは言わないまでもね…仕事を頼むんだ、例えばポテトチップ100袋を食べられる女子高生とか、ビキニでスケートボードするのを嫌がらない女子高生を探せとか言うの、と語ります。

According to Shukan Asahi,Takako-chan did not build up her extensive network of friends and acquaintances with the introduction business in mind.
She used to be an avid fan of a rock band called "Kinniku Shojotai" and her networking started when she handed out her name cards to like-minded girls at the band's concerts in a bid to exchange gossip and information.
These days, Takako-chan is fully aware of the commercial value of her friends and she continues to increase contacts by going to places where joshikosei hang out.
Takako-chan tells Shukan Asahi that she has an advantage over others trying to scout joshikosei because she is a high-school student herself.
週刊朝日によると、タカコちゃんは紹介業に使う 広大な友達と知人のネットワークを、意識して築きあげたわけではないそうです。
彼女はかつて、≪筋肉少女帯≫というロックバンドの熱烈なファンでした。
そして、ゴシップや情報をいち早くやり取りするために、このバンドのコンサートで名刺を同好の少女達に配った時に、彼女のネットワークは始動しました。
最近では、タカコちゃんはすっかり 彼女の友達が持つ商業的価値に気づいていますし、女子高生が たむろする場所に行くことによってコネを増加させ続けています。
タカコちゃんは週刊朝日に、女子高生をスカウトしようとしている他の人間よりも私は有利なのと言います。
なぜなら、彼女自身が女子高生だからです。

Takako-chan is a true professional who takes pride in her ability to introduce all types of joshikosei.
Her minimal fee for an introduction is 8,000 yen.
She takes 3,000 yen,in the name of a "coordination fee," and hands 5,000 yen to the girl.
When a client wants a joshikosei who is willing to recount her prostitution experience,Takako-chan usually asks for at least 10,000 yen in payment for the girl and 3,000 to 5,000 yen for herself.
タカコちゃんは、あらゆるタイプの女子高生を紹介する能力に誇りを持つ真のプロです。
彼女の紹介の最低費用は一件8千円です。
彼女は≪紹介料≫の名の下に3千円をとり、紹介する女の子には5千円を渡します。
依頼者が 売春経験を詳しく話すことに乗り気な女子高生を探している時には、タカコちゃんはいつも、少なくともその少女に対する報酬として1万円を要求し、自分には3千円から5千円を要求します。

The agent informs Shukan Asahi that girls consider television and magazine appearances a good-paying variety of part-time work.
Knowing this, Takako-chan is extra careful not to undersell,but sneaky old men spoil her effort from time to time.
Blasts Takako-chan:"There are people who refuse to pay me the amount they agreed on or others who pocket a portion of payment behind my back.
Those people really make me angry.
They think I'm an ignorant joshikosei they can take advantage of."(TI)
この仲介者は週刊朝日に、少女たちはテレビ出演や雑誌出演を、割のいい類のアルバイトだと考えているのだと告げます。
このことを知って、タカコちゃんは安売りしないように細心の注意を払っています。
けれど、ずるい老人たちは時々、彼女の努力を台無しにします。
「納得したハズの金額を支払うのを拒む人がいるの。私に隠れて、報酬の一部をピンハネしたりね。
こういうやつら、本当にムカつくわ。
私を無知で、いいように使える女子高生だと思ってるんだから」と、タカコちゃんは激しく非難します。
(タケシ イトウ)

関連情報

アンフェタミン
合成覚醒剤。法律で規制されています。
wikipedia アンフェタミン

元資料

19970216-1.jpg 19970216-2.jpg 19970216-3.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。