Discarded women sell spring out of crumbling 'chon-no-ma' brothel

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Discarded women sell spring out of crumbling 'chon-no-ma' brothel

「見捨てられた女性が、崩壊した「チョンのマ」売春宿の外で春を売る」

Discarded women sell spring out of crumbling 'chon-no-ma' brothel
Jitsuwa Knuckles (August) By Masuo Kamiyama
「見捨てられた女性が、崩壊した「チョンのマ」売春宿の外で春を売る」2007,07,14
実話ナックルズ(8月号)  By カミヤマ・マスオ
1
"Politics is not the art of the possible. It consists in choosing between the disastrous and the unpalatable."
『政治は可能性の芸術ではない。悲惨なことと不快なことのどちらかを選ぶかという苦肉の策である。』
2
Economist John Kenneth Galbraith (1908-2006) made the above remark in response to the citation by Prussian statesman Otto von Bismarck (1815-1898), who had proclaimed, "Politics is the art of the possible."
経済学者のジョン・ケネス・ガルブレイス(1908-2006)は、プロイセン王国の指導者オットー・フォン・ビスマルク(1815−1898)が公言した、『政治とは可能性の芸術である』という言及に対して上記の批評をした。
3
That's a pretty pedantic lead-in for an article on housewife prostitution in a Japanese subculture magazine like Jitsuwa Knuckles (August).
これは実話ナックルズ(8月号)のような日本のサブカルチャー雑誌の主婦売春についての記事のかなり知ったかぶりな導入部である。
4
But contributor Chimata Hiramura thinks he has a point.
Galbraith's remarks regarding politics being a choice between disaster and unpalatability may be somewhat analogous to tolerance for what many regard as a necessary social evil -- prostitution.
しかし寄稿者のヒラムラチマタ *1 は自分の言うことはもっともだと思っている。
ガルブレイスの政治についての悲惨なことと不快なこととの選択だという批評は、多くの人が否めない社会悪 --- 売春 *2 と見なしていることを耐え忍ぶのに多少似ているかもしれない。
5
Be that as it may, legalized prostitution in the form of licensed brothels came to an end in Japan in 1958.
Yet half a century later, some terms from former times remain with us.
One is "chon-no-ma" (or "choi-no-ma" in some parts of Japan), rows of small sheds, cribs or cubicles, outside of which women would stand in inviting poses, under dim, pink-hued lights, awaiting male patrons for short-time trysts.
それはさておき、日本では認可された売春宿形態の合法的な売春は1958年に終わりを遂げた。
それにもかかわらず半世紀後も、昔からのいくつかの言葉がまだ残っている。
一つは『ちょんの間』(もしくは、一部の日本では『ちょいの間』)である。小さな部屋か小さく仕切ったスペースか小さな小屋が並んでおり、その外では女性達が薄暗いピンク色の灯りの下で、つかの間の逢瀬のための男性客を待ちながら誘いのポーズで立っているのだ。
6
"Chon" means to come to an end, and "ma" is a room.
As the current remuneration in such establishments is around 10,000 yen -- or even 5,000 yen on nights when business is exceptionally slow -- the women working therein generally make every effort to keep the time as brief as possible.
『ちょん』とは終わるという意味、『間』は部屋である。
このような風俗施設での現在の報酬は約10,000円、または客足が非常に悪い時は一晩5,000円にさえなる。その中で働いている女性は出来るだけ時間を短く済ませるために通常あらゆる努力をする。
7
While officially illegal, these places still operated quite openly until fairly recently, staffed mostly by Thai and Chinese women.
But Jitsuwa Knuckles points out that after Japan came under international criticism for trafficking in foreign women, the authorities were obliged to launch cleanup drives from around 2005, and the chon-no-ma operations that had thrived in Yokohama, Machida (Tokyo) and Kawaguchi (Saitama) were successively shut down.
表向きには非合法であるが、これらの場所はまだ結構最近までかなり公然と経営されていて、主にタイ人と中国人の女性を置いていた。
しかし、日本が外国人女性の人身売買で国際的な批判をうけた後、当局は仕方なく2005年あたりから一掃キャンペーンを開始し、横浜、町田(東京)、川口(埼玉)で繁盛していたちょんの間営業は続けざまに閉鎖されたと実話ナックルズは指摘する。
8
Or, shall we say, driven underground.
つまり、言ってみれば、地下に潜ったということなのである。
9
And that was that, Hiramura believed, until he was approached by a colleague, a writer on the sex trade, who suggested the two collaborate on a project.
そして、それで終わったのだ、とヒラムラは信じていた。風俗ライターの同僚が接触してきて、ある企画を二人で共同執筆しようと持ちかけるまでは。
10
"I live in Kunitachi City," the friend explained, naming an upscale west Tokyo suburb.
"Near my house, I spotted a woman that I'm sure I saw working in Yokohama's Kogane-cho red-light district a couple of years ago."
「国立市に住んでるんだけど」友人は西東京郊外の高級住宅地の名前を挙げて説明した。
「俺の家の近くに、横浜の黄金町の赤線地区で何年か前に働いているのを見たはずの女を見つけたんだよ。」
10
Well, Hiramura replied, so what?
There's nothing strange about women getting out of the skin trade and leading normal lives.
うん、それで?とヒラムラは返事した。
女性がポルノ商売から抜けて普通の生活を送ることに何もおかしいことはない。
11
"Yeah, but I also see others I recognize from Machida or Kawaguchi prowling around the same neighborhood.
And they are often accompanied by different men."
「ああ、でも町田や川口で見かけた他の女達も同じ地域をうろついているのも見てるんだよ。
それにあいつらはしょっ中違う男と同伴しているんだよ。」
12
The women had apparently converged on a decaying, 1920's-era apartment building and set up shop, using an elderly woman as a procuress.
女達はどうやら崩壊しかけの1920年代の共同住宅に集まってきて、老婆を客引き女として使う店を出したらしい。
13
"That place is definitely a chon-no-ma!" he exclaimed with a tearful gleam in his eyes.
"When I heard that old woman greet me, it really brought back a lot of memories."
「あの場所は間違いなくちょんの間だよ!」彼は目を涙で可輝かせて叫んだ。
「あの婆さんが俺に声をかけてるのを聞いた時、色々な思い出が蘇ってきたんだよ。」
14
The two writers visited together.
二人のライターは一緒に訪問した。
15
"How did you find out about this place?" the old woman challenged.
「どうやってこの場所の存在を見つけたんだい?」老婆は疑ってきた。
16
"We, uh, were introduced by an acquaintance," Hiramura replied. "Via the internet."
「自分達は、えーと、知り合いに紹介されたんだよ。」ヒラムラは答えた。「インターネットを通して。」
17
The crone's expression softened to a smile, revealing teeth in dire need of extensive cosmetic dentistry.
老婆の表情は笑顔へと和らぎ、大規模な審美歯科の治療がすぐさま必要な歯を覗かせた。
18
"Okay, come on in then."
「いいよ、それなら入っておいで。」
19
She led them to the back of the building, and lo and behold, smiling young women lined up outside doors to the small units.
It was just like the good old days.
老婆は彼らを建物の奥へ連れて行き、そして驚いた事に、笑みを浮かべた若い女達が小部屋につながる各ドアの外に並んでいた。
なんて懐かしいんだろう。
20
"Now this gal," said the crone by way of introduction, "is a lot of fun.
And she's really tight down there, as good as it gets."
「ところでこの子は」紹介のつもりで老婆は言った。「とても楽しいよ。
それに締まり具合が実によくて、最高に素晴らしいよ。」
21
Hiramura picked a 29-year-old woman who resembled former "Onyanko Club" cutsie Minayo Watanabe and passed her a 10,000 yen bill, which gained him immediate access to her chon-no-ma.
ヒラムラは元「おニャンコクラブ」のぶりっ子の渡辺美奈代に似た29歳の女を選び、彼女に10,000円を払うと、すぐに彼女のちょんの間に通された。
22
They undressed, and she soon straddled him, humping away as a mixture female fragrances and the odor of old tatami mats wafted through the air.
二人は服を脱ぎ、彼女がすぐに彼に股がり、女の香りと古いタタミの匂いが部屋中に漂う中まぐわった。
23
Hiramura spent himself and was soon ready to depart, with a somewhat lukewarm invitation to make the scene again.
ヒラムラは精根使い果たし、またやって来たいと今いち心そそるものを感じずに、すぐに出て行く準備をした。
24
Hiramura's companion said he had set up a private meeting with a woman who he had formerly run into in Kogane-cho, the chon-no-ma section of Yokohama.
ヒラムラの連れは横浜のちょんの間地区の黄金町で以前偶然出会った女と個人的に会う手はずを整えたと言った。
25
"The women who work here (in Kunitachi) aren't interested in being interviewed," explains "Midori," in a surprisingly tiny voice.
"That's because most of them have been busted at one time or another for prostitution, and had a rough time of it.
They all understand that there's nothing in it for them to speak to men.
「ここ(国立)で働く女はインタビューされるのに興味がないのよ。」と『ミドリ』は驚くほど小さい声で説明する。
「ほとんどがいつだか分かんないけど売春で捕まったことがあって辛い目にあってんのよ。
全員そのことで男に話すことなんてないって了解してるの。」
26
"In the old days, after most girls at these places got out of the life it used to be an unwritten rule that they'd marry a yakuza," continues Midori, who Hiramura describes as still feisty and attractive at 32.
"It had been that way since feudal times, but these days men are no good.
「昔は、こんな場所にいるほとんどの女の子達はこの生活から足を洗った後は、ヤクザと結婚するのが暗黙のルールだったの。」ヒラムラが描写するに32歳の元気がよくて愛嬌のあるミドリは続ける。
「封建的な時代からこんな感じだったんだけど、最近は男が全然使い物にならないのよ。」
27
"So this place is kind of like a 'whore post' for women nobody wants," she says, referring to the 'baby post' recently installed in a Kumamoto hospital where parents can deposit infants they are unable to raise.
「だからこの場所は誰もが必要としない女のための『売春婦ポスト』みたいなものなのよ。」と彼女は最近熊本の両親が育てられなくなった乳児を捨てられる病院に最近設けられた『赤ちゃんポスト』に例えて言う。
28
"Today's a special exception for you," the woman tells Hiramura.
"Normally we don't waste time talking -- our job is just to get the guy off and out the door as fast as we can."
「今日はあんたのために特例だからね。」女はヒラムラに話す。
「いつもは私達はおしゃべりで時間を無駄にしないのよ ー 私達の仕事は出来るだけ早く男をイカせて追い出すだけなんだから。」
29
On that note she smiled, shook his hand and walked off, leaving him alone, looking at the weather-beaten exterior of building in which she toiled.
(By Masuo Kamiyama, People's Pick contributor).
この話で彼女は微笑み、彼と握手をしてから、彼を一人残し、自分が働く雨風にさらされ傷んだ建物の外装を見ながら、歩き去って行った。
(カミヤマ・マスオ記 People's Pickの寄稿者)

(Mainichi Japan) July 14, 2007

参考情報

ジョン・ケネス・ガルブレイス
"ジョン・ケネス・ガルブレイス." Wikipedia, . 11 10月 2008, 08:23 UTC. 29 10月 2008, 01:12 <http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B1%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AC%E3%83%AB%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B9&oldid=22263971>.
オットー・フォン・ビスマルク
"オットー・フォン・ビスマルク." Wikipedia, . 20 10月 2008, 14:35 UTC. 29 10月 2008, 01:13 <http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=%E3%82%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%93%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%AF&oldid=22445228>.

プロイセン王国の首相ビスマルクが1967年8月11日に、マイヤー・フォン・バルデック公爵に『政治とは可能性の芸術である』語ったとされるが、それをジョン・ケネス・ガルブレイスがキューバ危機の際にケネディー大統領宛に書いた手紙の中で『政治は可能性の芸術ではない。悲惨なことと不快なことのどちらかを選ぶかという苦肉の策である。』と批評した。

拡散状況

The Black Ship
http://www.theblackship.com/forum/japan-tabloid-news/1223-discarded-women-sell-spring-out-crumbling-chon-no-ma-brothel.html


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。