Friendless fascists pay high price to be Mr Right

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Friendless fascists pay high price to be Mr Right

友達のいないファシストたちは、理想の男性になるため高い対価を支払う

0
Friendless fascists pay high price to be Mr Right 2007,11,01
Cyzo (November) By Ryann Connell
友達のいないファシストたちは、理想の男性 *1 になるため高い対価を支払う
サイゾー11月号  ライアン・コネル
1
Tokyo's busier stations and holier spots frequently attract the attention of huge cordons of sound trucks with right-wing whackos blasting out messages aimed at imbibing the populace with the Yamato spirit, but Cyzo (November) notes that the cost of being an ultra patriot in modern day Japan is considerable.
東京のあわただしい駅や神聖な場所は、頻繁に、一般大衆に大和魂をそそぎこむことを狙いとする声明文をがなりたてるいかれた右翼たちを乗せた街宣車による、大規模な交通遮断が引き起こされるところとなっているが、サイゾー(11月号)は、今日の日本において急進的な愛国者であることの対価は相当なものだと記す。
2
Citing the case of Tokyo-based right-wing organization Byakkosha, Cyzo says it costs about 45 million yen to keep a well-drilled, maintained right-wing organization on the road.
東京を拠点とする右翼団体・白皇社の事例を言及しながら、サイゾーは、よく訓練されて整備された右翼団体を街宣させ続けるためには約4500万円かかるという。
3
Firstly there's the vehicles themselves, with Byakkosha keeping a fleet of a sound truck and 10 support vehicles.
The truck is an old bus the group bought from the JR Group for 5 million yen, while the support vehicles are all refurbished passenger cars or vans with an average price of 1.5 million yen apiece.
まず、自動車そのものだ、白皇社は1台の街宣車と10台の支援車の車両を保有しつづけているのだから。
街宣車は、白皇社が500万円でJRグループから購入した古いバスで、一方支援車はすべて、1台当たり平均150万円の乗用車やバンを改修したものだ。
4
Outfitting the vehicles cost a pretty penny, with millions spent doing up the interior of the sound truck so that it's as plush as the poshest Ginza nightclub, though Byakkosha got its interior on the cheap after Chairman Josei Inoue shut down the S&M Club he ran and used its furniture for the van.
車両の装備一式にはかなりの金額が必要とされ、街宣車の内装をきちんとするには何百万もつかわれることもあり、そのためもっとも高級感のある銀座のナイトクラブとおなじくらい豪華なものになるが、とはいえ白皇社は街宣車の内装を、井之上浄誓会長は彼が経営していたSMクラブを閉店してクラブの内装を車のためにつかったので安上がりにすませた。
5
Another 800,000 yen went to the painter who adorned the vehicle with a huge Japanese flag and patriotic slogans such as "respect the gods, revere the Emperor," Cyzo notes.
さらに80万円が、巨大な日本の旗や「敬神尊皇」といった愛国的な標語の装飾を行う塗装工に渡る、とサイゾーは言及する。
6
Each of the vehicles in the group is also equipped with a flagpole to hoist the national symbol aloft, setting back the extremists a hefty 80,000 yen for each one in use.
白皇社のそれぞれの自動車はまた、国の象徴をたかく掲げるための旗竿を備えていて、使用のさいに1本あたり8万円というたくさんの金をこの過激派たちに支払わせる。
7
Running the contingent costs the fascists a fair whack, too.
車両を走らせることは、このファシストたちに大変な負担をかけさせる。
8
Gasoline alone costs about 100,000 yen a month, then there's parking fees of 230,000 yen, exhaust filters requiring a 1.5 million yen outlay and insurance of 2 million yen.
ガソリンだけでも1月あたり約10万円かかり、さらに駐車場の料金が23万円、廃棄ガスろ過装置は150万円の出費を要求し、保険に200万円かかる。
9
Each time the convoy goes out on the road, the political party also has to foot a 2,000 yen charge to get a permit to operate a sound truck in the capital.
車両が街宣するときは毎回、この政治結社はまた、首都内で街宣車を運転する許可を得るために、2000円の手数料を払わなければならない。
10
And then there's the sound system used in the trucks, which the rightists invest in heavily to get their message across, forking out about 2 million yen for amplifiers and then another 12,000 yen for a decent microphone to speak into.
その上、街宣車が使う音響装置があり、この右翼たちは自分たちの声明を理解させるために多額の金を投じていて、アンプに200万円を、演説につかうちゃんとしたマイクに1万2千円をしぶしぶ支払っている。
11
And what's a decent paramilitary organization without a uniform?
To get decked out in a typical right-wing organization's pseudo-soldier clobber, it costs about 15,000 for the clothes and another 5,000 yen or so for the matching combat boots, but as a rule these charges are paid by individual members rather than the group itself.
そして、まともな自警武装組織なら、制服無しというわけにはいかない。
典型的な右翼団体の兵隊もどきの衣服で着飾るために、約1万5千円が衣装のためにかかり、それに合わせた戦闘用ブーツのために5000円くらいかかるのだが、これらの料金は、団体自身ではなく、個々の構成員が払うのがきまりとなっている。
12
One small bonus for the sound truckers is that the patriotic songs they blast out from their trucks and dating back to World War II and adhering Japanese to do such things as "smash the demon Americans and British" come almost free of charge courtesy of being passed on from older generations of fascists or simply being pirated from CDs borrowed from rental outlets.
街宣車にとって、ひとつつまらぬおまけがある。街宣車からがなりたてられ、第2次世界大戦にまで遡れる、「鬼畜米英を殲滅せよ」などといったことに日本人を忠実であるようにさせる軍歌は、古い世代のファシストから受け継いだおかげや、あるいはただたんにレンタルチェーン店から借りたCDを違法コピーすることで、ほとんど値段がただなのだ。
13
But the group has to maintain an office as well, which can often mean having to find about 600,000 yen to cover such costs as rent and utility charges.
しかし白皇社は事務所もまた維持しなければならない。このことはしばしば、家賃や公共料金の請求といった費用をまかなうために、約60万円を捻出しなければならないことをしばしば意味しうる。
14
So, where do the ultra-right wing groups get all the money to fund their activities?
Up until about 20 years ago, they largely got by on donations from sympathetic companies or politicians.
They also made money by being commissioned to carry out harassment campaigns on behalf of others.
それでは、この極右団体は、彼らの活動に資金を供給するためのこれら全ての金を、どこから入手しているのか?
約20年前までは、彼らは主として好意的な会社や政治家からの寄付でどうにかやっていった。
彼らはまた、他人の振る舞いに対してのいやがらせの運動を実行をすることを委託されることで金を稼いだ。
15
Now, though, ultra right-wing political groups in Japan are feeling the pinch, largely because many closely associate them with the yakuza.
Ever since authorities started cracking down on organized crime in the early '90s, the gaze of crimefighters has also fallen on the super patriots.
Consequently, donations from outside organizations have pretty well dried up and most rightist groups like Byakkosha get by on the largesse of members.
But where rightist groups could once be comprised of a rank-and-file committed to being professional agitators, now most do it only on a part-time basis while holding down regular jobs such as carpenters or painters.
とはいえ、現在は、日本の極右政治団体は、主として多くのものがヤクザと自分が緊密に交際しているため、苦しい状況にあると感じている、
当局が90年代はじめに組織犯罪を厳重に取り締まりはじめて以来、犯罪取締り人の注視は超愛国者にそそがれるようになった。
結果として、外部の組織からの寄付はほとんど枯渇し、白皇社のようなたいていの右翼団体は、構成員の金品でどうにかやっている。
しかし、右翼団体はかつて、職業的な扇動者であることに明確な政治的意識をもった一般人によって構成されていたが、現在では多くのものが、大工や塗装工といった定職に就きながらパートタイムの原則で行っているに過ぎない。
16
Byakkosho's Inoue runs a successful chain of noodle restaurants and funnels much of their takings into keeping afloat his fascist group.
白皇社の井之上は、麺類のレストランのチェーン店を好調に運営し、その収入の多くを、彼のファシスト団体につぎ込んで破綻しないようにしている。
17
Inoue notes that times are tough for rightists believing Japan waged a just and righteous World War II as the country becomes more sympathetic to the general global view of it being a vicious aggressor.
日本が戦った第二次世界大戦は正しくて道理のあるものだったと信じている右翼の人たちにとって、あれは残虐な侵略行為だという一般的で国際的な見解にこの国がより共感をより抱くようになったので、時勢は厳しいものになった、と井之上は言及した。
18
"Up until about five or six years ago, people on the streets sympathetic to our views used to give us presents of food and drink," he tells Cyzo, adding that doesn't happen anymore. (By Ryann Connell)
「5・6年前までは、私たちの意見に共感的な街頭の人々が私たちに食べ物や飲み物のプレゼントをくれたものでした」と彼はサイゾーに語るが、今はもうそういうことは起こらないと付け加えた。(ライアン・コネル記)
19
(Mainichi Japan) November 1, 2007
(毎日 日本) 2007年11月1日

拡散状況

海外ブログ
http://lifeinmotion.wordpress.com/2007/11/01/friendless-fascists-pay-high-price-to-be-mr-right/


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。