「ネコ食い」ぶつ切り釜料理の残酷

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




kinawans taste for pussy leaves animal lovers stewing

沖縄人の猫食好みが動物愛護家をカンカンにする

「ネコ食い」ぶつ切り釜料理の残酷

*1
0
「ネコ食い」ぶつ切り釜料理の残酷 2000, 02, 13
Okinawans taste for pussy leaves animal lovers stewing
Shukan Josei 2/15 By Cheryl Chow
沖縄人の猫食好みが動物愛護家をカンカンにする
週刊女性2/15号        シェリル・チャウ記

1
 Garfield, the lazy, uppity cat of cartoon fame is going to have to watch his fat behind, at least if he ever visits Okinawa.
Shukan Josei reports that ailurophiles of the region have been stewing with rage since a garish fact came to light: Cats are being butchered for food.
Feline flesh, the locals believe, has curative properties for asthma.
And black cats in particular are said to be yummy in soup.
 漫画で高名な怠惰で威張った猫・ガーフィールドも、彼が沖縄に訪れるときばかりは、彼のでっぷりした尻に気をつけなくてはいけないことになるだろう。
週刊女性の報告によると、沖縄の愛猫家は、とんでもない事実が明るみに出て以来怒りでカンカンになっている:猫肉が食用として食肉解体されているのだ。
猫の肉には、地元の人々の信じるところでは、喘息を治療する効能があるそうだ。
そしてとりわけ黒猫はスープにいれるとうまいといわれている。

2
 “The Animal Protection Association” in the city of Ginowan in Okinawa was tipped off last December by a volunteer caretaker of local cats.
The woman stumbled on a horrifying practice while she was looking for missing cats.
She discovered a business selling cat meat allegedly run by an 84-year-old woman.
When a member of the aforementioned association visited the old woman's residence, he found and rescued 10 cats locked up in a sunless room, waiting for slaughter.
The old woman claimed that she's been in the cat meat business since 1945, and never once been criticized.
“It's what I do for a living.
I have the right to do whatever I want with the cats I get,” she asserts.
The old woman pays 2,000 yen per head for cats taken off the streets, and 5,000 yen for bona fide pets.
 沖縄の宜野湾市にある「動物保護協会」は、昨年12月に、ボランティアの地元の猫の世話人から内報をえた。
彼女は、迷子の猫を探している間に、ぞっとするような慣習に偶然出くわした。
84才の老女が経営しているといわれている猫肉売りの商売を発見したのだ。
上述の協会の構成員が老女の住居を訪ねたとき、日のあたらない部屋に閉じ込められた食肉解体を待つ10匹の猫を、彼は見つけて救助した。
老女は、自分は猫肉商売を1945年以来続けていて、一度として非難されたことがないと主張した。
「これは私が生計のためにしていることです。
私には、自分が捕まえた猫に自分がしたいことを何だろうとする権利があります」と彼女は断言する。
この老女は、町で捕まえた猫一匹につき2000円、れっきとしたペットなら5000円を払う。

3
 The magazine contends that while still alive, these cats are stuffed separately into a burlap bag and drowned in a bucket of water.
Their bodies are then hacked into small chunks.
 週刊女性は、生きているうちに、これらの猫は別々に黄麻布の袋に詰められバケツの水の中で溺死させられると、強く主張する。
そして死骸は小さな塊に叩き切られる。

4
 There are more ways than one to skin a cat, however.
On Dec. 27 last year, the police received a report that a man in his 60s was roasting cats on a burner.
A neighbor smelled something foul and when she went to check, she was greeted with a hellish sight.
There lay a roasted cat, one blackened paw raised to heaven.
And next to the crisply burnt corpse was the lifeless form of a stray cat the woman had befriended.
As the horrified woman watched, the man threw it on the burner.
But apparently, the cat had only been stunned: as its flesh began to sizzle, the cat shot into the air with a blood-curdling screech.
Undaunted, the man grabbed it and gave it a hammer blow, knocking it out for good.
The man then proceeded to cook the animal on the burner.
 しかしながら、猫の虐待の方策は一つどころではない。
昨年の12月27日、警察は60代の男性が燃焼装置で猫をあぶっていたという報告を受けた。
近所の人がなにかひどいものの臭いをかいで、調べに行ったとき、彼女を待ち構えていたのは地獄のような光景だった。
そこにはあぶられた猫が、黒くなった足一本を天にあげて横たわっていた。
そしてそのカリカリに焼かれた死骸の横には、彼女が世話をしていた野良猫の意識のない姿があった。
震え上がったその女性が見ていると、その男性は野良猫の死骸を燃焼装置の上に投げた。
しかしどうやら、その猫は失神していたに過ぎなかったようだ:猫の肉がジュージュー焼き始められると、猫はあたりに血も凍るような甲高い声を発した。
びくともしないで、その男は猫を掴みハンマーの一撃を与え永遠に気絶させた。
そして男は燃焼装置の上の動物の調理を続けた。

5
 When the police apprehended the man, he confessed to having eaten cats once or twice a year for five years.
He maintained that it's good for his asthma.
 警察がその男を逮捕したとき、彼は5年の間に年に1度か2度の割合で猫を食べていると自供した。
彼は、猫は彼の喘息に効くと主張した。

6
 “Besides, the meat is tasty, better than chicken flesh and there's little fat,” he said.
There is, by the way, no medical evidence for this claim.
According to Shukan Josei, while some Okinawans vehemently deny that cats are eaten, others proudly claim that it is part of Okinawan culinary culture.
 「その上、猫肉はおいしく、鶏肉より優れていて、脂肪もほとんどありません」と彼はいった。
ところで、この主張を支持する医学的な根拠などありはしない。
週刊女性によると、何人かの沖縄県民は、猫が食べられていることを猛烈に否定するものの、他の人たちは、それは沖縄の料理文化の一部だと誇りを持って断言する。

7
 Cats became grub, the magazine conjectures, because most houses in Okinawa in the war-ravaged years were infested with rats.
So every household kept a cat.
And when people came down with illnesses like asthma, they would throw the resident cat into a pot and simmer it with herbs.
 猫が食べものになったのは、週刊女性が推測するには、戦争によって荒廃した年月の間に沖縄のほとんどの家にネズミがはびこっためだ。
そのため全ての世帯は猫を飼った。
そして人々が喘息のような病気にかかったとき、かれらは飼い猫を深い容器に入れ香料植物とともにぐつぐつ煮たのだ。

8
 Animal lovers are outraged.
Since there is no paw-city, er, paucity of food in the city of Ginowan or elsewhere in Japan, they fume, there is absolutely no reason why pets should be consumed.
Last December, the Diet passed a law stating that killing or abandoning a pet without reason will result in a one-year sentence or less than 1 million yen in fines.
Perhaps this will help curb the recent spate of brutal killings and maiming of innocent animals.
 動物愛好家たちは激怒する。
日本では宜野湾市でもどこでも食料のケツビョウ(欠猫)、もとい、ケツボウ(欠乏)などないので、かれらは苛立つ、ペットが食べられるべき理由など絶対にありはしない。
昨年の12月、理由なくペットを殺したり捨てたりすると一年の刑罰もしくは1万円以下の罰金が課せられると述べられた法律が、議会を通過した。
たぶんこれが、最近多発しているいたいけな動物の残酷な殺害や傷害に歯止めをかけるだろう。

9
 Anyway, let's hope that when world leaders meet in Okinawa for the G-8 summit in July, they won't be served with cat shabu shabu.
 いずれにせよ、7月に主要8カ国首脳会議のために沖縄に世界のリーダーが集まるとき、彼らが猫のシャブシャブを給仕されないことを、願うことにしよう。

元資料

20000213-1.jpg 20000213-2.jpg 20000213-3.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。