性感染症は今や国民病だ

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Better see a doctor - STDs are spreading like wildfire!

医者に診てもらえ――性感染症が野火のように拡がっている!

性感染症は今や国民病だ

*1
性感染症は今や国民病だ 1996,05,26
Better see a doctor - STDs are spreading like wildfire!
Aera 5/27 By Mark Schreiber
医者に診てもらえ――性感染症が野火のように拡がっている!
AERA 5/27 マーク・シュライバー記
1
Just because a person doesn't patronize the sex business doesn't mean he or she is free from risk of exposure to sexually transmitted diseases(STDs).
In his ongoing series on medicine and health in Aera, veteran reporter Hiromichi Ugaya takes up the subject of STDs, which, he finds, appear to be spreading among Japan's population at a fearsome rate.
ある人が風俗を頻繁に利用しないということだけでは、彼もしくは彼女が性感染症(STD)に感染するリスクがないということを意味しない。
経験豊富な烏賀陽弘道(ウガヤヒロミチ)が、AERAの医療と健康についての彼の現在連載中の記事の中で、性感染症のトピックを取り上げる。性感染症は、彼が見出したところでは、恐るべき割合で日本人の間で拡まりつつあるようだ。
2
Dr. Yoshiaki Kumamoto, professor emeritus at Sapporo Medical College, provides Aera readers with some shocking findings.
A survey of 13 hospitals revealed 1,081 positive reactions to chlamydia, an infection of the urinary tract easily spread through sexual contact, out of 20,470 pregnant women - an incidence of 5.8 percent or about one person in 17.
Among female patients age 19 and under, however, the rate of infection is a shocking 18.9 percent.
札幌医科大学の名誉教授・熊本悦明(クマモトヨシアキ)博士は、衝撃的な発見をAERAの読者に伝える。
13の病院を調査したところ、20470人の妊婦のうち1081件の、クラミジアに対する陽性反応が明らかになった(クラミジアとは、性的接触を介して簡単に拡がる、泌尿器の伝染病の一つである)。5.8パーセント、つまり約17人に1人の割合の罹患率である。
しかも、19歳以下の女性患者の間では、感染率は驚くべきことに18.9パーセントなのだ。
3
Aera then quotes Isao Saito, a urologist at Tokyo Kyosai Hospital, as saying that about half the cases of urethritis he sees are caused by chlamydia, which currently surpasses that gonorrhea by a ratio of 5 to 1.
Perhaps more alarming is that this incidence of chlamydia has become more common among “amateurs”than it is among those involved in the sex industry.
A survey by a doctors'group in Saitama Prefecture determined that whereas 23 percent of the cases among people in the 20-30 age bracket were contracted at“soaplands”or “massage parlors,”those who became infected from a“friend of the opposite sex”or“spouse”accounted for 58 percent of the total.
そしてAERAは、東京共済病院の泌尿器科専門医・斉藤功(サイトウイサオ)が言うところを引用する。彼が診た尿道炎の症例のおよそ半分はクラミジアによって起こったものなのだそうだ。クラミジアは現在、5対1の割合で淋病を発生件数において上回っている。
もしかするともっと警戒すべきことは、このクラミジアの発生率は、風俗業界に携わる人の間での発生率よりも、『素人』の間の発生率がもっと高いことだ。
埼玉県の医師グループが行った調査によって判明したのだが、20才から30才の人達のうち23パーセントが『ソープランド』や『マッサージパーラー』で感染した一方で、『異性の友人』もしくは『配偶者』から感染した人は全体の58パーセントを占めた。
4
Several decades ago, the traditional“season”for seeking medical attention for an STD used to be after the mid-August Obon holidays, and the main patients were young men who spent their company bonus in“pink”businesses.
But according to Saitama urologist Ryuzo Miyamura, over the past five years, this“season”has disappeared.
“Now,”Miyamura notes,“people with multiple sex partners have become widespread, which results in the passing on of infections to their own boyfriends and girlfriends.”
数十年前は、性感染症の医学的対応が求められた『旬』は8月中頃のお盆休みの後であって、また主な患者は、会社のボーナスを『桃色』業界で使った若い男だった。
しかし埼玉の泌尿器科医・宮村隆三(ミヤムラリュウゾウ)によると、過去5年にわたって、この「旬」は消えてしまった。
「今」と宮村は述べる、「複数のセックスパートナーがいる人は非常に多くなっていて、その結果として、その人達は自分自身のボーイフレンドやガールフレンドに病気を移すことになるのです」
5
Miyamura points out that venereal disease(as opposed to STDs) has long been associated with customers in the“world of flowers and willows,”i.e., the commercial sex trade.
But anyone who is sexually active risks contracting some form of STD.
宮村は指摘する:性病は(性感染と違って)ずっと「花柳界」すなわち営利的なセックス産業と結びつけて考えられてきた。
しかし、性的にお盛んな人なら誰でも、なんらかの性感染症に罹るリスクを冒している。
6
“Considering that as much as 5 percent of Japan's population now may be carriers, it puts STDs in the same category with high blood pressure. You can say that STDs have become one of our‘national ailments,’”he adds.
「今日本の人口の5パーセントもが保菌者かもしれないことを考えると、性感染症は高血圧と同一のカテゴリーに分類されます。性感染症は我々の『国民病』の一つであるということが出来ます」と彼は付け加える。
7
Why has chlamydia spread so rapidly? Professor Kumamoto tells Aera that its increased transmission is due to drastic changes in the scope of people's sexual behavior, particularly with regard to their having multiple partners.
なぜクラミジアはこんなに急激に拡がったのだろう? 熊本教授はAERAに語る:クラミジアの感染が増加している原因は、人々が性行為をする機会が劇的に変化したためであって、特に人々が複数のセックスパートナーを持っていることだ。
8
“My worst fears are becoming a reality,”he remarks despondently.
Dr. Yutaka Masuda, a veteran physician who plies his trade near the Shinjuku neon district, confirms the view of changing sexual mores.
Compared with 1966, when Masuda's male patients outnumbered females by a ratio of 9 to 1, the ratio had dropped to 2:1 by last year.
「私の最悪の危惧が現実のものとなってきています」と彼は落胆しながら言及する。
新宿のネオン街の近くで開業している経験豊富な医師である増田豊(マスダユタカ)博士は、性に関する道徳規範は変化している、という見解を裏付ける。
増田豊の患者のうち男性が9対1の割合で女性の数を上回った1966年と比較すると、昨年までにこの割合は2対1にまで低下した。
9
“One aspect of sexual liberation is that women are led to believe that it's all right for them to enjoy sex,”says Masuda.
“But the pleasurable aspects of sex are being extolled without giving thought to the more adverse consequences.”
「性の開放の一側面は、女性がセックスを楽しんでも何の悪いこともないと信じるようになったことです」と増田は言う。
「しかしセックスの楽しい側面が、より有害な結果について考察すること無しに、激賞されています」
10
Another reason Aera cites for the explosion in chlamydia is the nature of the disease itself; In its early stages, 70 percent of females and 40 percent of males who contract it are asymptomatic, i.e., they are not even aware that they are infected.
Thus, carriers unknowingly pass it on to others.
クラミジアの感染爆発の理由としてAERAが引き合いにだすもう一つのことは、この病気の性質そのものである。クラミジアの初期の段階において、クラミジアに感染した女性の70パーセントと男性の40パーセントは無症候性である――すなわちかれらは自分たちが感染したことに気づきさえしないのだ。
かくして、保菌者は知らずに他者にクラミジアをうつすのだ。
11
Due to difficulties in diagnosis, chlamydia, which can also be spread through oral-genital contact, had previously been treated as nonspecific urethritis; but advances in diagnostic technology during the 1980s have made it readily identifiable.
診断の困難さ故に、口と性器の接触でも拡大してしまうクラミジアは、たんなる尿道炎のように治療されてきた。しかし1980年代に診断技術が向上したことによって、簡単にクラミジアだと特定できるようになった。
12
How can you be sure that both you and your partner are really safe from infection? Dr. Kumamoto recommends the following: First, get tested at the same time.
If one or the other tests positive, obtain immediate treatment.
And of course, when engaging in sex with anyone who has not been tested, be sure to use a condom.
いったいどうしたら、あなたとあなたのパートナーの双方が本当に感染のおそれがないことを確実にすることができるのだろう? 熊本博士は以下のことを推奨する:まず、同時に検査を受けることだ。
もし自分かパートナーが陽性だとわかったら、ただちに治療してもらう。
そしてもちろん、検査を受けていない誰かとセックスするときは、コンドームを確実に使うようにするのだ。
13
In closing, Aera warns that people who don't take sufficient precautions against the more easily curable STDs may also be considered potential candidates for HIV infection as well.(MS)
記事の結びで、AERAは警告する:より簡単に治せる性感染症に対する十分な予防策をとらない人々は、HIV感染の潜在的候補者とすら考えられる、と。(マーク・シュライバー記)

参考資料

烏賀陽弘道(ウガヤヒロミチ)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%83%8F%E8%B3%80%E9%99%BD%E5%BC%98%E9%81%93
熊本悦明(クマモトヨシアキ)
http://spysee.jp/%E7%86%8A%E6%9C%AC%E6%82%A6%E6%98%8E/1857692/
斉藤功(サイトウイサオ)
東京共済病院泌尿器科顧問
宮村隆三(ミヤムラリュウゾウ)
http://www.mtnet.jp/bouseikai/bouseihp/newpage6.html(宮村医院)
増田豊(マスダユタカ)
http://spysee.jp/%E5%A2%97%E7%94%B0%E8%B1%8A/1219011/

元資料

19960526-1.jpg 19960526-2.jpg 19960526-3.jpg

関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。