大阪のスナックで「SM合コン」流行中!

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Adventurous clientele enjoying Osaka S&M bar

大阪のSMスナックを満喫する、冒険心のある常連たち

大阪のスナックで「SM合コン」流行中!

*1
大阪のスナックで「SM合コン」流行中!   1998,12,20
Adventurous clientele enjoying Osaka S&M bar
Shukan Bunshun 12/24 By Ryann Connell
大阪のSMスナックを満喫する、冒険心のある常連たち

1
 While most of Japan is languishing under the weight of a seemingly endless economic slump, Shukan Bunshun says one area in Osaka is enjoying a heady boom - of a literal and figurative sort.
A new matchmaking bar unique to Japan's shores has opened in one of the city's inner suburbs and anyone's welcome to visit it - provided that they're either a sadist or a masochist.
 日本の大部分が、終わりがなさそうにみえる経済の低迷の重さの下で衰えている一方、週刊文春は、大阪のある地域はイカ○た繁栄を享受しているという−イカしたとイカれたの両方の意味で。
日本国内でただ一つの、出会いを仲介する新しいスナックが、都市の内部の住宅地のひとつで開店し、誰であろうと来店を歓迎される−ただし、その人がサディストもしくはマゾヒストであるという条件で。

2
 “I've always been a sadist. Even when I was a little girl used to get a thrill by kicking over other kids' sandcastles.
But as I got older, I found the only way I could satisfy my sadistic tendencies was to go to S&M clubs, which I found boring and antiseptic.
I opened the bar because I wanted somewhere to offer sadists or masochists a way to enjoy themselves without having to go through the club scene,” says the bar's operator, a 27-year-old madam with a 100-centimeter chest who calls herself Mama Ri.
“I'm pretty confident we offer customers a whip-cracking good time.”
 「私は以前からつねにサディストでした。他の子供の砂のお城を蹴り崩して興奮していた少女だったときでさえ。
しかし成長すると、自分のサディスティックな性癖を満足させる唯一の方法はSMクラブに行くことだけだと感じましたが、SMクラブは退屈で無味乾燥なものでした。
私がこのスナックを開いたのは、サディストやマゾヒストにクラブシーンを経なくてもかれらが楽しめる方法を提供する場所がほしかったからです」と、自分自身をママ・リと呼ぶ100センチの胸囲を持つ27才の婦人であるスナックの運営者はいう。
「私どもが『ムチ』ャクチャ素敵なひとときをお客様に提供していることを、私はとても確信しています」

3
 Shukan Bunshun says that the bar is indeed doing wild business.
But, unlike Mama Ri, most of its clients fell into S&M by accident.
 週刊文春は、このスナックは確かに狂気じみた商売をしているという。
しかし、ママ・リと違い、この店の客の大部分は偶然SMにはまった。

4
 “Until three years ago, I could never imagine getting involved in something like this,” says Akiko, a 43-year-old mother of three and regular patron of the bar.
“Then, one day, I found an S&M magazine which had a picture of a woman getting whipped.
When I saw that, the lower half of my body just went hot.
I saw the bar's ad in the magazine and decided to visit.
Once I saw all the whips hanging up, and ropes and stocks in booths to bind customers, I was hooked.”
 「三年前までは、このようなことを自分がするようになるなんて決して思いませんでした」と、43才で3児の母でこのスナックのお得意様であるアキコはいう。
「ところが、ある日、私はムチで打たれている女性の写真の載ったSM雑誌を見つけました。
それを見たとき、私の下半身は何もしていないのに火照りました。
私はその雑誌でスナックの広告を見、訪れることを決心しました。
すべての壁にかかったムチと、客を拘束するためのロープと足かせを見るとすぐに、私は惹きつけられました」

5
 Toshio, a 45-year-old office worker, tells a similar story.
 45才の会社員トシオも、同様の話をする。

6
 “I started to go bald a few years back so I bought a wig.
One day, the wind blew it off just as I was walking past a group of high school girls.
They laughed at me and I was really humiliated, but the feeling gave me an incredible thrill.
After that, I became a masochist - I had to be humiliated, I loved the pain.
The bar's better than an S&M club because at a club it's always the same thing - the madam whips you a couple of times, sticks her stilleto *2 heel where it hurts, then asks you to fork out 50,000 yen.
The only thing painful about S&M clubs is the price.
Here at the bar, at least you know the sadism is real,” he says.
 「私は2・3年前に禿げはじめ、だからカツラを買いました。
ある日、ちょうど私が高校生女子の集団とすれ違ったときに、風が吹いてカツラをとばしました。
彼女たちは私のことを笑って、私は屈辱を感じました。しかしその感覚は私に信じられないほどの興奮を与えました。
それ以降、私はマゾヒストになりました−私は屈辱をうけなければならず、私は責め苦を愛しました。
このスナックがSMクラブより優れているのは、SMクラブではいつもかわりばえがしないからです−女主人が二回ほどムチ打ち、彼女のスチレットヒール(高くて細いかかとの婦人靴)をいたいところに押し付けて、そして50000円を支払うよう要求される。
料金だけがSMクラブにおける唯一の責め苦でした。
このスナックでは、なにはともあれサディズムが本物であることがわかります」と彼はいう。

7
 Mama Ri tells Shukan Bunshun that the sadism at her bar may be real, but it's all good-natured fun.
She says the bar has a broad clientele, whose ages range from the 20s to the 70s, their occupations covering all walks of life.
Mama Ri says her patrons mix easily and enjoy each other's company, and that her bar has helped many strained couples revive floundering marriages.
 ママ・リは週刊文春に、彼女のスナックでのサディズムは本物かも知れないがただの性質の良い娯楽だ、と語る。
彼女はスナックは幅広い顧客層をもち、年齢は20代から70代までで、職業はすべての階層に及ぶという。
ママ・リは、彼女のひいき客は気軽に交流し互いの仲間と楽しみ、彼女のスナックは結婚生活に四苦八苦するピリピリしたカップルをたくさん救った、という。

8
 “We had a couple come in here one night.
The husband announced it was his wife's birthday and that he wanted all the bar's customers to help them celebrate.
The husband forced his wife to lie face down on the floor.
In her only hole available to him, he inserted a lit candle and made his wife into what he ealled a birthday cake.
All the customers sang ‘Happy Birthday to You,’ then the sadists made the masochists try to put out the candle using only their bodies and without knocking the candle over.
It was all very friendly,” Mama Ri says. (RC)
 「ある夜、一組のカップルがこの店に来ました。
夫は、その日は妻の誕生日で、スナックの客全員に誕生祝いに手を貸してほしいといいました。
夫は妻を床の上にうつぶせになるよう強要しました。
夫が利用できる妻の唯一の穴 *3 に、夫は火のともった蝋燭を挿入し、妻を夫がいうところのバースデーケーキにしました。
客の全員が「ハッピー・バースデー・トゥー・ユー」を歌い、サディストたちはマゾヒストたちに、蝋燭をひっくり返さずに体だけを使って火を消そうとさせました。
それはとても心温まるものでした」と、ママ・リはいう。(ライアン・コネル)

元資料

19981220-1.jpg 19981220-2.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。