Beware of the hot dogs at Japan's convenience stores

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Beware of the hot dogs at Japan's convenience stores

日本のコンビニエンスストアのホットドッグに気をつけろ

0
Beware of the hot dogs at Japan's convenience stores 2006,03,30
Spa! (4/4) By Ryann Connell
日本のコンビニエンスストアのホットドッグ *1 に気をつけろ 2006,03,30
SPA! (4/4) ライアン・コネル記
1
Convenience store owner Tomonori Hashimoto thought something was a little weird about the elementary school kid who had been squatting down for quite some time reading a magazine from one of the store's racks.
コンビニエンスストア店長・橋本智則は、店の棚の一つから雑誌を取り出してかなりの時間しゃがみ読みをしていた小学生の男の子について、何かが少し奇妙だと思った。
2
But the store boss was shocked, Spa! (4/4) says, when he looked over the little boy's shoulders to see he was not only reading a filthy, erotic manga, but rubbing his grimy fingers up and down on the breasts of one of the characters depicted in it.
しかし、SPA!(4/4)によると、少年がいやらしいエロ漫画を読んでいただけでなく、それに描かれていた登場人物の一人の胸の部分を垢じみた指でこすっているのを、少年の肩越しに見たとき、店長は驚いた。
3
"Oi, that's an adult's book!" Hashimoto recalls screaming at the boy, prompting him to go into hysterics as he realized he'd been nabbed red-handed.
The screaming child raced out of the store.
「おい、それは大人向けの本だ!」と橋本は少年に叫んだことを思い出す。少年は現行犯で捕まえられたことに気がついてすぐにヒステリックになった。
叫びながら少年は店の外へ駆け出した。
4
"I hope he gets a move on and grows up so he can fondle some real ones," the storeowner tells Spa!
"I was right behind him."
「彼が急いで成長して本物のおっぱいを愛撫できるようになることを、私は望みます」と店長はSPA!に語る。
「私は彼を本当に応援しました」
5
Japan's convenience stores, the men's weekly says, have gone well past the time when they were mere retail outlets catering to local residents' needs.
Indeed, conbini, as the local parlance refers to them, have become vital contributor to society as a whole thanks to their open-all-hours, sell-anything stance.
And, like any dearly beloved friend, the more people accept conbini and the capers that go on there, the more they like them, warts and all.
SPA!がいうには、日本のコンビニエンスストアは、地域住民の必需品を提供する小売店に過ぎなかった頃から、ずいぶん遅い時刻まで開店していた。
実際、コンビニ(コンビニエンスストアをあらわす日本の言葉遣い)は、概して24時間営業でどんなものでも売るという姿勢のおかげで、
社会への不可欠な貢献者となった。
6
Yuka Sugawara, a 24-year-old conbini employee, may not have exactly got the warts part, but she did experience a conbini caper that gave her the willies -- literally.
24歳のコンビニ従業員菅原由佳はいやなやつの味方には必ずしもならないかもしれないが、彼女は、彼女を怖がらせた -- 文字通りの意味では、彼女にちんちんをだした -- コンビニ犯罪に遭遇してしまった。
7
Sugawara was stuck doing a graveyard shift when a co-worker failed to turn up.
After a while, a guy of about 25 came into the store.
He was wearing sunglasses even though it was pitch black outside.
He loitered around inside the store for about 10 minutes before finally picking up a dirty magazine.
菅原は、深夜勤務をしていたときに同僚が出勤できなくて帰れなかった。
しばらくして、25歳くらいの男が店にやってきた。
彼は外が真っ暗だというのにサングラスをかけていた。
彼は10分ほど店内をぶらぶら歩き回ったが、とうとういやらしい雑誌を手に取った。
8
"When guys buy those magazines, they always put them face down on the counter.
But this guy openly flaunted the magazine he was buying.
I was just thinking that he was a dirty old man when he flopped this big red thing down as well," Sugawara tells Spa!
「男の人たちはこういった雑誌を買うとき、いつも表紙を下にしてカウンターに置きます。
しかしこの男は自分が買う雑誌をおおっぴらに見せびらかしました。
彼が大きくて赤いモノも一緒にどすんと置いたとき、私はまさに彼は変態男だと考えていました」と菅原はSPA!に語る。
9
The "big red thing" was, in fact, an organ, though the type more commonly railed against in church as opposed to played.
The man's face remained impassive as he jingled and jangled the object around in his hands.
「大きくて赤いモノ」とは、一般にこのてのものは祈祷中に演奏されないように柵で覆われているにもかかわらず、実際には、男性器(オルガン) *2 だった。
男の顔は、彼がモノを手の中で性的に興奮させてジャラジャラさせながら、無表情のままだった。
10
"I figure that if you react to those types, it only makes them more excited.
I certainly didn't want to touch him, so I left his change on the counter, then turned around and started stacking cigarettes on shelves again," Sugawara says.
"I couldn't just leave him alone...he was a customer after all." (By Ryann Connell)
「この手の人に反応しても、相手をもっと興奮させるだけだ、と私は思いました。
もちろん彼に触りたくなかったので、私はお釣りをカウンターの上に置いたままにして、振り向いて棚の上のタバコを積みかせねることを再開しました」と菅原は言う。
「私は彼を一人きりにはできませんでした…なんといっても彼はお客様なのですから」(ライアン・コネル記)
11
(Mainichi Japan) March 30, 2006
(毎日 日本) 2006年3月30日

拡散状況

英語サイト
http://ege-sushi.com/discuss/viewtopic.php?t=61
http://www.jucee.org/China/The-screaming-child-raced-out-of-the-store.html
http://newsgroups.derkeiler.com/Archive/Soc/soc.culture.china/2006-04/msg00133.html
http://www.thetechzone.com/forums/showthread.php?threadid=82798


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。