日本人女子学生がロンドンのホテルでレイプされた

The story below is originally published on Mainichi Daily News by Mainichi Shinbun (http://mdn.mainichi.jp).
They admitted inventing its kinky features, or rather deliberately mistranslating them from the original gossip magazine.
In fact, this is far from the general Japanese' behavior or sense of worth.
このページは、毎日新聞事件の検証のための配信記事対訳ページです。直接ジャンプして来られた方は、必ずFAQをお読みください。
※ この和訳はあくまでもボランティアの方々による一例であり、翻訳の正確さについては各自判断してください。
もし誤訳(の疑い)を発見した場合には、直接ページを編集して訂正するか翻訳者連絡掲示板に報告してください。




Japanese student raped in London hotel

日本人学生がロンドンのホテルでレイプされた

日本人女子学生がロンドンのホテルでレイプされた

*1

日本人女子学生がロンドンのホテルでレイプされた 1994,03,20
Japanese student raped in London hotel  Shukan Bunshun 3/17 By Takeshi Ito
日本人学生がロンドンのホテルでレイプされた  週刊文春 3/17 タケシ イトウ

Under this sensational headline, Shukan Bunshun warns against the questionable contents of a bestsel-ling overseas travel guidebook which London police suspect was the main cause of one Japanese wom-an's nightmare.
このセンセーショナルな見出しの下で週刊文春は、ロンドンの警察が とある日本人女性の悪夢の主因だったのではないかとの嫌疑をかけている、ベストセラーとなっている海外旅行ガイドブックの問題ある内容に警鐘を鳴らしました。

Traveling by herself, the woman, 23, headed straight to a bed and breakfast inn in the Earls Court district on her arrival at London earlier this year.
一人旅をしていたその23歳の女性は、今年始めにロンドンに着き次第、アールズコート地区にある朝食付きの宿に直行しました。

Shukan Bunshun quotes local news reporters and Foreign Ministry sources as saying that the woman was knocked down on the bed by the inn's over-friendly owner as soon as she was guided into one of the guest rooms.
週刊文春は、その女性は客室の一つに案内されるやいなや、その宿のなれなれしいオーナーによってベッドに殴り倒されたのだと言っているローカル・ニュースレポーターと外務省の情報筋を引き合いに出します。

Despite the impression the headline gives, Shukan Bunshun does not try to reconstruct the rape.
In-stead, it focuses on what London investigators say has led the woman to her worst nightmare.
It's a popular guidebook for budget travelers called "Chikyu-no Arukikata(How to Walk About the Earth)."
見出しが与える印象にもかかわらず、週刊文春はレイプを再現しようとはしません。
代わりに、その女性を彼女の最悪の悪夢に導いたのだと、ロンドンの捜査官が言うモノに焦点を合わせます。
それは「チキュウ ノ アルキカタ(いかにして地球を歩き回るべきか)」と呼ばれる、低予算旅行者向けの人気あるガイドブックです。

There are many inexpensive places to stay in Lon-don, but the woman picked an inn furthest from the nearby subway station.
ロンドンに滞在するための多くの安価な場所がありましたが、その女性は地下鉄の駅の近隣から最も遠くの宿を選びました。

Shukan Bunshun says she must have done so because this guidebook says in bold print, "the manager here is a big Japanese fan who speaks a little Japanese."
週刊文春は、このガイドブックに「ここのマネージャーは、少し日本語を話す大の日本ファンです」とボールド文字で書かれているから、彼女がそうしたに違いないと言います。

This is followed by a positive portrayal of the inn by a past guest who describes the place as "clean" and the stay as "pleasant."
これの後に、その場所が「清潔」滞在は「快い」と記述する過去の宿泊客による、その宿への好意的な描写が続きます。

It is the only accommodation in the whole volume which the guidebook introduces as managed by a "big Japanese fan."
By doing so, the book virtually gives the inn its top recommendation, points out the magazine.
そこは全内容の中で、「日本人の大ファン」によって管理されているのだとそのガイドブックが紹介した唯一の宿泊施設です。
そうすることによって、その本は事実上その宿に最高推薦を与えるのだと雑誌は指摘します。

Shukan Bunshun finds another highly question-able account.
The book calls the Earls Court district a "convenient area with many snack bars and Ara-bian restaurants that stay open late into the night."
週刊文春は別の非常に問題ある内容を見つけます。
その本は、アールズコート地区を「夜遅くまで開いている多くのスナックバーとアラビアン・レストランがある便利な地域」としています。

The magazine says the area's location is certainly convenient, but police call the neighborhood unsafe if not extremely dangerous.
雑誌は、その領域の立地は確かに便利だが、しかし警察は、その近郊は非常に危険であるとまでは言わないものの、物騒であると言うのだと書いています。

The "night spot" section puts the book's reliability further in question by advising women readers to feel free to visit clubs holding a "gay night" because they could pass as lesbians.
「ナイトスポット」項は女性読者に、あなたたちはレズビアンとして通じるのだから、「ゲイナイト」を開くクラブを訪ねることを気兼ねしないようにとアドバイスすることによって、その本の信頼性をさらに問題あるものとしています。

A London police investigator warns in Shukan Bunshun that visits to gay-oriented events involve certain risk-taking and tourists shouldn't go if they don't do the same back home.
ロンドンの警察の捜査員は、週刊文春の中で、同性愛者指向のイベントを訪問することは一定のリスクを伴い、彼らが故郷で同じことをしないのなら旅行者は行くべきではないと警告します。

Another inves-tigative source says if the book is recommending risky actions, Brit-ish law enforcement authorities could consider demanding the publisher to change accounts to curb an increasing number of crimi-nal cases involving Japanese women and local men.
別の捜査情報筋は、その本がリスクの伴う行動を推薦しているのなら、イギリスの捜査当局が、日本人女性と地元男性に関する、その数を増しつつある刑事事件を抑制するために、内容を変えるように出版社に要求することを考慮するかもしれないと言います。

Converting the world in 49 regionally-divided volumes, the guide-book is selling 8 million copies a year.
It is often likened to the Bi-ble for its prevalence, but Japanese diplomatic sources are almost entirely critical.
49の地域的に分割された本に世界を加工して、このガイドブックは年に800万部売れています。
それはその普及ゆえにしばしば聖書に例えられますが、日本の外交筋はほぼ完全に批判的です。

One of them says, "There are too many problems with this book.
Almost all Japanese tourists who visit Japanese em-bassies and consulates overseas for emergency help get into trou-ble by following what this book says." (TI)
彼らの一人は言います。 「この本にはあまりにも多くの問題があります。
非常時の支援を求めて、海外の日本大使館そして領事館を訪問する日本人旅行者のほぼ全員が、この本の言葉に従うことによってトラブルを起こします」

関連情報

地球の歩き方
http://www.arukikata.co.jp/

元資料

19940320.jpg


関連ページ

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。