Lusty lady takes quartet of boy toys for a spin

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




"Lusty Lady Takes Quartet Of Boy Toys For A Spin"

「色欲にまみれた女性がスピンのために4体の男のオモチャを使う」


Japan-It is a well known fact that "Dutch Wives"-- the Japanese term for silicone females used as sex substitutes -- sell by the thousands in Japan. Some deluxe models even go for several hundred thousand yen.
日本ーダッチワイフ(日本でセックスの代用品として使われるシリコンで出来た女性を示す)は周知の事実である--は日本国内で何千体単位で売れている。いくつかの豪華なモデルは数十万円もの額で売られている。

What is less known, reports Uramono Japan (June), is that a counterparts of these dolls, equipped with male appendages, are available for women. And the magazine is eager to become the first to break the news about the existence of these toy boys, in an article entitled "Josei-yo dattchi dooru wa watashi wo mitashite kurureru kashira" (I wonder if a female-use Dutch doll can satisfy me).
あまり知られていないが、裏モノJAPAN(6月)のレポートによると、これらの人形と対をなす、男性の付属物の付いたものが女性も入手出来るという。そしてその雑誌は「女性用ダッチドールは私を満たしてくれる(※原文はkurureru=くるれる)かしら」というタイトルの記事で、これらトイボーイの存在を最初に報じたくて仕方ないようだ。

The story is reported by Chifumi Konno, a 22-year-old woman employed by a "delivery health" (outcall sex service) company. Being experienced in matters sexual, Ms. Konno is certainly no blushing violet when it comes to telling Uramono Japan's readers about her encounters with these new inflatable goodies.
その話は「デリバリーヘルス」(出張セックスサービス)の会社で働く22歳の女性、コンノ チフミによる報道だ。性的事項の経験があるためか、コンノさんは、裏モノJAPANの読者に、彼女のこれら新しい空気注入型の楽しいものとの出会いを話すことに何のためらいもない。

The first of konno's four "boyfriends" is named "masaki." Although youthful, the expression painted on his rubber face, Konno writes, didn't look happy at all -- but more like he's about to start sobbing any second. When blown up, Masaki's procreative member points to noon. And, the reviewer notes, he's equipped with an anal aperture on his reverse portal, but that's more likely to be provided for gays than gals.
コンノの4人の「彼氏」のうちの一人目は「マサキ」と名付けられている。若いけれども、彼のゴムの顔に書いてある表情は、コンノが言うには、全く幸せに見えない。それどころかむしろ今にもしくしくと泣き出しそうだ。膨張したとき、マサキの生殖器の一部は正午を示す。そして、その評論家は、彼は裏側の入り口に肛門の穴が備えられているので、女の子向けというより、ゲイの人達向けに提供されている、と記述している。

Although bathing together in a love hotel's spacious tub is generally a prerequisite for cavorting atop the bed, Ms.Konno found to her frustration that no amount of force could immerse the inflatable "Masaki" below the water's surface.
ラブホテルの広いお風呂に一緒に入ることは、一般的にベッドの上で遊び戯れるための必須条件だが、いくら努力をしても、空気注入型の「マサキ」は水面より下には沈まないことに、コンノさんは不満を持っている。

And once in bed, his foreplay technique proved nonexistent.
そしてベッドに入れば、彼の前戯テクニックは存在しないことが分かった。

Then, assuming the missionary position, the moment of truth arrived. "I coated his pecker with lotion and used a hand to slip him into me," she relates. "He was...big. but on top of me nothing happened."
そして、正常位の体勢をとったとき、正念場がやってきた。「彼のペニスにローションをつけて、彼のを私の中に入れるとき、手を使ったの」、と彼女は話す。「彼は、、、大きかった。でも、私の上半身には何も起こらなかった。」

Based on the way his limbs bent, 'Masaki' seemed to be better configured for sex in the seated position. "But when his dick got all the way in, it hurt. And no amount of rubbing him was able to get me aroused," Konno grimaces.
彼の曲がった手足に基づくと、「マサキ」は座位でのセックスの方がいいように作られているように見られた。「でも彼のペニスが全て入った時、痛かった。それにいくら彼のとこすり合っても、(性的に)興奮しなかった」コンノは顔をしかめる。

Next u to bat was "Yuji." Blessed with a moustache, heavy eyebrows and a scowling visage that resembles the face of writer Chuzo Wada, he was produced by the same company as Masaki and sold for the same price (not mentioned in the article). But as masculine and vigorous as he appears, Yuji just lies there. So once again Konno was forced to take the initiative.
次の打者に立つのは、「ユウジ」だ。口ひげを持ち合わせていて、眉が濃く、、そしてしかめ面した顔立ちはマサキと同じ会社から作られた同じ値段の(その記事には述べられてないが)作家ワダ チュウゾウの顔のようである。男っぽく力強く見えるにも関わらず、ユウジはただそこに横たわるだけた。なのでコンノは再び主導権を取らざるを得なかった。

Then she tries to do it "doggy style," but finds being mounted from behind to be consummately awkward. And wiggling her backside to encourage a friendly thrust or two gets no response. With Yuji, it seems, she can't get no satisfaction either.
そして彼女は「後背位(ドギースタイル)」をしようと試すのだが、後ろからのしかかられるということがこの上なく不格好であるということに気づく。さらに、いい感じの突きを一つか二つ促すために尻を小刻みに(くねくね)動かしたが、何の反応も得られない。ユウジとでは、彼女は満足感を全くもって得ることが出来ないようだ。

Next on the list was "John," a Western import featuring three-dimensional facial features (i.e., a big nose), hairy cheast and bushy moustache. And John's, er, equipment was also proportionally larger than his Japanese rivals. Indeed, during her stint as a sex industry worker, Ms. Konno had never encountered such a huge tallywhacker, and wasn'g the least bit interested in being impaled upon it. So that was that.
次のリストに載っていたのは「ジョン」、欧米からの輸入物で、3次元的な顔つき(つまり大きな鼻)や、毛深い胸やもじゃもじゃした髭が特徴だ。ジョンの、その、男性器もまた日本のライバルに比べると大きかった。実際に、彼女のセックス産業従事者としての期間中、コンノさんはそのようなでかいモノ(tallywhacker=ペニス)に出くわしたことはなかったし、それで突き刺されたいとは微塵も思わなかった。(wasn'g=wasn't?)それでそれはそれだった。

Last but not least was "Ken Ijuin," a high-tech "Dutch husband" made of semi-solid material. And so realistic, writes Konno, "He was like a corpse. Gave me the creeps at first."
最後だが決して侮れないのが、「ケン イジュウイン」、半固体状の素材で出来たハイテクの「ダッチハズバンド」だった。とてもリアルなので「彼は死体みたいだった。最初は気持ち悪かった」とコンノは書いている。

Ken's male root was bigger than John's, but the angle of his dangle was lower -- "about what you'd expect from a 60-year-old man," Konno sniffs -- and his rubbery, chemical body odor, which a bath did nothing to alleviate, was a big turnoff.
ケンの男根はジョンのよりも大きく、しかしペニスの角度は低かったー「60歳の男性に期待されるくらい」、とコンノは鼻で笑う。それに、お風呂では全く軽減されなかった彼のゴムのようなケミカルな体の匂いはひどく興ざめだった。

Ms. Konno was able to accommodate about half of ken's shaft without undue discomfort, and said it was actually starting to feel like the real thing; but compared with a human partner the difference was still "undei no za" (as different as the clouds and mud), as they say in Japanese.
コンノさんは過度の不快感無しにケンの竿を半分まで入れることが出来、実際に本物のように感じ始めたが、しかし、人間のパートナーと比べると、その違いはまだ日本語でいうところの「雲泥の差」(雲と泥のように違うということ)だと言った。

"About all he (Ken) might be good for is one of those full-body pillows to sleep with," Konno pronounces.
「彼(ケン)のせいぜいいいところはと言えば、一緒に寝るのに全身が枕みたいなところかな」とコンノは述べる。

To cap the story, Konno accompanies the four to a public park where cherry blossoms are in full bloom, and arranges them around a picnic table to pose for a commemorative photo.
その話の最後に、コンノは桜が満開の公共の公園にその4人を連れて行き、ピクニックテーブルの周りに彼らを配置し、記念写真のためにポーズをとらせている。

"The girls who saw them said they thought 'John' was the cutest," she winks. "Well that just goes to show, until you've actually made it with one, you never can tell who's the best."
(By Masuo Kamiyama, contributing writer)
May7, 2006
「彼らを見た女の子は、『ジョンが一番かっこいい』って思うって言ってた」、と彼女はウインクする。「まぁ、それはただの見た目だから、あなたが実際に誰かとするまでは、誰が一番かなんて言えないよね。」
(寄稿作家 カミヤマ マスオ)
2006年5月7日

拡散状況

Barely 18 Movies
http://www.barely18movies.com/blog/?p=229
Japan: Stippy
http://www.stippy.com/japan-waiwai-archives/lusty-lady-takes-quartet-of-toy-boys-for-a-spin/
Orient Expat
http://www.orientexpat.com/forum/index.php?showtopic=4103&st=20
英語サイト
部分転載:http://www.asiangirlsfree.com/asian/japan-sex-lady.html
部分転載:http://blog.cuntspace.com/live-sex-shows/8830/ass-site-myspacecom-free-live-sex
部分転載:http://www.japanfortheuninvited.com/articles/sex-dolls.html
http://www.mpiii.com/news-1327.html
部分転載:http://brettwayn.typepad.com/parisblog/2006/05/if_you_are_wond.html
http://www.toyssex.org/free-porn-news32.html
Blogger
部分転載:http://attu.blogspot.com/2006/05/dutch-wives-for-japanese-women.html


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。